ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

C.ヴァイパー

 
ヴァイパー全身

名前:クリムゾン・ヴァイパー
誕生日:7月18日
代表国:アメリカ
身長:175cm
体重:56kg
血液型:AB型
3サイズ:B98/W60/H90
格闘スタイル:秘密スパイ道具格闘
好きなもの:ローレン(娘)、お金
嫌いなもの:残業
特技:手品

ストーリー


「ミズ・パーフェクト」の異名通り、どんな仕事も完璧にこなす、S.I.N社の女性エージェント。S.I.N社の戦闘補助スーツプロジェクトにおいて、自ら開発した武器仕込みの改造スーツのモニターとして、同社の開催する格闘大会で世界のファイターを相手に戦いを挑む。(ストリートファイターIV)

ボンパドールヘア
セスの命により、S.I.N社の諜報部員として様々な活動を行うが…。

愛娘ローレンとヴァイパーの家族

行動は常にビジネスライクで義理や情では動かない。仕事は仕事と割り切り、クールに任務を遂行するヴァイパー。しかし彼女は、もうひとつの顔を持っていた。それは、愛娘ローレンを溺愛する、やさしい母親の顔である。ヴァイパーにはローレンという小学生の娘がいる。仕事で家を空けることが多い彼女は、ローレンのことを常に気にかけており、いっしょに過ごせる時間を大切に思っている。プロフィールの「嫌いなもの」に残業があがることからも、家庭を大事にしている様子がうかがえるだろう。
 
ローレン
ひとり娘・ローレン。
宝物は5歳の誕生日にママからもらったうさぎのぬいぐるみ“キケロ”だ。


ヴァイパーは仕事で家を空ける時間が長いため、ふだんはエミリという家政婦が家事を任されている。エミリはローレンにとても優しく、裁縫や料理の腕もバツグンだ。そのうえ、歌もうまいらしい。いっぽう、ヴァイパーはアップリケも付けられず、ご飯を炊いても硬くなってしまうという。おまけに、歌もヘタらしい。

ケータイ待ちうけ
エミリおばさんも大好きだが、一番はママだというローレン。
ヴァイパーは愛する娘の写真を眺め、今日も仕事に励むのだ。


さて、ローレンの父親…、つまりヴァイパーの夫については、未だ語られていない。公式サイトのサイドストーリーによると、母子家庭のようだ。ヴァイパーの家に強盗が入った際、彼女は強盗を蹴りで撃退したという。ローレンにとって、エミリおばさんが母親のような存在なら、強くて優しいヴァイパーは、父親のような存在なのかもしれない。


地震・雷・火事、そして…

グローブやブーツに仕込んだ武器で戦うクリムゾン・ヴァイパー。そのため、女性といえど強力な必殺技を持つことができる。闘ったリュウも「この動き、格闘家のものとは違う」と言っている。そんな彼女の独特の必殺技を見てみよう。

大地震わす衝撃波 “セイスモハンマー”!!
地震01
拳を地面に叩きつけ、離れた場所にいてもダメージを与えるぞ。

突き刺さる電撃拳 “サンダーナックル”!!
雷01
グローブから発生させた電撃を高速で叩き込むぞ。
 
空襲の業火 “バーニングキック”!!
大火事
ブーツから巻き起こる炎の渦で、空から攻めるぞ!

どれも女性とは思えない、派手でパワフルな必殺技だ。しかしよく見てみると……、おや?セイスモハンマー、サンダーナックル、バーニングキックって……、日本で恐ろしいものを表す言葉「地震・雷・火事・親父」になぞらえているかのよう。
もちろん、セイスモハンマーは“地震”、サンダーナックルは“雷”、バーニングキックは“火事”である。ヴァイパーの必殺技は、恐ろしい災厄で構成されているといってよいだろう。

この構成で思い出されるのは『ザ・キング・オブ・ファイターズ』の日本チームである。“地震”は大門五郎、“雷”は二階堂紅丸、“火事”は草薙京だ。彼らもヴァイパーと似た技を持っている。

地震02
地雷震で大地を揺らす大門!

雷02
雷靭拳で電撃を打ち込む紅丸!


火事02
百式・鬼焼で炎を巻き上げる京!

彼らも「地震・雷・火事」をモチーフにしているのがわかるだろう。さらに『KOF'95』には、中ボスに京の父親である“草薙柴舟”が登場し「地震・雷・火事」「親父」が加わるという、オチがつく。

親父
オヤジです。

ヴァイパーの家族は彼女とローレンと、お手伝いのエミリおばさん。残念ながら母子家庭のようで、オヤジの登場とはあいならなかった。残念!


S.I.N社の改造技術

ヴァイパーの格闘スタイルは、“秘密スパイ道具格闘”である。スパイ道具というと盗聴器や隠しカメラなどを想像するが、ヴァイパーの場合、それにはとどまらず、前述のとおり格闘向けに改造された装備と言ったほうがよい。
ここにその秘密装備を紹介しよう。

まずは改造サングラス
テンプル(耳かけ)なしの黄色いサングラスだ。このタイプは映画『マトリックス』においてモーフィアスが装着していたことでも注目された。テンプルがなくても落ちないのは、粘着パッドとブリッジのバネにより鼻をはさみこむからだ。このサングラス、ただのおしゃれではない。UDON社のアメリカンコミックによると、カメラ機能がつているのだ。まさにスパイのためのアイテムだと言える。

録画用サングラス
ちょっとわかりづらいが映っているのは横たわった男。
S.I.Nの人体実験の様子で、被験者の体が変異している。


続いて改造グローブ
甲に4つの金属部分が確認できる。ここかから電気を発して相手を感電させたり、地面に拳を打ち込むことで、離れた敵に衝撃波を当てることができる。ストIVアニメでは両腕から空気中に放電する様子も描かれている。

電気グローブ
改造グローブの威力、とくと見よ!
ウィッシュ!!


そして改造ブーツ
見た目はふつうのブーツだが、キックに炎をまとわせたり、白煙を噴出し、常人離れしたジャンプを可能にしたりしている。またストIVアニメではホバリングする様子も。同アニメで殺意の波動に目覚めたリュウにかなわないと察したヴァイパーは自ら崖から飛び降りたが、このブーツのおかげで逃げおおせている。

改造ブーツ
え?これでホバリング難しくない?
『空想科学読本』が食いつきそう!


これらの装備はヴァイパーが開発責任者を務め、S.I.N社が改造を施した。単なるグローブやブーツを強力なスパイ装備に改造することは、S.I.N社にかかれば朝飯前なのだ。恐ろしい技術力である。
改造技術いえば、ストIV公式サイトのヴァイパーの顔は、いつの間にか変化していたのをご存知だろうか。

 
整形
左が公開当初のクリムゾン・ヴァイパー。
右が数日後、顔の変化したクリムゾン・ヴァイパーだ。


なんだかちょっと美人になってる…。
これもS.I.N社による改造(整形)技術なのか。まさかその豊かなお胸も…。おい、ヴァイパー職権乱用だぞ!!
 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter