ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

ディージェイ

 
ディージェイ01

名前:ディージェイ
誕生日:1965年10月31日
代表国:ジャマイカ
身長:184cm
体重:92kg
血液型:AB型
3サイズ:B130/W89/H94
格闘スタイル:キックボクシング
好きなもの:叫ぶ、踊る、唄う
嫌いなもの:静寂
特技:ダンス、作曲、バンブーダンス

ストーリー

“南国の彗星”とうたわれるキックボクサー。白い歯を輝かせ、笑顔を絶やさない。楽しくハマれる闘いを求め、軽いノリで世界へ飛び出す。得意の歌とダンスはジャマイカミュージックのプロデューサー・ボブの目に留まり、ラテンの音楽スターを目指す。(ストZERO3)

デビューからたった一年で、出す曲出す曲ミリオンセラーという超売れっ子ミュージシャンになったディージェイ。しかしディージェイ本人は自分の音楽に納得できずにいた。そんな中、キックボクシングの「攻撃のリズム」に新たなヒントを見出し、自身の音楽を完成させるためにストリートファイトに挑む。(スパII)

音楽バー・レモニーは、ディージェイ行き着けの店。店にはキックボクサーとしてディージェイに挑戦しにくる者や、問題を起こす者が度々訪れたが、ディージェイは彼らを軽く叩きのめしていた。チンピラ相手に物足りなさを感じていたディージェイだが、世界格闘大会の知らせにHOTな闘いを求めて旅立つ。(スパIV)

レモニーの用心棒
褐色の肌に宿るふたつの才能。
音楽家としても格闘家としても一流だ。


“MAXMUM”

ディージェイのスタイルでひときわ目を引くのがズボンに大きく描かれた“MAXMUM”の文字。みなさんはなぜこの文字が描かれているのかご存知だろうか。実はディージェイがデザインされた当初、彼は“ROCKMAN(ロックマン)”というズボンをはいていた。しかし製品版では“MAXIMUM”に描き換わっている。いったいなぜか?今でこそキャラクターは3Dで描かれるが『スーパーストリートファイターII』ではドット絵で表現されていた。ふたりのキャラクターが向き合う対戦格闘ゲームにおいて、左右どちら向きでも文字が反転しないよう、考えられた単語だったのだ。

反転防止
右を向いても左を向いても「MAXIMUM」。
両対応するよう考えられている。


しかしそれはあくまでも技術面の話。ストーリー的にもちゃんとした理由があるのだ。何を隠そう『MAXIMUM(マキシマム)』というのは、ディージェイの大ヒットナンバーなのである。彼は自身の代表曲をズボンにあしらっているのだ。芸人が自らのギャグをTシャツにして着ていることがあるが、それと一緒なのである。

すんのかいせんのかい
要するにこういうことである。

友人リック

サルサ・バンドが軽快な音楽を奏でる店“レモニー”。音楽と酒の好きな者たちの集いの場だ。ディージェイはそこでリックという男と知り合う。意気投合したふたりはそれ以来親友となり、ディージェイが音楽家としてデビューしてからは、リックがマネージャーを務めている。しかし自由奔放なディージェイのスケジュール管理には手を焼いているようだ。
長年ディージェイのバックストーリー内だけの人物だったが、登場から23年経ってシャドルー格闘家研究所でその姿が紹介された。

【リック】
リック
好きな物:音楽 派手な鳥
嫌いな物:お酒(弱い)
詳しくはシャド研で!


頭の上のオウムの雛が特徴的。実は彼はスパII時、オウムをペットとして飼っていたという設定があったのだ。名前はベラマッチャ。ディージェイとも仲がよいらしい。ディージェイのステージでもあったレモニーの左側にオウムがいたことを覚えているだろうか。おそらくあれがベラマッチャだろう。いつの間にか雛が生まれていたとは…。

ベラマッチョ02
オウムがいるのに気がついてた?
勝敗が決まると飛び立つぞ。

ベラマッチョ01
リックの飼いオウム、ベラマッチャ。
ここ覚えておこう、試験に出るぞ。


しかしリックの姿には違和感を覚える。陽気な笑顔、179cmの高身長に引き締まった身体、割れた腹筋…。カッコいいのだが、なにかが違う。かつてディージェイのストーリーに出てきた彼は、ディージェイに振り回されて冷や汗をかく、小太りにアロハシャツの男だったのだ。自信に満ち溢れた表情と鍛え抜かれた身体は一体どういうことなのか。

これはどうやらディージェイの音楽活動に関係するらしい。シャド研の説明によると、リックはジャンベ(足にはさんで叩く太鼓)の奏者であり、ディージェイのワールドツアーにも同行し世界を飛び回っているそうだ。ディージェイと一緒にステージにも上がるのだろう。マネージャー業の傍ら、ジャンベの練習も死に物ぐるいで行い、その過酷さは「血尿が出るほど」と語られている。かつての小太りの男はもういない。見事なボディはディージェイの相棒としての努力の賜物だったのである。(か、過去の設定を忘れていたわけではないぞ!!

ディージェイの意外なファン

ストリートファイターの世界は登場人物が複雑にからみあい、深い人間模様を描き出している。作品ごとに人物相関図が公開され、キャラクター間の関係が語られる。そんな中、ディージェイは音楽活動の充実のために闘うのみで、他キャラとのからみは驚くほど少ない。人物相関図でも端のほうにちょこんと載るだけだ。ここでもう一度『スパIV』の人物相関図を見ていただきたい。「カプコン公認」として、ファミ通.COM内で公開されている。

相関図キャミィ
「友人がファン」?

ディージェイとキャミィを結ぶ線にご注目。キャミィからディージェイへ「友人がファン」というのが見て取れる。これまでディージェイとキャミィなんてなんのからみもなかったのに、突然なにごとだろうか。キャミィの勝利セリフでも「友達にお前のファンがいるんだ。あとでサインをくれないか?」とサインをねだる一幕まである。別におかしいことじゃないよね、ディージェイは世界的なミュージシャンだし…と、お思いかもしれないが、これにはある元ネタがあったのだ。

それは小学館『スーパーストリートファイターII キャミィ外伝』(作:中平正彦)である。ウルフマン大佐の部隊へ正式入隊するいきさつや、リゾート地で開かれる格闘大会に潜入し裏に潜む犯罪組織を調査するキャミィの活躍が描かれる。本作のエピソード内で、キャミィはウルフマン大佐への誕生日プレゼントとしてコーヒーカップを贈ろうとする。しかし人気のカップのためなかなか手に入らず、友人ルークのつてを頼るのだ。この友人がカップと引き換えに要求してきたのが、ディージェイのライブテープだった。スパIVにこっそり出てきた“ディージェイ好きのキャミィの友人”というのはこのルークが元ネタと見て間違いない!
またマニアックなところから持ってきたなあカプコン!!


ルーク01
ディージェイの大ファンだというルーク。
ライブのテープを手に入れホクホクだ。

カセットテープ
このカセットテープを作成するため、ライブを盗聴・録音したキャミィ。
「NO MORE ライブ泥棒」!!


コミックに出てきたディージェイのカセットテープを覚えていた人、気づく人だけ楽しんでね、的なお遊びだろう。カプコンめ、粋なことをしやがる。

えっ?「“かせっとてーぷ”ってなんですか?」って??
お父さんお母さんに聞いてきなさいッ!!!

 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter