ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

マキ

 

特攻くのいち

マキ03

本名:源柳斎真紀
出身地:日本
誕生日:8月28日
身長: 169cm
体重: 52kg
スリーサイズ: B85 W60 H88
血液型: B型
好きなもの: タピオカ
嫌いなもの: 面倒くさいこ・と女扱いされること
趣味:けんか



ガイの師匠・源柳斎の次女。
ガイ同様、武神流忍術を会得し、くのいちとなる。姉のレナ(麗奈)と違いおしとやかな面は一切なく、じゃじゃ馬で男っぽい性格。同門の忍者・ガイが武神流第39代正統継承者となったことに納得がいかず、武神流を継ぐのは自分こそが相応しいと、ガイの行方を追い世界へ旅立つ。(ストZERO3↑)

ガイ、コーディー、ハガーたちの活躍で犯罪組織マッドギアは壊滅、平和が戻ったかに見えたメトロシティ。しかしマッドギアの残党は組織を再生、その報復にガイの師である父と、ガイの婚約者である姉のレナを誘拐。マキは父と姉を取り戻すため、ハガー市長らと新生マッドギアへ乗り込む!(ファイナルファイト2)



元レディース
 
マキは学生時代、暴走族のヘッドをしていたという面白い経歴を持っている。純粋な日本人でありながら、見事な金髪なのはその名残だろう。漫画『さくらがんばる!』(中平正彦)でもさくらの対戦相手のひとりとして登場するが、回想で貴重なレディース姿を見ることができる。ヤンキー座りに木刀、特攻服のそでに「武神」の文字が刺繍されているぞ!

さくらに対し「キンチョー感のないコだねぇ」「トンマなコだねー」と明らかに子供扱いした態度をとるが、さくらは『ZERO2』の舞台の1987年に15歳であるのに対し、マキは『ファイナルファイト2』の1993年に20歳であるため、実はマキのほうがさくらよりひとつ年下だったのだ。まあ、マキが大人ぶっているのは、ちょうど背伸びしたいお年頃だったということで世露死苦!

マキ05
ZERO3↑の固定キャラ戦の相手はさくら。
やはりマンガでの因縁から?


マキ06
市長に電話するときは丁寧な口調でしゃべる。
元ヤンキーといえど、TPOはわきまえる。

 


面倒くさがりの干物女?

『ファイナルファイト2』ではセリフも少なく、その性格が深く描かれることのなかったマキ。しかし『カプコンvs.SNK2』ではプレーヤーキャラに復活、対戦相手や仲間とのセリフに個性が光っている。飄々(ひょうひょう)としていて面倒くさがり、まわりに気をつかうことのない超マイペースキャラとなった。
「ムダに動きたくないんだよね」 「あたしの分もやっといて」 「わざと負けよっかなー」「昼寝でもしよっと」 「勝った感想?うーん、別にないよ」など、やる気の感じられない脱力系セリフが多数。豪鬼に対しても「おっちゃん、後片付けよろしく」と、拳を極めし者もマキにかかればおっちゃんだ。

「さーて、終わった終わったーっと。 ひと風呂浴びたい気分だね」

豪鬼をおっちゃん扱いするマキだが、すでに自分がおっちゃん化している。

マキ02
世の中すべてが面倒くさい。
そんなマキだが実は…。




拳(こぶし)に秘めた恋

ちょっと気になることがある。プロフィールにあるようにマキは面倒くさいとこが嫌いである。前項で取り上げた彼女のセリフからも「闘いなんてかったるい」という印象を受けるだろう。しかし『ストZERO3↑』の彼女は武神流継承者の座をかけてガイと闘うことに躍起になっているのだ。彼女の性格上、流派の後継者争いなんて、もっとも興味のないことではなかろうか?
「はぁ!? 武神流のセイトウケイショウシャ? そんなのパスパス、帰って昼飯にするよ。」
彼女ならこのように答えるに違いない。ではなぜ彼女は世界を飛び回ってまでガイを追うのだろう?その答えは『ファイナルファイト2』のマキのプロフィールにさりげなく書かれていた!

“ガイに好意を持っているのだが、素直でない性格が邪魔して、会えば文句ばかり言っている。”

…なんとマキはガイのことが好きだったのだ。しかしその想いはなかなか口に出来ず、会えばケンカの日々だという。想いを伝えられないのは素直でない性格のせいばかりではない。思い出してほしい、ガイはマキの姉・レナの彼氏なのだ!マキがガイへの好意を表すことは、ガイだけでなく実の姉との関係をも壊しかねない。…こいつぁヘビィな三角関係だ!!

あなたも実の姉の恋人に本気で恋をしたら…、と考えてみてほしい。男性なら、兄キの彼女にマジで惚れちまったぜ…というシチュエーションを想像してみよう。そう簡単に想いを口に出来ないことがわかるだろう。つまりマキが言う「武神流の正統継承者」うんぬんは、ガイに会うための大義名分なのだ。しかし会ったからといって、彼女には愛を告白することは出来ない。いつものようにケンカをするのが精一杯、しかしそれが彼女に出来る唯一の愛情表現なのだ。今日もマキは言葉に出来ない想いをコブシに込める。

「コンニャロー!!」

マキ04
ガイ、レナ、マキのスリーショット。
近くて遠いガイとの距離!
思わず背を向けてしまうのは、ガイへの秘めた想い故。 

 
スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter