ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

1996年 テリー、ロックとの出会い

 
1996年
テリー、ロックとの出会い
 
 
サウスタウンのはずれにある古アパートの一室。7歳の少年-ロックは母とふたり慎ましい生活を送っていた。暮らしは贅沢ではなかったが、母の愛に包まれ、ロックは幸せだった。父のことは知ってはいたが、「あの人に迷惑をかけてはいけない」という母の願いから、会いたいとは思わなかった。
  
ある日、ロックの母は謎の重病にかかってしまう。子供の看病にも限界があり、考えた末ロックは単身ギース・タワーに向かう。ロックの父…それはギース・ハワードであった。
 
ついに父と初めての対面を果たしたロック。さっそく母の病態を告げ助けを求めたが、ギースはロックの願いを聞き入れず追い返してしまう。失意のうちに帰宅したその夜…母は静かに息を引き取った。それ以来、ロックは父・ギースを恨むことになる。
  

テリーとロックの出会い05
「お前も俺と同じ身の上か…」
『餓狼3』のエンディングには、ふたりの出会いの姿が。


 
母を失い、父に見放されたロックは、教会に預けられる。そこは幼い頃、テリーとアンディが育った教会であった。教会の神父はロックにテリーのことを話して聞かせた。いつしかロックはサウスタウンのヒーロー、テリーを慕うようになる。秘伝書騒動が終結し、ついにロックはあこがれのテリーと出会った。
「お前も俺と同じ身の上か…。ヨシッ!今日から俺が、メンドウみてやるぜ!」
こうしてテリーとロックの旅が始まった。
 
テリーとロックの出会い01
テリーとロックの旅の様子は 『餓狼3』以降、
『RB餓狼伝説』、 『RB餓狼2』でもが見ることができる。
『餓狼MOW』でのロック登場に備えた、壮大な前フリだ。




検証:テリー、ロックとの出会いは1996年!?
 
テリーとロックの出会い。なんと少年は、宿敵ギースの息子であった。…このエピソードは『餓狼伝説3』及び『餓狼MOW』の設定で語られている。ではこの出来事、いったいいつ頃のことだろう。
アスキームック『餓狼MOW公式ガイドブック』設定資料によると、この出来事はロックが7歳の頃の話であるらしい。かつてSNK公式サイトで行われた餓狼カルトクイズ(Q30)でも、「運命的な出会いを果たしたテリーとロック。共に旅に出ることになったのは何歳の時でしょう? 」の問いに「テリー25歳、ロック7歳」が正解とされていた。つまり、ふたりの出会いは1996年だと計算できる。
 
ロックはテリーから格闘技だけでなく、様々なことを吸収していく。ロックにとって、テリーはよい人生の見本なのだ。
 
テリーとロックの出会い03
川釣りで昼飯代の浮かし方を学ぶロック。
  
テリーとロックの出会い06
海釣りで晩飯代の浮かし方を学ぶロック。

テリーとロックの出会い04
野宿で宿代の浮かし方を学ぶロック。


節約術ばっかりか! 
 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter