ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

ナッシュ、緑の皮膚の秘密

 
孤高の戦士、ナッシュ。
軍の腐敗を許せず、正義を貫いた男。彼はひとり悪に立ち向かい、裏切りの銃弾に倒れた。しかし彼は死んではいなかった。謎の女性へレンの助けを得、命を取り戻したのである。よみがえったナッシュは冷酷な復讐者として動きだす。

ナッシュ撃たれる
仲間に裏切られ、凶弾に倒れる。
もはや信じられるものなどない。


以上が『ストリートファイターV』における彼のバックストーリーだ。変わり果てた復讐者はベガのもとへ向かう。変わったといえば、単に冷徹になったばかりではない。彼の変化は内面だけでなく、外見からも明らかだ。右腕、右胸、そして顔の右半分がツギハギになっており、なんとも痛々しい。

緑色の皮膚
縫合部分の広さから大手術であったことが伺える。

さて、ここで気になるのがそのツギハギ部分の“色”だ。それは見るからに肌色ではなく…、緑色なのである。蘇生の際の手術跡だと思われるが、とてもヒトの肌を移植したとは思えない。これはいったいどういうことなのか。今回のコラムでは、ナッシュ蘇生の方法と、緑色の皮膚の謎に迫りたい。


初めてストVでナッシュを見たとき、その傷跡に驚いたファンも多いだろう。痛々しいツギハギは、まるで手塚治虫の『ブラック・ジャック』である。ブラック・ジャックのツギハギもまた、事故で生死をさまよい、大手術を経て生還した傷痕である。彼のツギハギは混血児の友人タカシのものであり、アニメや実写ドラマでは濃い茶色で表されるが、原作漫画では“青”である。こんな色の人間がいるはずはないのだが、これは同作が医療漫画というよりホラーやオカルト色の強い作品であるがための、不気味さの演出ではないかと言われている。

BJ
ツギハギ部分が青いブラック・ジャック。
黒いコートと合わせて不気味である。


ナッシュのありえない肌の色も、死の世界から舞い戻ったこという不気味さの演出かもしれない。しかし私が知りたいのは、そんな大人の事情ではない。納得のいく理由がほしいのだ。ナッシュの肌が緑色になった、納得いく理由が―。

気を取り直して、ナッシュ復活の詳細を調べてみよう。ゼネラルストーリーの冒頭、ナッシュが長い眠りから目を覚ますと、ヘレンが彼の目覚めを喜んでくれる。彼女が言うには「全身の骨が折れてとてもひどい状態だった」らしい。よくぞそんな状態から息を吹き返したものだ。ゼネラルストーリーではその詳細は語られないが、追加キャラのユリアンが配信されると、その謎が解けるのだ。ヘレンはナッシュの肉体の回復のため、ユリアンに「イレヴンの素体の提供」を嘆願するのである。

イレヴンちょうだい
頭を下げ、イレヴンの素体を求めるヘレン。
ナッシュをよみがえらせる秘策である。


―イレヴン!?
イレヴンとは、ユリアンとドクター呉によって生み出された人工生体兵器である。コピー能力を有し、特定の人物に変身することができる。過去のストシリーズに登場したことはないが、ストVウェブサイト内『シャドルー格闘家研究所』のキャラ図鑑で紹介されている。ユリアンはこの能力を世界征服のための戦力と考えているが、ヘレンはナッシュの身体の欠損部分を補うことに利用したのである。

イレヴンて誰?
トゥエルヴの前の型である生体兵器。
コラム「トゥエルヴの数え方」も参照。


なるほど、ナッシュの蘇生にはギルの組織の超常的な力が介入していたのだ。復活も納得である。しかしその部分が緑色である謎が解けたわけではない。なにせイレヴンは真っ白なのである。イレヴンと緑色を結びつけるものがない。これ以上の考察は不可能か…。そう思ってシャド研キャラ図鑑のイレヴンの解説を読み返してみると…。

とある秘密結社が作っていると噂される生命体。
動物でなく植物を改良して生み出された。


植物だって!?
なんとイレヴンは植物から生み出されていた。ということはイレヴンの製造技術を使い、肉体を修復したナッシュもまた、植物が組み込まれたことになる。
皆さんは取り込んだものの色素が体の色に影響を与える事例をご存知だろうか。生まれたては灰色のフラミンゴは、エサとなるプランクトンから赤い色素を取り込み、あの鮮やかな色になる。通常赤い甲殻のザリガニは、サバやアジの身ばかりをエサとして取り込むと、青白い姿となる。

ナッシュツギハギ
…と、いうことは!

植物といえばGreen(グリーン)、グリーンといえば“緑”である。植物が緑たるゆえんは、緑の色素クロロフィル(葉緑素)であるが、植物ベースで欠損部分を補ったナッシュの身体がその影響を受けてもおかしくはない。そう、ナッシュのツギハギが緑色なのは、植物ベースの肉体修復技術によるものだったのだ!

イレヴンがキャラ図鑑で紹介されたのは、ユリアン配信の2ヶ月も前。そのときも「植物から製造された」という意外な設定が引っかかっていたのだが、まさかこんな部分でつながることになろうとは!
緑の皮膚の人間などいないとは思っていたが、ちゃんと考察すれば回答が見えてくるよう、カプコンはヒントを用意してくれていたのだ。
カプコン伏線恐るべし!!













みどり
 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter