ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

そのアンクレットは…!

 
そのアンクレットは…!

幼い頃、不幸な飛行機事故でアマゾンのジャングルに放り出されたブランカ(本名ジミー)。 母と別れ、独りジャングルで生き抜いてきた。数年後、たくましく成長したブランカは世界格闘選手権決勝の舞台で、その活躍を聞きつけた母サマンサと再会する。

「あっ、あなた もしかして私の子供…!?」
「人違いかしら……」

そんなサマンサがブランカをわが子とした決め手は、足輪(アンクレット)である。
 
 アンクレット01
キラリと光るアンクレット。
ふたりを結びつける運命の輪だ。

 
ブランカのアンクレットはサマンサがかつてジミーの誕生日にあげたものだった。(初期のみブレスレット表記、のちにアンクレットに修正されている) これでサマンサはブランカを息子と確信、感動の再会となったのである。この様子は2015年放送された『アメトーーク!』ストII芸人の回でも放送され、涙を誘った(?)。
 
アンクレット04
そっ、その アンクレットは…!
ジミーの誕生日にあげた……
 
アンクレット05
お母さん!
ジミー!

 
しかしこのエンディングにツッコミを入れたのが、雨上がり決死隊宮迫氏である。
 
「そんなものを誕生日に!?足かせやん!!」
 
アンクレット03
意外な誕生日プレゼントにスタジオざわめく。
 
アンクレット06
アルコ&ピース平子も続く。
「そこそこの幼年児にコレをプレゼントしてるんですよ」
   
アンクレット02
平子「どうみてもコレここに鉄製の球つける…」
宮迫「鬼ママやん!!」

 
感動シーンにもかかわらず鬼ママプレゼントにツッコミが入ったことで、スタジオは爆笑に包まれた。そう、宮迫氏のツッコミも当然である。ふつうアクセサリーとしてのアンクレットはあんなにゴツくない。「足かせやん!」という見方はもっともである。
 
アンクレット07
一般的なアンクレット。
男性用もある。

 
さて、ほんとうにサマンサはジミーにあんなものをプレゼントしたのだろうか?
 

やっぱりあれは足かせだった!!?

『アメトーーク!』で話題に上がったブランカの足輪だが、実はこれストII時代からネタにされていた。新声社発行『ストII波動拳の謎』を見てみよう。これは当時流行したいわゆる“謎本”で、ストIIのさまざまな謎を検証・考察するものだ。同書に「ブランカの足につけているものは何?」という項目がある。やはり「足かせにしか見えない」「子供のころもらったものなら当然小さかったはず」と疑問を投げかけている。結局この本では「手錠のように大きさの調節できるものではなかろうか」という結論に至った。
 
しかしどうだろう、やはりどう見てもあれは足かせだ、絶対に足かせだ。なぜならストIIやストZEROのイラストでは省略されることが多いが、実はストII初期、またはストクロ、ストIVシリーズではしっかり鎖まで描かれているからである。
 
アンクレット08
ああっ!!ストIIブランカの足に鎖が!!!!
(ストリートファイターアートワークス極など)
 
アンクレット09
こっちにも!!
(ストクロ公式HPなど)
 
アンクレット10
ストIVでもハッキリ鎖が!!
(ストIVオフィシャルコンプリートワークスなど)

 
そうなのだ、あれはやはり足かせで間違いなかった。常識で考えれば、あんなアンクレットあるわけがない。あれは『ウルトラマンレオ』のアストラ、『KOF』のチャン・コーハン同様、体に残った足かせだったのだ。  
  
アンクレット13
ウルトラマンレオの双子の弟アストラ。
足かせと鎖はマグマ星人に捕らえられたときのもの。

アンクレット14
脱獄囚である、KOFのチャン・コーハン。
足かせの鎖と鉄球は引きちぎってそのまま武器に。

 
しかしそうなると、ブランカはなぜ足かせを付けているのか。その答えは先に紹介した『波動拳の謎』やアニメ映画から推測できよう。『波動拳の謎』に、ブランカの嫌いなものについて記されているので見ていただきたい。「よく知られている軍隊アリのほか、飛行機と金網も嫌いである」とある。飛行機はジャングルに落とされた墜落事故が原因であるといい、金網は飛行機に乗る際にたびたび人間として認められず、金網に捕らえられてしまうためだそうだ。そうなのだ、ブランカはその容姿から、人間に捕まってしまうことがあるらしい。ブランカほどの暴れん坊を捕らえるのだ、足かせはその時のものと考えられよう。
 
アンクレット15
アニメ映画でも捕らえられ、ラスベガスの格闘ショーに使われていた。
檻に入れられ、自由を奪われている。

 
ついに明かされるアンクレットの正体

 
あの足輪がアクセサリーではなく足かせだとすると、母サマンサが誕生日にあげたアンクレットの件はどうなるのか。ストII感動のエンディングの説明がつかなくなる。残された謎、サマンサのプレゼントの正体に迫ってみよう。

いったんアンクレットから離れるが、みなさんはストIIシリーズのもっとも新しい作品をご存知だろうか。『スーパーストリートファイターIIX』?『ハイパーストリートファイターII』?いやいや、2008年に海外のみでDL販売された『SUPER STREET FIGHTER II Turbo HD Remix』である。これはアメコミも手がけるUDONエンターテイメントがドット絵をすべて描き直した『スパIIX』のリメイク作なのだ。
 
 
アンクレット12
これが…
 
アンクレット11
こうなる!!

 
おわかりのとおり、解像度がすさまじい『スパIIターボHD』。これまで表現できなかった細部まできれいに描きこ込まれているのがわかるだろう。
ではいったいこの作品がアンクレットとどういう関係があるのか? 話を戻そう。見ていただきたいのは、美麗に描き直されたブランカのエンディングである。
 
アンクレット16
あっ、あなた もしかして私の子供…!?
人違いかしら……
 
アンクレット17
そっ、その アンクレットは…!
ジミーの誕生日にあげた……
 
アンクレット18
お母さん!
ジミー!


おわかりいただけただろうか?2コマ目の足にご注目いただきたい。
 
アンクレット19
こっ、これはっ!!!
 
そうなのだ。高解像度ではじめてわかる、ブランカのアンクレット。ブランカの足には、ちゃんと母からのプレゼントが輝いていたのだ!!
 
アンクレット01
この輝きは足かせが光っていたのではなかった!
 
これまで誰もが誤解していた。『波動拳の謎』の編集者も、『アメトーーク!』出演者も、そして全国のストIIプレーヤーも。サマンサが目にしていたのものと、我々がそうだと思っていたものは、初めから別物だったのだ。
 
長年の謎が氷解である。エンディング画像をきれいに描き直してくれたUDONエンターテイメントに感謝したい。
 
「よくわからなかったアンクレットをちゃんと描いてくれてありがとう!」

「4本だったブランカの指をちゃんと5本描いてくれてありがとう!!」

 
スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter