ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

シャド研キャラ図鑑マニアック解説

 
シャドルー格闘家研究所』。ストVのコマンドリストやキャラ使用率、ダイヤグラム等の情報を発信し、また開発資料などの貴重なお宝を公開しているカプコン公式サイトだ。その中でも大きなコンテンツになっているのが、キャラ図鑑である。紹介範囲はプレーヤーキャラはもとより、ストーリー上出てくるサブキャラクターや背景キャラまでに及び、2017年3月現在220を超える人物が紹介されている。
しかし紹介される人物はときに非常にマニアックで「誰!?」と思っている人も多いだろう。そこでシャド研キャラ図鑑の中でもマニアックな人物にしぼり、出典解説をしていこう。



【ドン・ソバージュ】
ドンソバ02
フリーのリングアナウンサー。ストVではストーリーモードでザンギエフやアレックスの試合を盛り上げる。また、追加ステージ「High Roller Casino」の中央でも対戦者に声援を送っている。ストVで初めて聞く名前だが、ストII時代にもバイソンステージの同じ場所にそっくりな人物がおり、彼に名前がついたと思われる。シャド研の紹介ページはコチラ

ドンソバ02
水着の女の子にも名前ください!



【リック】
誰_リック01
ディージェイのマネージャー。ディージェイがミュージシャンとして売れる前からの友人であり、公私共に仲がよい。ストVで初めてその姿が公開されたが、実はスーパーストIIのディージェイのバックストーリーには名前だけ登場しており、月刊ゲーメスト平成6年2月増刊号で確認できる。見事に割れた腹筋だが、当時は小太りと書かれていた。シャド研の紹介ページはコチラ

誰_リック02
なぜやせたのかの考察はコチラ



【アロイオ・ホーク】
誰_アロイオ01
サンダーフット族であり、サンダー・ホークの父。ストVで初めてその姿が公開されたが、実はスーパーストIIのホークのバックストーリーには名前だけ登場しており、月刊ゲーメスト平成6年2月増刊号で確認できる。のちにストZERO3のベガの口から、その名を聞くこともできる。ホークにそっくりないかつい顔つきだが、当時は立派に蓄えられたヒゲが特徴と書かれていた。シャド研の紹介ページはコチラ

誰_アロイオ02
70過ぎには見えないし、ヒゲ伸ばす前?



【モニターサイボーグ】
誰_モニターサイボーグ01
シャドルーの開発したサイボーグ。世界各地に配置され、格闘家のデータを収集し、衛生経由でシャドルー基地に送っている。アニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』で初登場し、ケンやホーク、ダルシムや本田の闘いをモニターしていた。身体は金属がむき出しであるため、調査中は群集に紛れ込んでも怪しまれないように服が着せられている。シャド研キャラ図鑑のものはザンギエフのような顔をしているが、当時はサガットをベースにしたような顔立ちだった。シャド研での紹介ページはコチラ

誰_モニターサイボーグ02
モニターサイボーグには何タイプかいる?



【松田家】
松田家01
ストリートファイターIIIに登場したショーンの家族。松田流柔術の開祖・金治郎を筆頭に、父・雄一郎、母・ブレンダ、兄・ファビオ、そして姉のララと続く。ご存知のとおり、ララはストVのプレイアブルキャラクターとして登場した。ストVで新たに設定されたと思われがちだが、実はストIII時にすでにショーンの家族構成は決まっており、ゲーメストムックVol.81ストIIIファンブックで確認できる。(ただし兄姉の名前だけは決定していなかった。)ストVでララが発表された時、冗談で「ショーンの姉じゃない?」とツイッターでつぶやいたところ、本当に的中してしまい驚いた。シャド研での紹介ページはコチラ

松田家02
歳の離れた兄姉に可愛がられるショーン。



【ハンナ・アッカーソン】
誰_ハンナ03
キャミィの上司ウルフマン大佐の腹心であり、作戦管理と後方サポートを一手に引き受けるデルタレッドの要。人事にも力が及ぶらしく、怒らせると北海勤務から二度と戻ってこられないという。シャド研での紹介ページはコチラ

シャド研図鑑更新時にはストV初登場かと思い「新キャラか!?」とつぶやいてしまったが、フォロワーさんとストV中山ディレクターのつぶやきで「ストIVノベルに出ていた」と判明する。(ストリートファイターIVビギニング Prologue15)
過去どんなマニアックなキャラクターが出てきてもすぐさま出典を探し出していただけに、他の方に先を越されたこの一件はひどくショックであり、その後数ヶ月に渡って落ち込むことになる。

誰_ハンナ01
トラウマとなったハンナ中尉。

実は私はシャド研図鑑更新時「新キャラか?」と思いつつも、ハンナ中尉は中平正彦先生の『キャミィ外伝』に出ていた気がして、コミックスをめくっていたのである。残念ながらその作業途中にストIVノベルが出典であるとされ「そっちかあ!」と落ち込んだわけだが、あれから10ヶ月経って、やはり記憶違いでないことが判明した!

ハンナ中尉
いたぁ!!

ハンナ中尉はいた!記憶違いではなかったのだ。10ヶ月引きずったトラウマは消え去った!ストIVノベル(2009年)よりはるか前、漫画『キャミィ外伝』(1994年)にハンナ中尉は存在したのである。おそらくノベル執筆者は『キャミィ外伝』を元にハンナ中尉を小説に登場させたはずだ。しかしストVでキャラ図鑑を更新する際は、(漫画版ハンナ中尉を知らず)ノベルのみを参考にしたのではないだろうか。ふたりのハンナ中尉を見比べていただきたい。

誰_ハンナ03誰_ハンナ02
図鑑版(左)と漫画版(右)。

同一人物といえないほど顔が変わっている。これは小説版の元になった漫画版ハンナを知らずにイラストが起こされたとしか思えない。図鑑更新時、出典に漫画版が言及されなかったのも、そう考えるとうなずける。

…え?すっぴん(左)とお化粧(右)?
女性って怖ええええ!!

 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter