ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

チャーリー・ナッシュ

 

ナッシュ全身

名前:チャーリー・ナッシュ
誕生日:不明
代表国:アメリカ
身長:186cm
体重:84kg(ZERO)・93kg(V)
血液型:AB(ZERO)・不明(V)
3サイズ:B123・W81・H87
格闘スタイル:マーシャルアーツ(ZERO)・身体能力を活かした特殊攻撃(V)
好きなもの:スコッチ(ZERO)・特になし(V)
嫌いなもの:不正(ZERO)・正義、スコッチ、ベガ(V)
特技:ハリアー整備、心理学(ZERO)・暗殺、隠密行動(V)

ストーリー

アメリカ空軍の中尉。メガネをかけインテリなイメージがあるが、全米マーシャルアーツ大会での優勝経験もある優秀な戦士である。ある時ナッシュは軍の上層部が麻薬組織と癒着しているとの噂を聞きつけ、独自に調査を開始する。シャドルーの存在を突き止めたナッシュは、組織のボス・ベガに単身闘いを挑む。(ストZERO)

単身ベガに挑むもシャドルーの息のかかった裏切り者に撃たれ、戦いに敗れたナッシュ。一時行方不明となるも、ユリアンの秘密結社に拾われ蘇生、ヘレンの助けを得て身体と記憶を取り戻す。蘇ったナッシュは冷酷な復讐者としてベガを狙う。(ストV)

復讐者ナッシュ
不正を許せず単身ベガに挑んだ男。
死して後もベガを倒さんとする意思は揺るがない。


ついに登場したガイルの親友

ナッシュ…彼の名前は『ストリートファイターII』当時から、ガイルの戦友として登場していた。しかし名前以外に詳細が一切公開されておらず、ファンはその人物像を思い思いに想像していた。『ストZERO』でその姿が描かれるまでに登場した主なナッシュを見てみよう。

【ストII版ナッシュ】
焦げ写真ナッシュ

ストII時代に描かれたナッシュ。ガイルと仲良く写真に収まっている。新声社『波動拳の謎』等に掲載されており、当時の公式なイラストはこの1枚だけと思われる。肝心の顔が見えず、そこはファンの想像に任されている。

【ドラマCD版ナッシュ】
ドラマCDナッシュ
ドラマCD『ストII復讐の戦士』版ナッシュ。シャドルーを追って諜報活動を行っていたが、バイソンに発見され捕虜となる。拷問ののち新型麻薬サイクラックDタイプを注入され狂人となる。救出に来たガイルに「内臓と脳髄を食わせろ」と襲いかかるが、ガイルがやむなく反撃し絶命した。ブックレットに描かれている挿絵によると、当時流行した真ん中分けヘアのようだ。

【しろー大野版ナッシュ】
黒人ナッシュ

ゲーム誌『マル勝スーパーファミコン』に掲載された漫画版ナッシュ。スキンヘッドで黒人である。作者は『サムライスピリッツ』シリーズで一部のキャラクターデザインや原画や漫画を担当したしろー大野氏。漫画のクオリティの高さから、これがナッシュのイメージとして刷り込まれたファンも少なくない。新声社『ストZERO』ムックの開発者インタビューにおいても、「ナッシュを黒人としてイメージしていたスタッフがいた」という。ひょっとしたら、このナッシュの影響なのでは…。

【ストIIV版ナッシュ】
アニメナッシュ

アニメ『ストリートファイターIIV』に登場したナッシュ。ケンの父の要請により、ガイルとともにシャドルーにさらわれたケンとリュウの捜索に乗り出す。現在のナッシュとはこれまた似つかない風貌。それどころか短髪にヒゲに丸メガネで、ジャン・レノにそっくり。ガイルとの付き合いも10年近くになり、お互いのことはよくわかっている模様。曰く「女の気持ちを当てる以外なら、おまえ(ガイル)の勘はたしかに信じられる。」とアメリカンジョークもお手の物。

【映画『Street Fighter』版ナッシュ】
実写映画ナッシュ

実写映画『Street Fighter』に登場したナッシュ。海外では愛称チャーリー(本名カルロス・ブランカ)として登場。なかなかのイケメン。ガイルとともにベガ(海外ではバイソン将軍)を倒そうと連合軍に所属していたが、シャドルーに囚われ捕虜となる。ガイルはテレビ中継を通じベガと接触、打倒シャドルーとチャーリーの救出を宣言する。しかし…

【映画『Street Fighter』版ナッシュ(改造後)】
実写映画ナッシュ(改造)

上記のチャーリーがシャドルーに人体改造された姿。赤い髪、緑の皮膚へと変貌し、イケメンが台無し。まるでブランカである。(実際彼がひとりでナッシュ役とブランカ役を担っていたわけである。)
シャドルー基地に乗り込んだガイルは変貌した親友をひと目見て手遅れと判断、自らの手で射殺しようとする。そこは「そんな姿になってもおまえは俺の親友だ!」ではないのか。ひどい。
ダルシム博士に「彼にはまだ人の心が残っている」と制止されるも、最後にシャドルー基地が爆破される際、「この姿では帰れない」と基地を運命をともにしようとするチャーリーを置き去りにした。そこは「きっと元に戻る方法がある!帰るぞ!!」ではないのか。ひどい。

おまけとしてその後の実写映画のナッシュも紹介しておこう。

【映画『レジェンド・オブ・チュンリー』版ナッシュ】
春麗伝説ナッシュ

実写映画『レジェンド・オブ・チュンリー』に登場したナッシュ。このときすでにゲーム版のナッシュは登場していたが、あまり風貌も似せられることなく、設定も軍人ではなく刑事と改められた。パートナーの女性刑事マヤとともに、犯罪都市を作り上げようとする投資会社シャドルーの総帥のベガを追う。シャドルーを張り込み中にターゲットに気づかれそうになった際、マヤとキスをしカップルを装うが、濃厚なキスをしている間にターゲットを取り逃がすという失態を晒した。またマヤと合流する際は、約束の時間よりずいぶん早く押しかけ、彼女のシャワータイムに自宅に上がりこむなど、女好きな様子。

血液型の謎

『ストV』では長編ストーリーモード“ゼネラルストーリー”の配信を前に、公式サイトで予告編ともなるハイエンドCGトレーラーが公開された。しかしひとつ気になることがある…。2分3秒あたり、ナッシュのドッグタグが宙を舞うシーンをよくご覧いただきたい。



A型01
注目すべきは血液型

お気づきだろうか。ナッシュの血液型がAになっている。ドッグタグとは軍隊において兵士の個人識別用に使用される認識票のことである。氏名、生年月日、性別、所属軍、宗教等が刻印され、戦地で死傷した際の身分証明に使われる。治療のために必要なデータとして、血液型も記されるのだがナッシュはAB型であるにもかかわらず、A型となっているのだ。これは明らかにミスである。ストV中山Dによると、どうやらナッシュのドッグタグのモデリングにはUDONアメコミが参考にされたらしい。そのアメコミの時点で間違っていたのだ。

A型02
アメコミ翻訳版『ストリートファイター・ザ・コミック』1巻より。

たしかにA型になっている。海外でのナッシュ(チャーリー)が日本と異なりA型の設定だったのでは?という可能性も考えられるが、海外のストZEROの書籍を確認しても、たしかにAB型であった。これは単純にUDONのミスであり、それを元にしたストVのミスである。

ゼネスト認識票
ゼネラルストーリーでのワンシーン。

これを受け、後日配信となったゼネラルストーリーでは、ガイルがナッシュに「忘れ物だ」としてドッグタグを返すシーンに修正が加えられた。こちらは無事にABとして表示されている。

ガイル認識票
ガイルのネカリ戦敗北時。

しかし追加キャラクターのガイルが首から下げているナッシュのドッグタグはやはりA型のままである。ネカリ戦で敗北すると敗者のバストアップが映るが、このときガイルのドッグタグも確認できるのだ。こちらも修正予定らしいのでゆっくり待とう。

ただし、ストVの蘇生されたナッシュのプロフィールによると、血液型は「不明」となっている。すでにAでもABでもなくなっているのだ。あの容姿からすると青汁が流れているのではと疑ってしまう。

やめろーっ!○ョッカー!!

視力は両目とも2.0あるにもかかわらず、オシャレでメガネをかけているナッシュ。少々キザな言い回しもキマってしまうクール・ガイだ。しかし彼のストーリーは不幸な結末が多く、ストリートファイター本編はもとより、VSシリーズ等でも悪の手に落ち改造されてしまう。そんな変わり果てたナッシュを見てみよう。

やめろー!
やめろー!
様々な姿に改造されるナッシュ。


まっさきに思いつくのは『マーヴル・スーパーヒーローズVS.ストリートファイター』のシャドウであろう。姿はあまり変わっていないが全体的に影があり、必殺技もサイコパワーを飛ばすシャドウブームなどへ変化している。バッテリーで動いており、制限時間がくると活動できなくなる。シャドルー格闘家研究所のキャラ図鑑でも紹介されている。

シャドウ(ナッシュ)
ナッシュ時代の記憶は取り戻していくが…。

またエンディングではその記憶すら消され、さらなる改造を施される。もはやメカ・ナッシュともいうべき姿に変えられてしまうが、手からミサイルも飛び出し、案外強そう…。

メカナッシュ
ひと昔前の超合金のオモチャを連想させる。
ナッシュはシャドルーのオモチャじゃないぞ!


ストーリーとは関係ないが、ストVで追加配信されたハロウィンコスチュームでは動く死体にちなみ、フランケン・シュタインのような姿で登場した。頭部にねじ込まれた大きなボルトがなんとも痛々しい。

ハロウィンナッシュ
ふんがーふんがーフランケン。

上記のシャドウはもともとVSシリーズのみのキャラクターであったが、UDONアメコミにも登場している。当初は過去の記憶も失い、ガイルや春麗を手にかけ、自分のことも「シャドウ」と名乗っていた。
悪の手で復活したダークヒーロー的なナッシュだが、それがストVのナッシュの原型になったのかもしれない。

我が名はシャドウ
シャドルーのエージェントと名乗るナッシュ。
「私はシャドウ!」


しかしのちに記憶を取り戻し、ガイルとともにベガに戦いを挑むことになる。記憶の戻ったナッシュは、ダウンジャケットのシャドルーマークを見つめながら、自分を改造・洗脳したシャドルーに怒りを燃やす。

バックプリント
ベガめ、私に何をした?

ベガ「ドクロのアップリケだよ!」

スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter