ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

1975年頃 旅客機墜落事件

 
1975年頃
旅客機墜落事件


多くの人の夢を乗せ、楽しい旅になるはずだったフライト。しかしその旅客機は目的地を目の前にしてジャングルへと墜落!夢の飛行は、一転大惨事へと変わってしまった…。表向きはエンジントラブルによる事故と報道されたが、実は事故ではなくシャドルーによる某国要人殺害の破壊工作だった。旅客機にはシャドルーに敵対する某国官僚が乗っていた。そこでシャドルーはエンジンに巧みな細工を施したのだ。墜落の事故調査員たちの目すら欺くような特殊な細工を……!

かくしてシャドルーの暗殺計画は成功した。しかし幸運にも、ただひとり幼い子供が生き残ったのだ。まさかその子供が地獄のようなジャングルを生き抜き大自然の王者になろうとは、誰が予想できたであろうか……。



検証:『旅客機墜落事件』は1975年頃!?

要人暗殺のためだけに、多くの一般犠牲を出した飛行機墜落事件。これはいったいいつの出来事だろうか?
この事故(事件)の唯一の生存者はご存知のとおりブランカである。ストリートファイターII’のブランカのエピソードによると、彼がこの飛行機に乗り、事故に遭ったのは10歳に満たない頃とされている。1966年生まれのブランカが10歳に満たない頃というと、この事件は1975年頃だと考えられる。

生存者
「お母さん!」 「ジミ~!」
体が黄色だろうが、電気を発しようが、体毛が青かろうが、
足の指が4本(?)だろうが、母には十数年ぶりの我が子がわかるのだ!
スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter