ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

剛拳復活会議

 
昇龍拳、波動拳、竜巻旋風脚…、暗殺拳として伝えられたこれらの技を格闘技として昇華した男。その名は剛拳。ご存知のとおり、リュウとケンの師である。豪鬼との死闘で死んだはずであったが、『ストIV』で奇跡の復活を果たした。

死んだはず
死んでただろアンタ!

「死んでたキャラクターを復活させるなんて、カプコンも無茶なことをするなあ!」

多くの方がこのように思ったに違いない。ストーリーのないお祭りゲームである『マヴカプ』や『カプエス』であれば、死者であろうと選出してかまわない。他社であるが、ギースが死亡した『RB餓狼』後の『RB餓狼SP』、ゲーニッツが死亡した『KOF'96』後の『KOF2002』など、お祭りゲームでは死亡したはずのキャラクターが登場する例がある。

ストIVはそういったお祭り作品ではないにもかかわらず、剛拳は復活を果たした。彼の参戦は無茶ではなかったのだろうか。

剛拳参戦はどのような経緯で決定したのだろうか。以下、剛拳参戦を決める際のスタッフ会議の様子を(想像で)お送りしよう。



【某月某日 ストIV参戦キャラ決定会議】
※フィクションです!

社員A
「新キャラにリュウ・ケンの師“剛拳”を参戦させたいんですけど。」

社員B(上司)
「なに言ってンだよ。剛拳といえば、ストIIの時点で死んでるだろ?」

社員A
「そうでしたっけ?無茶ですかね?」

社員B
「そりゃそうだよ。ベガ一味に襲撃されて死んだろ?」

剛拳死亡02

社員B
「あ、それ神崎将臣先生の『ストリートファイターII-RYU』ですね。公式設定じゃないです。」

社員B
「あれ?そうだっけ。でも豪鬼に手刀で大穴空けられてたろ?」

剛拳死亡03

社員A
「あ、それ中平正彦先生の『RYU FINAL』ですね。公式設定じゃないです。」

社員B
「あれ…?そうだっけ。でも道場で死んでたろ?壁一面に血が飛び散って…。」

剛拳死亡01

社員A
「あ、それUDON社のアメコミ『Street Fighter #1』ですね。公式設定じゃないです。」

社員B
「あれ…?そうだっけ…。でもリュウがスーツ姿のケンと墓参りしてたろ。死んでんだろ?」

剛拳の墓02

社員A
「あ、それ10周年記念アニメ『ストZERO - THE ANIMATION -』ですね。公式設定じゃないです。」

社員B
「あれ……?そうだっけ…。でもダンが日本帰って師匠に挨拶行こうとしたら死んでたろ?」

剛拳の墓03

社員A
「あ、それ中平正彦先生の『STREET FIGHTER ZERO』ですね。公式設定じゃないです。」

社員B
「あれ……?そうだっけ……。でも、そもそも初代ストリートファイターで死んでたろ?墓が…」

剛拳の墓01

社員A
「あ、それゲーメストでカプコンに無許可で描かれた紹介記事ですね。公式設定じゃないです。」
※詳細はコチラ

社員B
「あれ………?そうだっけ……。でもストIIIでリュウが日本に帰ってきたのは墓参りのためだったろ?」

ストIIIリュウED

社員A
「あ、それケンとの再戦のため鶴亀温泉で落ち合うためですね。墓参りじゃないです。」

社員B
「ぐぬぬ…。でもスト『ZERO2ALPHA』で殺意リュウが“豪鬼が剛拳殺した”って言ってなかった?死んでるだろ?」

剛拳師匠の敵

社員A
「あ、それ正確にはゴウケン師匠の敵(かたき)ですね。剛拳殺害の詳細は不明です。」

社員B
「まさか…!?剛拳の殺害シーン、公式で明確に描かれたことは一切…ないのか……?」

社員A
「そうですね。ストIIIまでの情報をまとめた書籍『ALL ABOUT カプコン対戦格闘ゲーム』の人物紹介の剛拳の項目でも“リュウのセリフから察すると、師匠同様にゴウケンも豪鬼に殺されたらしい”と推測にとどまっています。」
※リュウが「死んだ」と思い込んだ理由についてはコチラ

社員B
「よし、わかった…!参戦決定だ!!」

こうして“剛”サインは出されたのである。
※フィクションです。



つまり我々は、アニメや漫画など、二次的な媒体で剛拳の死を見ていたにすぎない。ゲーム内で公式に彼の死を目撃したわけではなかったのだ。てっきり「死んだ」と思っていたが、正確には「死んだと思われていた」が適切である。剛拳が生きていたことは、なんら不思議ではなかったのだ!

こういった「大勢が誤りを思い込でしまう」ことは往行にして起こり得る。

漫画『ドラゴンボール』で、悟空は一度も「オッス!オラ悟空」とは言っていない。

漫画『名探偵コナン』で、コナンの口癖は「バーロー」ではなく基本「バーロ」。

TVアニメ『起動戦士ガンダム』で、アムロが毎回口にしてるような「アムロ行きまーす!」は実は一度だけ。

TVアニメ『巨人の星』で、一徹は毎回ちゃぶ台をひっくり返しているようだが、実は一度だけ。

TVアニメ『アルプスの少女ハイジ』で、ハイジは「クララが立った!」とは言っていない。

社員B
「わかった!わかった!もうカンベンしてくれい!!」

 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter