ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

真実はいつもひとつ!ラシードの友人

 

ラシードの友人探し

友思う片翼-それがラシードのキャッチコピーである。もちろんこれはラシードのストVにおけるストーリーが「消息を絶った友人の救出」であることによる。しかしこの友人、公式サイトやキャラクターストーリーでは一切姿を見せないのである。ラシードが行方を捜している友人とはいったいどんな人物なのか。それはストーリーモードのラシードのセリフから知ることができる。では友人の特徴を箇条書きにしてみよう。

・ネット中毒者で連絡は基本的にメール。
・研究に没頭すると3日間くらい連絡が途絶えることがある。
 (キャラクターストーリー:ラシード「旅立ちの決意」より)

・ガキの頃からマヌケな友達。
・昔から人生の迷子で、ド派手に道を間違える。
・趣味で作ったゲームが大ヒットして、あちこちから(就職の)話が来ていた。
・さんざん迷った挙句に入った会社がシャドルー系列(S.I.N.)だった。
・騙されていたとはいえ、黒い月を作ってしまった。
・トラブル時「もうキミしかいない。ラシード様ぁ!」と泣きついてくる。
・助けてあげても「ありがとう」の言葉もない。
 (ゼネラルストーリー第4部「友への想い」より)

人探し
消息を絶った友人を探すラシード。
ネット仲間も情報提供してくれている。


幼いころからコンピューターに強い人物のようである。趣味で作成したゲームが大ヒットし、企業からは引く手あまただったようだ。しかし入社先がS.I.N.というシャドルー系列の会社であり「ド派手に道を間違える」というのはこういう人生の選択ミスのことを言っているのだろう。そして金銭トラブルなのか人間関係のトラブルなのか、またそれ以外なのかは不明だが、よくやっかい事を起こすらしい。毎度「ラシード様ぁ!」と泣きつき、ラシードが仲裁に入っているようだ。それなのに一度もお礼を言わないというのだからとんでもない友人である。

さて以上のことから、みなさんはどんな人物像を思い浮かべただろうか。例えは人それぞれだと思うが、私が頭に浮かんだのは『逆転裁判』の矢張政志(やはりまさし)である。主人公成歩堂龍一の幼馴染であり「事件のカゲに、ヤッパリ矢張」と言われるトラブルメーカー。毎回成歩堂に泣きつき助けてもらうのに、依頼料は払っていない。ラシードの友人にイメージが似ていないだろうか。

ラシードの友人02
お調子者ですぐ泣きついてくる幼馴染。
ラシードの友人もこんな感じ?


しかし、しかしである。ストV発売から数ヶ月、ゼネラルストーリーが配信され、ついにこの友人が登場したのだが、その姿がまったく予想と違っていたのである。てっきりラシードと同様20代なかばあたりだと思っていたら…

なんと…友人は少年のようなのだ。

ラシードの友人04
小柄で所作も子供っぽい。

ラシードの友人03
周辺の道具や扉と比べてもかなり小さい。
中性的(女の子?)という見方も。


はっきりと顔が映るわけではないが、F.A.N.Gから逃げるときの走り方や、身長を見てみると、どうも大人ではないのだ。さらにシャドルー基地を壊滅させた後、ラシードのもとに音声メッセージが届く(あらかじめ録音されていたもので、黒い月を停止させることで、自動送信されるようにプログラムされていた)のだが、その声がまるで少年のそれなのである。

5頭身
ラシードの友人は5頭身ちょい。
通常ストVの成人は7頭身で描かれる。


なんとも意外な事実だが、ラシードの友人はまだ幼い少年だったのである。しかしこの事実、そのまま受け入れてよいものだろうか。ラシードの語る友人像と違いすぎていないだろうか。
まず「ガキの頃から知っている」らしいが、こういう表現はすでに成人した相手へ使う言葉である。発明などで未成年で起業するケースもないわけでなく、役者や芸人も子役として小さいころから仕事をすることはあるが、それでも「趣味で作成したゲームがヒットしS.I.N.に就職」という話は、20代前半を想像させる。「人生の岐路でたびたび誤った選択をする」というのも、人生経験の浅い少年には似つかわしくない言葉だ。また、彼に黒い月の製造を強いていたF.A.N.Gも、彼を「ガキ」などと子供扱いせず「あの研究員」と呼んでいる。
とにかくラシードの友人からは違和感を感じずにはいられない


もうひとつの違和感

この年齢と見た目の違和感、別のところ、しかもすぐ近くにもなかっただろうか。
それはラシードがシャドルー基地に潜入してすぐのこと。こっそりと友人を探すつもりが、早々にシャドルー兵に連行される少女(リーフェン)を見かけてしまう。面倒事は避けたいラシードだが少女を放っておけず、シャドルー兵に手を出してしまうのだ。無事シャドルー兵を倒し少女に手を差し伸べるも、返ってきた言葉は意外すぎるものだった。てっきり「きゃー!怖かったよー。お兄ちゃーん!」と駆け寄ってくると思いきや…。

「助けたつもり?」

「え?捕まってたんじゃないの?」と聞くと…

「そう見えたの?」

ラシードの友人01
返ってきたのは意外な言葉。
少女にしては冷静すぎて怖い。


はっきり言ってかわいくない
見かけに反してまったく子供らしくないのだ。彼女はいったい何者なのか。実はこの子も天才ハッカーなのである。シャドルーが黒い月製造のためにさらってきたスゴ腕プログラマーだ。

ギャップ萌え
「たいていの国のセキュリティは突破できるわ。」
ストIIIの時点でこれが予測できた人がいただろうか。


いやいやいやいや。さらっと言ったがあの子がハッカーだなんて意外にもほどがある。いくらギャップ萌えがウケるといっても限度があるだろう。意外を通り越して違和感しかない

はっ…!黒い月製作のトップ2がそろって違和感の塊…?ひとりならまだしも、ふたりそろってあまりにも子供らしくない子供。こんな偶然があるだろうか。彼らにはなにか秘密があるのではないか?


少年少女の秘密

シャドルーに関連する少年といえば、ストIVでS.I.N.に捕らえられていたエドが思い出される。S.I.N.で人体実験に利用されていた彼だが、特殊な力を持っていたため、バイソンが利用しようと連れ出してきたのだ。しかしこのエドという少年、ストIVではほんとうに幼い子供なのだが、ストVでは劇中1~2年しか経過していないにも関わらず、青年になっているのだ。F.A.N.Gが言うには“成長が早い”らしい。この急成長の正体は、アベルについてストVディレクター中山氏が「S.I.N.(シャドルー)の成長コントロール技術による」とコメントしていることから推察できよう。エドもS.I.N.のテクノロジーで成長スピードを人為的に早められているのだろう。

エド01
ストIV時のエド。
まだほんの子供だ。

エド02
ストVでのエド。
急成長を遂げた。




このコメントはディカープリについて語ったものだが、S.I.N.やシャドルーに成長スピードコントロール技術が備わっていることを示している。この技術、人為的に生み出した戦士を、いち早く闘えるまでの肉体に成長させるのが目的だ。だがこのテクノロジー、成長を促進させることしかできないのだろうか。ひょっとしてその“逆”も可能なのではないか。つまり、成長を後退させるのだ。

今回の黒い月の設計のように頭脳労働が役割である場合、強靭な肉体は必要ない。それどころか協力する意思がなく反抗の恐れがある場合、かえって逆効果だ。そのためシャドルーは黒い月の設計に携わるトップ2であるラシードの友人とリーフェンを抵抗できないよう、幼児化させたのではないだろうか。頭脳は大人、身体は子供、これがシャドルーの望む従順な研究員である。

ラシードの友人05
ラシードは友人の写真を少女に見せるが顔は伏せられている。
この写真が幼児化前の姿だとすると、見せられないのにも合点がいく。


見た目はこども、頭脳は大人
黒い月を作らされたリーフェン。
ひょっとして彼女も…!?


ラシードの「ガキの頃から知ってる」という今は大人であるような発言、S.I.N.で研究員として働いていた経歴、シャドルーの最新兵器の開発担当をする高い技術力、他の成人キャラとの明らかな頭身差、子供扱いしないF.A.N.Gの呼び名、兵士から助け出されても平然としている態度、唯一黒い月の降下プログラムを発動させられるコンピューター処理能力…挙げればきりがないくらいの違和感が、この推理ですべて解決するのだ。

APTX4869

ラシードの友人とリーフェンは幼児化させられた元S.I.N.研究員

これが当ブログが推察する少年少女の秘密である。



若返り
春麗
「はぁ…。あたしも今年で○○歳かあ。若返りの薬なんて発明されないわよねえ?」
リーフェン
「そ、そうね…あはは…」
 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter