FC2ブログ

ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

第5部 死闘 12.友のために

 
第5部 死闘

12.友のために

月の落下を止めるべくシャドルー基地に潜入したラシードは、ついに黒い月の制御室に辿りついていた。ヘレンの調べによると、駒による制御とは別に、ラシードの友人が仕掛けた停止コマンドがあるはずだという。

ゼネスト5章12a

「侵入者、抹殺、抹殺……。」

そこへ現れたのは、Dollsのメルツだ。サイコパワーによる洗脳と強化で、黒い月の制御装置に近づく者を排除しようとしているのだ。

ゼネスト5章12b

「おおっと、落ち着いて。オレはキミに危害を……。」

ラシードは場を収めようとメルツを説得するが、洗脳下にある彼女らに話し合いは通じない。

ゼネスト5章12c

襲いかかってくるメルツ。ラシードはやむなく闘いを受けるこことなった。

【バトル】ラシードvs.メルツ

メルツを止めたラシードは制御装置に向かう。月を停止させるコマンドの入力画面はほどなく見つかった。さすがは新しもの好きのラシードである。コンピュータにも強いようだ。そこにはある設問があった。答えを入力する必要があるらしい。

ゼネスト5章12e

Light up the pathway for those who stray.

(迷える者へ明るく道を照らす)
Icall thy name.
( 我、汝の名を呼ぶ)

ラシードはホッとため息をついた。彼には覚えのある言葉のようだ。、長い闘いの末、シャドルー基地の最下層で目にした友人の痕跡に力が抜けたのだ。

ゼネスト5章12f

ラシードから笑みがこぼれた。

「ホント、間が抜けてるよ、お前はさ。こんな簡単な答えとか、セキュリティ的にどうなのそれ?」

ラシードは迷わず答えを入力する。

ゼネスト5章12g

Rashid of the turbulent wind.
(逆巻く風のラシード)

彼が入力したのは「逆巻く風のラシード」、自分の名前だった。

すると…

パンパカパーン!

「Correct!(正解)」の文字とともに、派手なファンファーレが鳴り響いた。

ゼネスト5章12h

室内にアナウンスが流れる。

「全機能停止シーケンスを開始しました。」

ついに黒い月を完全に停止させたのである。

ゼネスト5章12j

「何してるデスか!」

制御室に現れたのは、黒い月作戦の責任者F.A.N.Gである。ラシードは「へへっ」と笑い、こう言い返した。

「タッチの差、だな。」

F.A.N.Gは月が止められたことを知り、大きな声をあげた。ラシードの友人である研究員が、駒のほかに月を停止させる方法を仕込んでいたなんて、知らなかったのである。しかし悔しがるF.A.N.Gの言葉は、ラシードの表情を一変させた。

ゼネスト5章12l

「きぃー!もっと早く始末しておけばよかったデスよ!」

ラシードは自分の耳を疑った。

「今、なんて言った?」

行方不明になってから、長い間探していた友人。それがF.A.N.Gの手にかかっており、もう手遅れであることを知ったのである。シャドルーを手がかりに世界中を飛び回り、黒い月事件に巻き込まれながらもついに辿りついたこの場所。いつか会えると思っていた大切な友人だったが、もうこの世にはいないのだ。

ゼネスト5章12m

しばしの沈黙…。顔を上げたラシードは、いつも笑顔で飄々としている彼ではなかった。

ゼネスト5章12n

怒りに満ちた蹴りを放つラシード。F.A.N.Gも毒手で反撃する。しびれ毒がラシードの身体を侵食するが、彼の自由を奪うことはできなかった。

「お前だけは…俺が倒す!」

【バトル】ラシードvs.F.A.N.G

ゼネスト5章12o

ラシード渾身の一撃がF.A.N.Gを倒す。

ゼネスト5章12p

「仇は、とったぜ。これでもう……。」

亡き友にそう告げた瞬間!ラシードはうめき声を上げると、バタリと倒れた。F.A.N.Gが再び立ち上がり、背後から毒手を突き刺したのである。

ゼネスト5章12q

「ニヒヒッ、さすがに今のでもう限界みたいデスね。」

「さっさと死ぬデス。お友達があの世で待ってるデスよ。」

ゼネスト5章12r

さすがはシャドルー四天王のひとりである。友の仇をとるべくF.A.N.Gに挑んだラシードだが、無念の返り討ちに遭ったのだった…。

【Pickup!】タッチの差

ラシードが黒い月を完全停止させた直後、F.A.N.Gが制御室に駆けつける。このときラシードがおどけて言ったセリフが「タッチの差、だな」である。

ゼネスト5章12k
「タッチの差、だな」

実はこれ、第1部 災禍 4.始動において、F.A.N.Gがラシードに言ったセリフと同じなのである。友人を探してシャドルー基地に潜入したラシードにF.A.N.Gが「タッチの差、デスよ。ニーヒッヒ。」と、笑っていたのだ。ここではラシードがかつてのF.A.N.Gのセリフを引用し、言い返したかたちだ。

general027.jpg
「タッチの差、デスよ。」

これはラシードとF.A.N.Gが初めて対峙したときのこと。F.A.N.Gはこの直前にラシードの友人を始末していた。ラシードが助けに来たのはわかっていたが、わずかに間に合わなかったことをあざ笑っていたのである。まさかラシードも探し続けた友人がたった今F.A.N.Gの手にかかったとは思いもしなかったであろう。

【Pickup!】黒い月停止コマンド

地球めがかけて落下を始めた黒い月。もはや誰にも止める術がないと思われていたが、月の制作にあたった研究員(ラシードの友人)は、月がシャドルーに悪用されることを知り、こっそり緊急停止コマンドを組み込んでいた。それが上記の問いである。

Light up the pathway for those who stray.

(迷える者へ明るく道を照らす)
Icall thy name.
( 我、汝の名を呼ぶ)

はっきり言ってこれだけではなんのことかわからない。しかしラシードには心当たりがあったのだ。第4部 激戦 5.友への想いで語られた、ラシードと友人の関係を思い返してみよう。

ゼネスト4章05a
友人との関係を思い返すラシード。

ラシードの友人は頭がよく、若くしてコンピュータ分野で成功し、就職先には困らなかった。しかし入った先がシャドルー関連企業だったため、その実力を買われ、黒い月の開発をさせられたのだ。このシャドルー関連企業への就職以外でも、ラシードの友人はたびたびトラブルに巻き込まれていたそうだ。そんな友人をラシードは「人生の迷子」と呼んでいた。そしてトラブルのたびに、「逆巻く風のラシードさま~」と助けを求められたそうである。

つまりこの設問にある「迷ったとき・困ったとき」、「逆巻く風のラシード様」と助けを呼ぶというのは、ラシードとその友人の間で、これまで幾度となく繰り返されてきたものなのである。

ゼネスト5章12i
正解画面では、ラシードのかわいいイラストも表示される。

これはもちろんラシードでないと回答できない。ラシードの友人は、自分が関わってしまった月を止めてくれるのは、きっとラシードに違いないという確信があったのだ。

【Pickup!】ラシードの…恋人!?

さて、ラシードの旅の目的は「行方不明になった友人を探す」ことだった。しかしこの友人、なんと物語冒頭でF.A.N.Gに殺されてしまい、ほとんど登場しない。その事実を知らないラシードは、ヘレンやジュリと協力し、シャドルーを探り、黒い月を止めるために奔走する。いつか会えると信じて進むラシードの姿は、ときにプレーヤーには悲しく映る。

general029_201710190929007a2.jpg
ふだんは常に明るい青年だ。

そのラシードの友人であるが、劇中顔が映ることはなく、姿も一瞬しか確認できない。名前も不明だし、なんとも情報が少ないのだ。しかし今話にはラシードの友人に関する重要なヒントが隠されているので、それを見ていきたい。

ラシードが一度F.A.N.Gを倒し、友人に報告するシーンを見てみよう。
(クリックで拡大)

ラシードの友人_日本語

「仇は、とったぜ。これでもう……。」

日本語でのセリフはこうである。二人称は省略されているが、「(おまえの)仇は、とったぜ。」といったところだろう。次に同じシーンを中国語版で見てほしい。

ラシードの友人_中国語

「我幫妳報仇了… 妳可以安息了…」

意味は同様に「おまえの仇は、とったぜ…。これで安らかに…。」であるが、問題はその二人称である。

「妳」

意味を調べてみよう。

ゼネスト5章12s

なんとこれは女性用の二人称なのである。つまり、ラシードの友人は女性だったのだ!

これまで、ラシードの会話の中に出て来る呼び名は、一貫して「友達」だった。「アイツ」などと呼ぶこともあるが、性別がわかるものはひとつもない。英語版で見てみても、「My friend」や「You」になっており、徹底して「He」や「She」を使用していない。

ラシードの友人_英語
英語版の同シーン。(クリックで拡大)

実はこれまでも、ラシードの友人が女性ではないかという噂はあった。シャドルー施設内でF.A.N.Gから逃亡するシーンで小さく映るのだが、わずかに胸にふくらみが見えるのだ。

general025.jpg
基地から逃亡を図ったラシードの友人。

このシーンだけでは判断が難しかったが、中国語の二人称から、ラシードの友人が女性であることは決定的だ。

この女性、ラシードとはいったいどういう関係だったのだろう。ラシードが徹底して「友人」と呼ぶことから、恋仲-いわゆる彼氏彼女の関係ではなかったようだ。しかし幼いころから困ったことがあると力になっていたというほど、仲がよいのは確か。

男女の友情が成立するかどうかというのは、いろいろな意見があるだろう。その答えをここで簡単に出すことはできない。しかしラシードも友人も、いい年齢である。お互い異性として惹かれあっていた可能性は否定できない。もし異性として好意があったのなら、なぜ恋仲ではなかったのか。ここから先は完全に妄想である。

ゼネスト5章12t

ラシードはシャド研キャラ図鑑のアザムの紹介によると「ラシードもアザムも今はなき王国の貴族だったと噂されている」とある。また、公式サイトのプロフィールによると「中東の旧家の長男」と書かれている。由緒ある家柄の出のようで、ひょっとしたら、ラシードは亡き王国の王子だったのかもしれない。

もしラシードが王族の長男、跡取りだったとすると、自由な恋愛はできなかったのではないだろうか。身分が高くなると個人の感情はそっちのけ、結婚は一族どうし、ともすれば国どうしである。幼いころから親しくしていた女の子がいたとしても、簡単に想いを打ち明けるわけにいかない。いつまでも「友人」関係だったのは、そのためではないだろうか。ラシードの国は滅んでしまい(理由は明かされてはいない)、かつての身分ではなくなったが、急に関係を深めることはせず、友人関係のまま今に至っていたのだろう。

ゼネスト5章12u
アメコミに登場する科学者。

彼女との出会いはどんなものだったのだろうか。2016年にフリーコミックブックデーに配布されたUDONアメコミには、ラシードの友人として禿げ上がった頭に眼鏡をかけた白衣の研究者が登場している。王族時代、ガジェット好きのラシードがお抱えの技術部門に出入りし、そこで彼らの娘と知り合いになった…と考えるのも面白いだろう。彼女自身も高い技術を持っていたので、ラシードに仕えるひとりだったかもしれない。

王族とそれに仕える科学者との恋。想いを伝える前に愛しい人を失ったラシード。多分に想像を含むが、いつも軽いノリのラシードが、実は愛する女性のために旅をしていたと思うと、感慨深い。

ゼネラルストーリー目次へ
 

スポンサーサイト



プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter