ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

シャド研キャラ図鑑マニアック解説2

 
シャドルー格闘家研究所』。ストVのコマンドリストやキャラ使用率、ダイヤグラム等の情報を発信し、また開発資料などの貴重なお宝を公開しているカプコン公式サイトだ。その中でも大きなコンテンツになっているのが、キャラ図鑑である。紹介範囲はプレーヤーキャラはもとより、ストーリー上出てくるサブキャラクターや背景キャラまでに及び、2017年3月現在220を超える人物が紹介されている。
しかし紹介される人物はときに非常にマニアックで「誰!?」と思っている人も多いだろう。そこで今回もシャド研キャラ図鑑の中でもマニアックな人物にしぼり、出典解説をしていこう。

今回はストIIIに関連する人物である。



【黒澤 早雷】
サライ01
忍びの里に住むいぶきの友人。ある程度の忍術体術を使えるが、いぶきには及ばないようだ。木登りが得意。ストIIIからいぶきのエンディングに登場していたのでさほどマニアックなキャラではないが、実はいぶきの代わりにストIIIに出る予定であったことや、得意ゲームが1991年にカプコンが発売した『ワンダー3』収録の『ドンプル』という点がマニアック。ちなみにシャド研のお宝資料館でも書かれているが、額の鉢金(防具)が海外では理解されなかったのか、コミックではサングラスとして描かれている。シャド研の紹介ページはコチラ

サライ02
いぶきの準備稿。
当初、早雷が参戦する予定だったようだ。


ドンプル
うさぎのドン君、りすのプル君を操作して、ブロックを敵にぶつけろ!

鉢金
左がゲーム版、右がアメコミ版。
アメコミは他のカットでも明らかに透けており、ゴーグルかサングラスのよう。




【リーフェン】
リーフェン001
パンダとチョコレートが好きな女の子。意外なことにストVゼネラルストーリーにおいて、シャドルー黒い月計画のカギとなる人物だった。名前が判明したのはストVが初。とはいえ、ストIII3rdのオープニングや春麗のエンディングに登場していたのでさほどマニアックなキャラではないが、春麗のストーリーで髪をお団子にすることより19年越しの伏線回収をしたという点では非常にマニアックなキャラクターといえよう。詳しくは「リボンとおだんご」参照。シャド研の紹介ページはコチラ

金出せよ
INSERT COIN(訳:金出せよ)



【ジュリアン/デビッド/ウェイン】
CIA三人組01
アメリカの情報機関CIAの捜査官たち。超常現象、怪奇現象の調査にあたっている。オカルトに造詣の深いジュリアンとそれを信じないデビッドでよく口論になるらしい。上司のウェイン・ナカムラはそんなふたりを優しく見守っている。ストIII3rdのQのエンディングに登場していたのでさほどマニアックなキャラではないが、ジュリアンとデビッドのフルネームが判明したのはストVが初。上司のウェイン・ナカムラはストIII当時は「長官」とされ名前がなく、そもそも居たのかよ!というほど影が薄かった。シャド研での紹介ページはコチラコチラコチラ

CIA仲良し3人
ナカムラさん、ちゃんといた!



【角谷 拳一/ソムサック】
角谷01ソムサック01

竜胆館の新師範まことに挑戦するも、返り討ちにされた格闘家たち。角谷は空手家、ソムサックはムエタイ選手。ストIII3rdのまことのエンディングに登場していたのでさほどマニアックなキャラではないが、名前が判明したのはストVが初。角谷はどう見ても角●信朗氏にそっくりだが、角谷がお酒に弱いのに対し、角●氏はビールは“アイソトニック飲料”と呼び愛飲し、韓国でも店のマッコリがなくなるまで飲んだこともあるというが、酒での失敗はないという。シャド研の紹介ページはコチラコチラ

チェスト
ストIIIでまことに倒される角谷。

どっしゃー
そしてソムサック。
出番は一瞬だから見逃すな!




【パルック・ホーゲン】
パルック・ホーゲン01
元ボディビルダーのWWCA名物レスラー。見かけによらず、バンド経験があり歌やギターがうまい。ストVで初めて登場したと思われがちだが、実はストIIIでザンギエフと対戦しており、当時ゲーセンで配布されていた小冊子『ストIIIシークレットファイル』で確認できる。ザンギエフとの試合において、ダブルラリアットで場外に飛ばされたあと錯乱し大暴れ。しかし観客席にいたショーンのかかと落としで鎮められた。シャド研の紹介ページはコチラ

パルック・ホーゲン02
髪型が微妙に違う。
登場はこの記事のみのレアキャラだ!




【ジェラルド・ゴルビー】
ジェラルド001
バリートゥード・エターナルファイティングの準決勝でアレックスと対戦し、ショルダータックルでKOされた南アフリカの格闘家。キャラ図鑑には「あの彼です」と、さもみんな知ってるように紹介されているが、ご存知の方は少ないだろう。ストVで初めてその姿が公開されたが、実は前述のとおりストIIIでアレックスと対戦しており、パルック・ホーゲン同様、当時ゲーセンで配布されていた小冊子『ストIIIシークレットファイル』で確認できる。ただしホーゲンがイラスト付きであったのに対し、ジェラルド・ゴルビーは記事内に名前が語られただけの、本当にマニアックなキャラクターである。シャド研の紹介ページはコチラ

ジェラルド01
過去の出演はわずかこの文字だけ。

いかがだっただろうか。
全員知っていたら、キミはスト通だ!(IIIだけど)
 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter