FC2ブログ

ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ナッシュとガイル、友情の軌跡

 
チャーリー・ナッシュ。ガイルの親友にしてアメリカ空軍の正義の男。『ストリートファイターII』で故人として名前だけが登場していたが、ストIIより過去を描いた『ストリートファイターZERO』ではまだ存命中であり、ガイルに代わり参戦した。

のちに『ZERO3』でガイルも参戦、ついに親友ふたりが共同戦線を張り、打倒ベガに動く。厚い友情で結ばれたふたりの活躍は、ストIIでナッシュの仇を討とうと家族をも捨てたガイルを見ていた者としてはグッと来るものがあった。

ガイルとナッシュの共同戦線
正義の空軍戦士、夢の共演!

さて、このナッシュとガイルのストーリーだが、ストリートファイターは誰をプレーヤーキャラクターに選んだかにより物語が変化(分岐)するために、様々な展開を見せる。たとえばZEROシリーズでは、ナッシュがベガに倒される結末もあれば、逆にナッシュ率いる私設軍がシャドルー基地を殲滅するケースもある。

しかし、のちの作品に引き継がれる物語、いわゆる“正史”というものは存在する。今回はナッシュとガイルにまつわるストーリーの正史をまとめてみたい。彼らふたりにいったいなにがあったのか。


まず各作品で決定事項となっている「史実」を確認していこう。

【ストリートファイターII】
ガイルは同じ部隊の戦友ナッシュを殺された。ガイルの腕の中で虫の息のナッシュは最期の言葉として「ベガという男に気をつけろ……男はサイコパワーを自在に……ぐふっ……。」と告げた。(アーケード版パンフレット/SFC版取り扱い説明書)

名称未設定 1


【ストリートファイターZERO】
ナッシュの名はガイルの親友と同じだがナッシュの部隊にガイルの名前はない(カプコンゲーム誌広告“ZERO's WORLD”)

同じ部隊にはいないよ


【ストリートファイターZERO3】
ナッシュはアメリカ空軍の腐敗に失望し、有志による私設軍隊を結成、ベガに挑む。(ストZERO3ナッシュのオープニング)

左遷されたナッシュ


【ストリートファイターIV】
ガイルは、ナッシュが死んだと思っていたが、遺体は見つかっていないことから生きている望みを捨てず、捜索を再開する。(ストIVガイルのオープニング)
ナッシュはS.I.N.の研究所から、アベルを救出していた。(ストIV人物相関図)

遺体がない1


【ストリートファイターV】
単身ベガを追い詰めたものの、軍の裏切りにより滝へ転落。ナッシュは行方不明扱いで、死んだものと思われている。(ストVナッシュのオープニング)

滝に落とされたナッシュ


めちゃくちゃだ!

ふたりは同じ部隊なのか、それとも別の部隊なのか?ガイルと共に戦い腕の中で息を引き取ったのか、それとも単身ベガに挑み行方不明になったのか?設定がぶれまくっている。どうなっているんだよカプコン!!

ナッシュの最期はZEROやZERO2でも描かれたが、先述のとおり「キャラクターごとのエンディングは物語の可能性のひとつ」であり、正史とは言えない。ストVで「ナッシュがベガと裏切った軍の仲間に滝に落とされた」ことは決定事項であり絶対となったが、その場にガイルはいなかった。ストIIで言われるような、ナッシュからガイルへの最期の言葉は伝えようがないのだ。これはいったいどういうことなのか。

おい、どうした!?
ZEROでは殺害される前にガイルと会話するシーンも。
しかし無線機越しであり、腕の中ではない。


普通の人はこんな細かいことは気にしない。そもそも矛盾があったことすら気がついていなかったかもしれない。しかし気になる人にとっては気になることなのだ。ガイルとナッシュは私も好きなキャラクターだが、この件に関してはずっと悶々としていた。そう、20数年間も…。

2017年、ストリートファイターは誕生から30年を迎え、それを記念する様々な企画が行われた。翌2018年に発売された『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』もそのひとつである。これは初代『ストリートファイター』から『ストリートファイターIII3rd』まで、シリーズ12作品を収めたソフトである。ゲームのみならず、イラスト、開発資料、音楽など豊富なコンテンツも用意されている。その中のキャラクター紹介のページ、ナッシュの項目に注目してみよう。※クリックで拡大

ナッシュ30thプロフィール1

ナッシュ30thプロフィール2

ナッシュ30thプロフィール3

要約すると以下のとおりだ。

“ナッシュは軍の腐敗を調査しシャドルーと通じる高官を突き止めた。しかしその高官はナッシュを僻地の武器弾薬庫勤務へ左遷し、事態の沈静化を図った。しかしナッシュはこれを好機とし有志を募り、対シャドルーチームを結成。ガイルともここで出会った。”

“ナッシュはチームの助けでシャドルーへの潜入に成功する。しかし最後には見つかってしまう。ガイルとともにベガを倒そうとするが、生きて返ってきたのはガイルだけ。このときナッシュは最期の言葉として「ベガ」「サイコドライブ」を伝えている。”


まさか、30周年記念ソフトでここまで踏み込んだ説明をしてくれるとは!ナッシュの左遷というのはZERO3のことである。そのとき対シャドルーの有志を募るのだが「このときガイルと出会った」と出会いの時期が語られたのは、おそらく初めてだ。
ガイル、お前も僻地勤務だったのかよ!
(詳しくはガイルが敵に捕まり、ナッシュが救出したのがきっかけ)
しかし、これで「ZERO3以前のストZEROでナッシュの部隊にガイルはいなかった」という矛盾は解消した。

さらにガイルがナッシュの最期を確認したような記述があるのに、ストVのナッシュの最期にはガイルの姿が見えなかった件。30周年ソフトの解説によれば、ナッシュはシャドルー基地に乗り込み、一度ベガに敗北している。そこでガイルはナッシュの最期の言葉を聞いたのだ。「ナッシュとガイルはシャドルーに潜入し」ではなく「ナッシュは―」となっていることから、ナッシュが単身シャドルーへ潜入し、ガイルが追ってきたのだと読み取れる。つまり、ストVで描かれたナッシュの敗北シーン以前に、ナッシュはすでに1度ベガに敗れていたのだ。

今回加わった情報を元に、ガイルとナッシュのストーリーをまとめてみよう。


◆ナッシュが軍と麻薬組織の癒着を探る。(ストZERO)

◆ナッシュはシャドルーと関連のある高官に捜査を気づかれ、田舎の倉庫番に左遷される。(ストZERO3)

◆ナッシュは同志を募り、武器庫の兵装で対シャドルー私設軍を結成する。

◆ナッシュ、ガイルと出会う。

◆ナッシュ、ガイルの忠告も聞かず、単身シャドルーへ潜入しベガに敗れる。

◆追ってきたガイルに黒幕のベガという男のこと、サイコドライブでサイコパワーを自在に操ることを伝える。

◆ガイルもベガに敗北するが、なんとか基地を脱出する。ふたりの力をもってしても、ベガを倒すことはできなかった。

◆ガイルはナッシュの仇を取るため「ベガ」の名と「サイコパワー」を手がかりに、家族を捨てシャドルーを追う。(ストII)

◆死んだと思われていたナッシュだが、実は生き延びていた。

◆ナッシュは軍を離れ調査を再開、シャドルー関連企業S.I.N.からアベルを救出する。

◆ガイル、長らく死んでいたと思っていたナッシュの捜索を再開する。(ストIV)※1

◆ナッシュ、ふたたびベガを追い詰めるも、かつての仲間に撃たれて滝に落下、死亡する。※2

◆秘密結社がナッシュのシャドルーへの復讐心を利用しベガを倒そうと目論み、ナッシュを蘇生させる。(ストV)

※1と※2は、今のところどちらが先かを明確にする判断材料がない。


なんとかつながった!

ガイルへの伝言は滝への落下と別件だとして解決、ストZEROで同部隊にふたりはいないという件は出会いの前だとして解決。またストIIのガイルのエンディングで、ベガはガイルに向けて「お、お前はガイルか!ふっ、強くなったな。殺しな…。」と言っており、なぜふたりに面識があるのか長年謎だったが、これもシャドルーに潜入して一度敗北した過去があるとして解決した。

ふっ、おまえはガイルか
知り合いなのかよ。

これまでの様々な矛盾が一気に解決してしまった。30周年記念ソフトの紹介文を書いた人物は、ストーリー設定に精通していることがうかがえる。かつ、その人物からは「過去の設定の辻褄を合わせよう」という意思をひしひしと感じるのだ。

30thアニバーサリーコレクション、長い!
他のキャラクターの紹介文も気になるよね?
買おうぜ!


「格闘ゲームのキャラクター設定なんておまけ。真剣に考えるものじゃない。」そんな声も聞こえてきそうだが、そのキャラクター設定に惹かれて格闘ゲームをやっている私のような者もいる。アニバーサリーコレクションでの設定再構成はとても喜ばしい。


…と、ここでガイルの妻ユリアさんからひと言あるそうです。

ガイルの嫁さんからひと言

お、奥さん、おっしゃるとおりです。
でもね、友情って長さじゃないから。深さだから。(震え声)
 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。