ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

1980年 グラスヒル・バレー事件

 
1980年
グラスヒル・バレー事件

  
毎日気ままな生活を送っていたロバート・ガルシア。ある日、ユリとのデートのため愛車走らせていると、突然男がロバートの前に飛び出してきた。ロバートはとっさにハンドルを切り車を止めたが、男の姿はすでにない。道路にはただ女物のバッグが転がっていただけであった。先ほどの男が落としていったようだ。そこへ近づいてきた1人の女性…。それは偶然にもロバートの幼なじみのフレア・ローレンスであった。フレアはバッグをひったくられ、犯人の男を追っていたところでロバートと再会したのだ。

フレアは亡くなった父の遺言でグラスヒル・バレーに行く途中だった。フレアの話によると、考古学者であったフレアの父は、南米で“何か”を発見した。やがて親友である生物学者のビクトリアと共に、その“何か”の研究に没頭する。しかし、研究が進むにつれフレアの父はこの実験の中止を考えはじめるようになる。理由は「危険」…ただそれだけであった。そして研究の続行を唱えるビクトリアと対立したフレアの父は、研究データと共に研究所を抜け出したのだ。
時が流れ、死を前にしたフレアの父は、娘に思いを語る。ビクトリアを裏切ったことを未だに悔やんでいること。そして持ち去った研究データを今は亡きビクトリアの代わりに、息子ワイラーに返してほしいこと。そう告げてフレアの父は息を引き取った。
 
グラスヒル・バレーはサウスタウン同様危険な場所だ。ロバートはフレアの用心棒を買って出る。こうしてロバートとフレアの旅が始まった…。
 
ワイラー01
偶然再会した幼馴染との旅が始まる。

ガールフレンドのユリが座るはずだった席に幼なじみのフレアを乗せて走るロバート。そしてふたりの首にはそろいのペンダント…。これは幼い頃に再会を願いフレアが送ったものだ。さすが色男、恋愛映画のような展開だ!これはひょっとすると焼けぼっくいに火が着いちゃう!?



┃検証:グラスヒル・バレー ワイラー秘薬事件は1980年!?

ロバート、幼なじみとの再会しグラスヒル・バレーへのふたり旅。…このエピソードはいわゆる『龍虎の拳外伝』である。ではこの出来事、いったいいつ頃のことだろう。
 
SNKプレイモア公式ウェブサイトの『龍虎の拳~天・地・人~』のページによるとグラスヒルバレー事件はギース開催のKOFから半年後、とある。KOFは1979年なので、この事件も同年なのかもしれない。しかし、香澄の対ロバート戦のセリフに注目して欲しい。
 
ワイラー02
「止まれー止まれーっ!ロバート・カルシア」
「わっ、私の名は藤堂香澄。二年前お前達極限流に敗れた藤堂竜白の娘だ。」


ロバートら極限流と藤堂竜白の闘いといえば、1978年のユリ・サカザキ誘拐事件である。香澄によると、それが「二年前」だというのだ。ということは、今事件はたしかにKOFから半年後ではあるが、年を越している(1979年→1980年)のかもしれない。グラスヒル・バレー事件時すでに1980年になっているのなら、(丸2年経ったわけではないが)香澄の言葉もおかしくはないといえる。
 
フレアの父の発見した“何か”とは、新種の植物の種子であった。耕作地を選ばず食物を作ることができ、燃料としても応用できる。研究が進めば、世界の食糧危機、エネルギー危機を救う夢の大発見である。しかし、その植物からは強力なドラッグも精製可能だったのだ。フレアの父が「危険」と感じたのは、この植物が悪用されることだった。そして…ビクトリアの意思を継ぎ、息子のワイラーが研究していたのは、まさしくドラッグの…バイオ兵器の開発だったのである!(参考:天獅子悦也『カーマンに指令を』)
 
ロバートに追い詰められたワイラーは、開発中の秘薬を自ら飲み干す。その秘薬は、人間に強力なパワーを与える悪魔の薬。ワイラーは強大な力を得て、ロバートに襲いかかる!

ワイラー04
ほのかに想いを寄せるフレアの前で秘薬を口にしたワイラー。
それは瞬時に強靭な肉体と腕力を与える奇跡のドラッグだった。


しかし秘薬の力をもってしても、極限流にかなうことは出来なかった。ワイラーの野望はついえたのである…。
 
ワイラー03
膨れ上がった筋肉ではじけ飛ぶ衣服。
大事なところだけ衣服が残るのもまた奇跡。

 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。