ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

1989年 アベル救出

 
1989年
アベル救出


“リビング・インキュベータ計画”―。遺伝子操作によってベガの代替ボディを生み出す、人の命を命と思わぬ悪魔の所業。この世に生を受けても、不良品とされれば、容赦なく“廃棄”される運命…。アベル…、のちにそう呼ばれる青年も、処分の時が近づいていた。

「ソニックブーム!!」

真空の刃が空間を切り裂く。炎上するシャドルーの研究所、そこへあの男が現れた―!

ナッシュの消息03
アベルを助け出すこの男は…!!

ナッシュの消息04
研究所での記憶は失われていた。
かすかに残るのは助け出される記憶と…“ソニックブーム”!




検証:『アベル救出』は1989年!?

死の迫るアベル、それを救い出したあの男…。
この出来事は、いったいいつ起こったものなのだろうか?

アベルの過去については、ストIV公式ブログ「本当の物語」で語られている。(2009.08.28) この記事でアベルを救い出したのがナッシュであると明言された。これはストIV稼動から、実に1年後のことである。さらに記事では人物相関図が公開され、それによるとアベル救出はストIV(1994年)の5年前とされる。そこから計算すると、この出来事は1989年ということになるのだ。

ナッシュの消息02
ストIV稼動1年をしてようやく明かされた事実。
 
スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter