ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

M.バイソン

 
ノナバイソン

誕生日:1968年9月4日
代表国:アメリカ
身長:198cm
体重:102kg
血液型:A型
3サイズ:B120/W89/H100(ストII・IV)
 B120/W86/H100(ストZERO)
格闘スタイル:[ケンカ流]ボクシング
好きなもの:女、バーボン
嫌いなもの:魚、算数、努力
特技:ギャンブル

ストーリー


アメリカのスラム街で貧しい家庭の末っ子として育ったバイソン。小さい頃からケンカに明け暮れる日々だったが、一攫千金を夢見てボクサーになる。貧しさゆえ正式なコーチを受けることはなかったが、そのパンチ力は天下一品。荒ぶる猛牛のようにつき進み、ついにヘビー級チャンピオンの栄光を掴む!

しかし手加減を知らず相手ボクサーをしばしば再起不能に追い込み、世界を目指す実力がありながらボクシング界に身の置き場がなくなってしまう。しかたなく酒場やカジノの用心棒をしていた頃ベガと出会い、多額の報奨金を約束されシャドルー入り。シャドルーでは幹部の座に就くが、さらに上の肩書を目指しベガに拳を向ける。(ZERO3)
                                                         
シャドルーではベガ、サガット、バルログと並び“四天王”の称号を得る。同組織が開催する『世界格闘選手権』に出場、ベガを倒し世界一の座を狙う。エンディングではチャンピオンの栄光を掴み、金も女も手に入れてホクホク顔。(ストIIシリーズ)

シャドルー壊滅後、行方をくらましていたバイソン。彼は地下でくすぶっていた。そんな時、ついにベガの使いから連絡が入る。ふたたびシャドルーが動き出すのだ。「金になる仕事だろうな!?タダ働きはゴメンだぜえ!!」(ストIVシリーズ)

“四天王”だって知ってンの!?


ご存知のとおりバイソンはシャドルーのトップフォーに数えられ、ベガ・サガット・バルログと並び“シャドルー四天王”と呼ばれている。そう、バイソンはああ見えてもすごいヤツなのだ。にもかかわらずバイソンは他キャラに比べ、とてもぞんざいな扱いを受けている。バイソンの冷遇と、それでもめげない彼の奮闘ぶりを見てみよう。

うわっ03

まずはZEROシリーズ。1作目から出場しているベガとサガットには遅れをとったものの、バルログ同様ZERO3からの参戦となるバイソン。しかしなぜか隠しキャラ扱いな上、通常技のグラフィックが少なすぎる!!しゃがみ強攻撃を除くパンチとキックのグラフィックが全ていっしょ、ジャンプ攻撃にいたっては弱~強攻撃が全て同じなのだ!どう考えても「オマケでバイソン入れときました♪」感が強い。ただでさえパンチオンリーでバラエティに欠けるバイソンの技、グラフィックまで減らされて可愛そう。

…おおっと、泣くなバイソン!!
コンシューマ版ではデフォルトキャラに格上げされ、技グラフィックもグッと増えてるゾ、グヘヘヘヘ!!

グラフィック使いまわし
通常技の少なさもさることながら、必殺技のグラフィックも使いまわし多数。
キメのグラフィックだけ見ると、強パンチ、強キック、ダッシュストレート、ターンパンチ、そしてクレージーバッファロー、ギガトンブローまで同じ!

 
うわっ01

ストIIシリーズでは、新作のたび変わる(または増える)カラーも楽しみのひとつ。ストIIダッシュからストII'ターボに移行するときも、全員におニューのカラーが与えられた。ベガの軍服は緑から銀色に、サガットのトランクスは赤から白に、そしてバルログの衣装は緑部分が黒へと大幅なイメージチェンジを果たした。しかしバイソンは…。

似た色02 似た色01
『ストII'』も黄色、『ストII’ターボ』も…あれっ!?

なぜかバイソンだけはどちらも黄色系の服で、ほぼ変化がない様子。よく見ると「うーん、ちょっと濃くなったかな?」という程度だ。ただでさえ見た目が栄えないバイソンにとって、彼だけマイナーチェンジなのは可愛そう。

…おおっと、泣くなバイソン!!
歴代のカラーリング+新色を備えた『スーパーストII』以降のターボ相当カラーは、グローブが緑でダッシュカラーとの差別化を図られているゾ、グヘヘヘヘ!
 
オレンジ服01
ダッシュカラーvs.ターボカラー
新色!というほどの変化がない。
 
オレンジ服02
しかし!スパII以降のターボカラーは…。
肌は色濃く、グローブは緑に生まれ変わった!


レシオ低すぎ

カプコンとSNK、格闘ゲームの2大メーカーによる豪華な競演『CAPCOMvs.SNK』!この作品の特徴のひとつがフレキシブルレーションシステム(通称レシオシステム)だ。キャラクターにはあらかじめ1~4の“レシオ”という強さが設定されている。(さくらやユリは1、リュウや京は2、殺意リュウや暴走庵は4、といったぐあい)このレシオを合計4にするように使用キャラを選択、チームを構成するのだ。さてバイソンのレシオに注目してみよう。同じ四天王のベガ、サガット、バルログが“3”という高レシオに設定されている中、バイソンは“2”なのだ。「バイソンってほかの3人より格下なんじゃないの?」というのは、誰もが感じつつあえて口にしなかったタブー。このように数字ではっきりランク差を見せられるとなんだかとっても可愛そう…。

…おおっと、泣くなバイソン!!
『CAPCOMvs.SNK2』ではフリーレシオ制(レシオ自由設定)になり、レシオ4のバイソンも可能!他の四天王を低レシオに設定すればシャドルーのトップに立てるゾ、グヘヘヘヘ!
 
ひとりだけ低レシオ
「レシオ1ベガめ!こっちはレシオ4だオワァァ!!」
…でもちょっと虚しい。

 

シャドルーなきあとのバイソン


自慢のパンチでシャドルー四天王として君臨していたバイソンだが、ストIII時代には組織はすでに壊滅したように語られている。身の置き場を失ったバイソンは、このまま姿を消してしまうのか…?いや!バイソンはふたたび格闘界に舞い戻る!その様子が『ストリートファイターIII』シークレットファイルに書かれていた!
対戦相手を再起不能にし、表舞台から去ったバイソン。シャドルーという裏の世界で活動してきたが、格闘家として表の世界で再起を誓う!

表舞台へ
闇の仕事はもう止めだ。

バリートゥードという表舞台で頂点を目指すバイソン。1995年バリートゥード大会『エターナル・ファイティング』に殴り込みをかけた彼は、見事優勝し、翌年も王座を守り大会二連覇を果たす!さすが四天王に数えられただけのことはあるバイソン、このまま敵なしかと思われた。しかし1997年大会でのこと…。バイソンは絶好調で南アフリカの剛腕ライク・ベロナルド、怪物カモ・リアポルド、
そして荒ぶる巨鯨キマラと、名だたる強豪を1ラウンドで次々と撃破。そして迎えた最終戦、相手は初参加ながら豪快なファイトで勝ち進んできたアレックス。バイソンは第1ラウンド23発ものパンチをアレックスに浴びせるが、思うようにダメージを与えられない。それどころか第2ラウンド、開始早々アレックスのロングフックを喰らい、1発でノックアウト!!

KO
結局最後はやられ役………グヘ、グヘ、グヘヘヘヘ…。








 
…おおっと、泣くなバイソン!!
この人はやられ役の、そのまたやられ役なんだぞ!!

キマラ
 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter