ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

イングリッド

 
bba03

名前:イングリッド
誕生日:不明
代表国:不明
身長:152cm
体重:39kg
血液型:不明
3サイズ:B78/W54/H80
格闘スタイル:不明
好きなもの:不明
嫌いなもの:不明
特技:不明

ストーリー

出生や能力、戦いの真の目的など、謎だらけの少女。あどけない姿をしているが、なぜか彼女の態度やしゃべり方は高齢を感じさせる。その正体は誰にもわからない。
 
不思議なチカラを持つ“紋章”を何者かに奪われたイングリッド。その力、悪用される前に見つけ出さなければならない! 世界を覆いだした不吉な暗雲…。その源を目指し、イングリッドは歩き始める。 (ストZERO3ダブルアッパー)

bba01
美しい銀髪の少女。

プレイバック!『カプコンファイティングオールスターズ』

PSP『ストリートファイターZERO3↑↑』でストシリーズに参入したイングリッドだが、実は彼女がストシリーズ入りするまでには長い道のりがあったのだ。 彼女の初登場からストシリーズ参入までを見てみよう。
 
2002年、カプコンは3D格闘ゲーム『カプコンファイティングオールスターズ』(以降『CFAS』)を発表。これまでのカプコンの格闘ゲームにない、リアルな3D描写が話題となった。リュウや春麗、そしてハガーやストライダー飛龍、ジャスティス学園のバツらが参戦し、
さらに3人の新キャラクターが発表された。…そのひとりがイングリッドだったのだ!

bba06
3Dグラフィックスで描かれたイングリッド。
これが初めて我々の前に現れた姿である。

 
この時発表された新キャラクターは、イングリッドのほか、ルークとD.D.。3人は“コードホルダー”と呼ばれる“神なる力を持つ者”。それぞれ、神を表す“紋章”と“特殊能力”を持っていた。イングリッドは「Eternal Goddess(永遠の女神)」という紋章を持っており、それは髪飾りとして彼女の銀髪に輝いている。特殊能力(必殺技)として山なりに飛ぶ光弾を放つことができ、本作のキャッチコピー「永遠の陽光」が示すよう、太陽を思わせる能力があったようだ。
 
このように謎多き神秘的な設定を持ちながら、『CFAS』は大人の事情で開発中止。魅力の新キャラを抱えたまま、お蔵入りとなってしまったのである。イングリッドは次項の『カプコンファイティングJam』で奇跡の復活を果たすのだが、それまでしばしの眠りにつくのであった。
 
okurairi01
okurairi02
「「俺たちの出番は?!」」
眠りについたままのおふたり、ルークとD.D.(出島大介)。

プレイバック!『カプコンファイティングJam』

2004年、カプコンは久々に2D格闘ゲームを発売!その名は『カプコンファイティングJam』(以降『カプJam』)。 『ストII』、『ストZERO』、『ストIII』、『ウォーザード』、『ヴァンパイア』という、 5つのカプコン歴代格闘アクションが夢の競演を果たすのだ。登場キャラはもちろん各タイトルを代表する面々だが、なんとその中に『カプJam』オリジナルキャラとしてイングリッドが選ばれたのである!3Dから2Dへの変化はあったが、イングリッドの可憐さがより強調されたといえよう。

bba02
2Dドット絵で可憐に生まれ変わったイングリッド。
カプコンはやっぱりこうでなきゃ!

 
ようやく日の目を見たイングリッド。彼女のキャラクターも明らかになってきた。まず特徴的なのが必殺技や特殊技の名前。前述の『CFAS』の設定を受けてか、“太陽(SUN)“を冠にした名前が目立つ。「サンブライト」「サンアッパー」「サンローワー」「サンアーチ」など「サン○○」は多数。

bba08
太陽を連想させるような気弾“サンシュート”。
『CFAS』から引き継いでいる設定もあるようだ。


そして一番の特徴はなんと言ってもしゃべり方の年寄りくささである! 語尾は「○○だのう」や「○○じゃ!」、一人称は「わし」、二人称は「おぬし」なのだ。可憐な姿から発せられるその言葉に誰もが驚いたはずだ。彼女が「にょほほほほ!」と笑うなどと、誰が想像できたであろうか。

bba07
「わしの本気を見せてやろう」
ある条件を満たすと乱入してくるイングリッド。
かわいい顔して、どこか年寄りくさい。

 
「ナウなヤングにちゃ不甲斐ないのう」
「ハッスル、ハッスル!」

 (共に勝利ゼリフより)

「ナウい」「ハッスル」など、あからさまな死語が、イングリッドの年齢不詳さを際立たせている。「ナウい」は1979年、「ハッスル」は1963年の流行語だ。(後者は2004年にプロレスラー小川直也氏によりリバイバルヒット)
そのうち「OH!モーレツ」とか「アジャパー」とか言いだすに違いない。イングリッドをただの美少女キャラに終わらせないキャラメイキング、さすがカプコンだぜ!

ストシリーズ参戦!『ダブルアッパー』

『カプJam』でその個性を見せつけたイングリッド。2006年、彼女はついに『ZERO3ダブルアッパー』でストシリーズ入りを果たす。相変わらずその正体は謎のままだが、ベガに盗まれた紋章の力を取り返すという役どころだ。しかもその紋章が“サイコドライブ”の中核だったという、衝撃の事実も明らかになる。
 
bba04
お祭りゲームだけじゃ終わらない!
ストリートファイターシリーズ本編に殴り込みだ!


bba11
サイコドライブの中心にイングリッドの紋章があったとは!
装置の驚異的なパワーの正体はこれだったのである。
後付設定バンザイ!

 
イングリッドの新たな能力も明らかになった。エンディングではあのサガットステージの涅槃像を触れることなく空に飛ばしている。
相当強力な念動力(サイコキネシス)である。さらにベガを倒した後、イングリッドは“本来の仕事”として201X年に向かっている。
なんとイングリッドは、時間を行き来することができるらしい!同じ超能力者系キャラのローズやベガでもここまではできないようだ。イングリッドはタイムトラベラーだったのだ!
 
bba09
これがうわさの空飛ぶ涅槃像。
起き上がっただけでも驚いたのに、まさか空まで飛ぶとは………!!


そして次の舞台へ…

『カプコンファイティングオールスターズ』、『カプコンファイティングJam』、『ストリートファイターZERO3ダブルアッパー』と3つの作品を渡ってきたイングリッド。この先彼女はどこへ向かうのか?そう考えたとき、『ダブルアッパー』のエンディングにはヒントが隠されていると思えてならない。ベガを倒し、立ち去るイングリッドはこう言っているのだ。
 
「えーと…なになに。次は201X年、接触相手は…なんと!コヤツはさっきの小僧…リュウではないか。面白いことになってきおったのう!にょほほほほ!」
 
“201X年”、そして“リュウ”。
ひょっとするとこれは『ストリートファイターVI』のことではなかろうか!!?きっとカプコンからのファンへのメッセージに違いない!
イングリッドの新たな闘いは、もうすぐそこまで迫っているのかもしれない。
 
bba10
全世界のストリートファイターファンよ!
2019年12月31日まで望みは捨てるなッ!!




でもそれまでの間…

bba13

『鬼武者soul』や…

bba12

『オトレンジャー』に出張バイト中。
 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter