ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

1984年 インターナショナル・ブロウアウト

 
1984年
インターナショナル・ブロウアウト


「王者は二人もいらない!」
BWA総帥であるアストロが、ノックアウト制3本ルールという、およそプロレスとは思えない新ルールを提唱!CWAの面々はその提案に猛反対した。しかし伝説のレスラー・オルテガがそれに賛同したため、新ルールによる新たな大会“インターナショナル・ブロウアウト”が幕を開けた!真の王者は誰だ!?

Sマッスルボマー01
王者オルテガも賛同したアストロの新ルール!

Sマッスルボマー02

Sマッスルボマー03

前大会“ヒートアップスクランブル”はタッグ戦。(マッスルボマーDUO)
ナンバー1のタッグが決したものの、やはり真の王者は一人なのだ!!




検証:『インターナショナル・ブロウアウ』は1984年!?

姿をくらませていた伝説のレスラー・ヴィクター・オルテガが登場、新ルールによる新たな大会のゴングが鳴り響く!…この物語はいわゆる『スーパーマッスルボマー』である。ではこの大会、いったいいつ開かれたものなのだろうか。
『ALL ABOUT カプコン対戦格闘ゲーム 1987-2000』によると今大会、1984年生まれのハガーは41歳という設定。つまりインターナショナル・ブロウアウトの開幕は1984年ということになるのだ。

Sマッスルボマー04
ジェシカに優勝トロフィーをせがまれているというハガー。
彼女は前作『マッスルボマー』で18歳なので、今作で19歳に。
優勝トロフィーよりそろそろ彼氏が欲しいのでは!?
スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter