ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

イングリッドの能力・弱点考察

 
銀色の髪に神秘のオーラをまとうイングリッド。『カプコンファイティングオールスターズ』や『カプコンファイティングJam』では謎だらけのキャラであったが、『ストZERO3ダブルアッパー』への参戦で、その正体に迫るいくつかのヒントが明らかになった。彼女の謎に迫ってみよう。
 
bba005
イングリッドにも待望のストーリーが!
そこに隠されたヒントは多いぞ。


イングリッドの仲間

イングリッドは単独で行動しているが、実はそのバックには仲間の存在が認められている。彼女とローズの会話を思い出してみよう。ベガの暴走を止めに向かうイングリッドは、ローズにこう言っている。
 
bba001
あの「力」はワシ“ら”のもとで預かる
 
「ワシ」ではなく「ワシら」となっている。つまり今回姿は見せないものの、彼女の仲間は確実にいる。さらに彼女の仲間と思しき人物は少なくなく、ある程度のグループ、または組織を形成していると思われる。リュウからベガの名前を聞いたシーン、そしてベガを倒した後のイングリッドの独り言を見てみよう。
 
bba002
ふむ、あやつか。要注意リストに名があったな

bba003
早く本来の仕事に戻らねば。えーと…なになに、次は…
 
まずは“要注意リスト”というものが目を引く。行動する際、特に注意すべき人物をまとめ上げてあるようだ。そして“本来の仕事”とはなんなのか?内容は不明だが文面から察するに、彼女は指令書のようなものに沿って仕事をこなしていくようだ。要注意リストや指令書を作成する人物がいる(部署がある?)ということは、組織での仕事は役割により分担されているということ、指令を下す人物がいるということは、組織に上下の関係があるということを意味する。彼女のバックにある組織はそれなりに大きなものと推測できよう。

イングリッドの秘密その1
…イングリッドは大きな組織に属し、指令を受けて動いている。

bba006
さっさと返すがよいぞ、アレを! 

紋章奪回は本業からはずれたトラブル処理。一見余裕の表情だが、しくじれば始末書では済まない事態。内心ヒヤヒヤものだったに違いない。

イングリッドの紋章

ダブルアッパーのストーリーでカギとなるのが、彼女が髪止めにしている紋章である。シャドルーにも奪われたこの紋章、いったいどのような力を秘めているのだろう。
 
紋章を使いこなせれば、常人をはるかに超える能力を手にすることができるようだ。イングリッドのサンデルタ等の必殺技は、発生やKO時に紋章が浮かび上がる。これらの技は紋章の力によるものと考えて間違いないだろう。涅槃像を空に飛ばした強力な念動力も、ひょっとしたら紋章の力によるものなのかもしれない。

monsyo
OLが帰宅後に化粧を落とすように、任務後に紋章をはずすイングリッド。
管理がずさんだと今回のように盗まれるぞ!!


入手経路は不明だが、シャドルーは紋章を手にすることに成功している。この紋章を核に作られたのがサイコドライブである。サイコドライブは装置内にいる者からエネルギーを抽出したり、サイコパワーを照射しベガの体力を回復させたり、すさまじい破壊力を誇るレーザービームを発射したりと用途も多彩。シャドルーの科学力もさることながら、紋章の力によるところも大きいのであろう。
ただしイングリッドのストーリーでは、ベガのサイコパワーを回復させ続けたサイコドライブは、ついに崩壊してしまう。

bba008
ついに起きたサイコドライブの崩壊。
イングリッドはこうなることを知っていたようだ。


この時の「ひとつの媒体に負荷をかけすぎじゃ」というセリフから察するに、紋章は本来複数個を組として使用するものらしい。イングリッドの銀髪に輝くふたつの紋章はその数にも意味があったのだ。
 
イングリッドの秘密その2
…組織は不思議な力を紋章に込め、イングリッドもそれを複数所持している。

bba007
にこ(2個)っ♪

イングリッドの予知能力

イングリッドの超能力の中で、最も特異なものが時を渡る力ではなかろうか。エンディングで初めて明らかになった時間を操る能力だが、よく見るとイングリッドのストーリーにはエンディングまでにも、伏線と思われる「時に関するセリフ」があるのだ。まずは対バイソンの勝利セリフ。
 
「にょほほほ、ワシに金はない! 時間なら売るほどあるがのう!」
 
一見普通の勝利セリフのようだが、「時間なら売るほどある」というのは時を自在に操れるイングリッドならでは。 間違いなく彼女の能力を意図して書かれたものだろう。さらにベガ戦前のローズとの会話。
 
「ベガとやらもだいたい15分後にワシが撃退しておくからな」
 
ベガを倒すことをローズに宣言するイングリッド。「ベガとやらもワシが撃退しておくからな」でよさそうなものだが、わざわざ「15分後に」を入れてあるのは細かすぎではないだろうか。しかも制御不能によるサイコドライブの崩壊も知っていたかのようだ。ローズすら読めない未来をイングリッドは予見していたのだ!

イングリッドの秘密その3
…予知や時を渡る能力を持ち、それを任務に活かしている。
 
yoken
イングリッドには15分後に起こる未来が見えていた!?
 
bba009
競馬ファンにはたまらない能力だ!!

イングリッドの弱点

伝説の暗殺家・元に隠居をうながし、殺意の波動の使い手・豪鬼を「ナウなヤング」扱い。超能力者としてもローズを軽く上回る力を持ち、魔人・ベガすら仕事のひとつとして蹴散らしてしまうイングリッド。ひょっとすると彼女は、ストリートファイター史上、最強のキャラクターかも知れない。もはや彼女に怖いものなどないのか?誰もかなわないのか?…いや、彼女にも弱点がある! 『カプJam』と『ダブルアッパー』の勝利セリフから、こちらをご覧いただきたい。
 
対フェリシア
mohumohu02
「く…首筋を噛むな! モニモニするではないか!」

対レオ
mohumohu01
「こ…こっちを見上げるでない! キュンとするではないか!」

対ブランカ
jakuten03
「どうにもなごむのう。 そのキュウっとした仕草がまた…。」

モニモニ? キュン? キュウ?
 
フェリシア、レオ、ブランカ…。もうおわかりだろう、イングリッドは獣(毛モノ?)に弱い!!!
史上最強の彼女も動物系にはタジタジだったのだ。

イングリッドの秘密その4
…動物系にてんで弱い、ケモナーである。
 ※ケモナー…動物キャラクターを愛好する人々の俗称

そういえば我らがザンギエフも立派に(?)毛モノ。あのフサフサの胸毛はイングリッドの心をくすぐるに違いない!

jakuten01
ふさふさ♪

ちょっとふたりの対戦後を覗いてみよう。きっとイングリッドは、ザンギエフにも弱いはずだ!

対ザンギエフ
jakuten04
「もう見せんでいい! おぬしの胸板は鳥肌が立つ!」
 
はい、お気に召しませんでしたー!
 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter