ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

1987年 ベガ格闘家勧誘

 
1987年
ベガ格闘家勧誘


リュウは謎のパワーを操る格闘家のウワサを耳にする。ことの真偽を確かめるため、ふたたび旅に出るリュウ。その旅はさまざまな思惑を抱いた戦士たちを闘いの場に駆り立てる。

時同じくして、秘密結社シャドルーの総帥ベガは、組織強化のため世界中の屈強な戦士を集めることに。ムエタイの帝王サガット、スペインの忍者バルログ、ボクシング界を追放されたM.バイソンを組織に引き入れる。さらにベガの関心はサガットを破ったという格闘家リュウへと向けられた…!

格闘家勧誘02
「われのもとのに来い」
シャドルーのトップ4がそろった瞬間である。




検証:『ベガ格闘家勧誘』は1987年!?

サガットを倒したのち、さらなる修行の旅を続けるリュウ。そして不気味に動き出す秘密結社シャドルー!…この物語はいわゆる『ストリートファイターZERO』および『ストリートファイターZERO2』である。
ではこのエピソード、いったいいつの話なのだろう。
『ALL ABOUT カプコン対戦格闘ゲーム 1987-2000』によると、この作品のストーリーは「ムエタイの帝王・サガットを倒してから数ヶ月…」という書き出しで始まっている。帝王サガットの敗北から数ヶ月しか経っていないので、ベガが組織の強化のため格闘家の勧誘を始めたのも1987年中だと考えられる。

ちなみにベガがシャドルーに引き入れようとしたのは、上記のサガット、バルログ、バイソン、リュウだけでなはない。アドンやダンにも興味を持っており、バーディーのストーリーでは自らを売り込んできたバーディーをシャドルーに引き入れている。

格闘家勧誘01
捕まえた格闘家はサイコパワーで洗脳する。
「な~んか男ばっかりで飽きちゃったなあ」
こうして美女ばかりのベガ親衛隊が結成される。(ウソ)

スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter