ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

いぶき、驚異の胸囲

 
恋多きくのいち、いぶき。すてきな男性との出会いを願い、今日も過酷な任務をこなす。
いぶきは『ストリートファイターIII』で初登場したキャラクターだ。その後続編のストIVシリーズでも『スパIV』からの参戦となるのだが、このとき、一部でいぶきの“あるもの”が話題となったのをご存知だろうか。

…それはいぶきの“胸”である。

いぶき胸03
いやでも目の行く大きな胸。

でかい!
もう忍び装束がはちきれんばかりでる。それもそのはず、公式サイトのデータで、バストは95センチであることが判明した。この数値は春麗の88を大きく上回り、ローズの96にわずか1センチと迫るものだ。まさに驚異の胸囲である。

不服な春麗さん
「私より大きいですって…?」
あからさまに不機嫌な春麗さん。


しかしいぶきの胸は『ストIII』のとき、こんなに大きかっただろうか?実は『ストIII』のキャラクターは、基本的に『ストII』や『ストZERO』にあった、誕生日や3サイズなどのプロフィールが公開されていない。そのため具体的な数値を比較することはできないのだが、当時のイラストを見てもそこまで胸は強調されていない。実際にご覧いただこう。

いぶき胸02
キャラセレクト絵。

いぶき胸04
販促全身絵より。

いぶき胸01
こちらはストIII3rd。


このように『ストIII』のいぶきの胸はそんなに大きくなかったのだ。その裏づけとして、新声社ゲーメストムック『ストIIIファンブック』をご覧いただこう。「カプコンオフィシャル回答!強いヤツらの秘密を知ろう」というコーナーで、読者から届いた質問をメインに開発スタッフがキャラクターの秘密を公開している。ユン・ヤンの生い立ちやショーンの家族構成、ネクロがギルの組織と接触した詳細など、他では知りえないお宝情報が満載だ。それによると、いぶきは身長157センチ、3サイズは82/57/82となっている。そう、ストIII当時、いぶきの胸は82センチだったのだ。

これを聞いて「へえ、82から95になったの?大きくなったじゃん。」とお思いかもしれないが、問題は『ストIII』と『ストIV』の劇中の時代設定である。当ブログ内の『ストリートファイター年表』をご確認いただきたい。『ストIV』は『ストIII』よりも“前”の物語なのだ。これではいぶきの胸は、成長するどころか、大幅にしぼんだことになる。

これは明らかにおかしい。このいぶきの胸問題は、一部の設定マニアの間で大きな話題となった。騒動はカプコンの耳にも届き、電撃オンラインのスパIV記事では小野プロデューサーがこの件について回答することになる。

電撃:いぶきのプロフィールが発表された時に「胸が大きくなってる!」とユーザーの間で話題になりましたが……。
小野P:その件なんですが、『III』にはもともといぶきのスリーサイズのオフィシャルデータがないんですよ。今出回っているデータはアンオフィシャルなもので、カプコンの公式資料の中にはなかったんです。(中略) 『III』のディレクターにも確認したので間違いないです。僕らもあの騒ぎを見て驚いたぐらいです。あの設定がどこから出回ったのかはわかりませんが、当時は監修していないムックなどもあったので、そのあたりかもしれないですね。


つまり小野Pの言い分は「そのデータは正式のものではない」というもの。しかしムックには「カプコンオフィシャル」と明記されており、ストIVスタッフがストIIIの設定データを見逃したのは間違いない。先にも述べたとおり、一般的な出版物にキャラクターのプロフィールはなく、ストIVスタッフが「ストIIIにいぶきの3サイズは設定されていなかった」と思い込んだのもしかたない。これが設定の重複を生んでしまった。

しかしストIIIのディレクターさえ把握できていなかったとなると、本当にムックのインタビューはスタッフによるものなのかと疑いたくなる。当該記事には回答したカプコンスタッフの名前が書かれていないのだ。まさかゲーメストライターがカプコンスタッフと偽り、好き勝手に書いたのではないか。いや、まさかね…。しかし読み込んでみると、あることに気づかされる。ゲーメストムックのスーパーアーツセレクトについての部分を見てみよう。カプコンスタッフによるとされる回答はこうだ。

Q:なぜスーパーアーツがひとつしか選べなくなったんですか?
A:スーパーアーツは『if(もしも)』の世界を表すものとして発想、設定されました。


続いて、このインタビューから20年後。カプコンウェブサイト『シャドルー格闘家研究所』活動報告書の中から「ROUND 4:貞本友思さん 中編」をお読みいただこう。これは『ストIII』プロデューサー貞本友思氏のインタビュー記事だ。

Q:スーパーアーツセレクトは、どういった意図で作られたのでしょうか?
A:ええとね、(中略) IFの世界を表現したい、というのがあったんだよ。


スーパーアーツセレクトのきっかけを説明するにあたり、両者とも「IFの世界」という表現を使っている!こんな偶然があるだろうか。このふたつの回答者は同一人物と見るのが自然だろう。小野Pが「それどこ情報?オフィシャルじゃないんでしょ?」と指摘したゲーメストムックのスタッフ回答は、記名されていないものの『ストIII』の指揮を執った最高責任者・貞本プロデューサーによるものと見て間違いない!!いぶきの胸は本当に82だったのだ。

貞本P
ひかえよ!
貞本Pのお言葉であるぞ!!


やっちまった…。『ストIV』は『ストIII』の設定を把握しきれておらず、いぶきを巨乳にしてしまったのだ。たしかにゲーメストムックの情報はマニアックなファンしか掴んでいなかった。そのうえ、当時のプレーヤーは耳にしたことがあるかもしれないが、ストIII稼動当時から「いぶきは隠れ巨乳なんじゃない?」なんてウワサもあったのだ。冒頭で紹介したいぶきのイラストは、特別胸が強調されたものではないが、ひとつだけあったのだ、とびきりデカいのが…!

たわわ
たわわっ!

そう!いぶきの敗戦画面である。いぶきの他のイラストはいずれも胸が大きくないものの、ゲーム内で一番目にするいぶきのカットがそれはもう大きくたわわに実っていた!当時のプレーヤーが「いぶきは隠れ巨乳では?」とウワサしたのは、この一枚に起因するものと思っている。のちにいぶきを巨乳と設定したストIVスタッフもこのあたりの事情を汲んだのではないだろうか。

たしかにあの敗戦画面の胸を見せつけられれば大きく設定してしまうのもしかたない。しかしストIVチームとして過去の設定を「アンオフィシャル」で済ますのは問題だ。差し出がましいが、このときカプコンには意見書を送らせていただいた。その中に小野Pも把握できていなかったバスト82の出どころも書かせていただいた。残念ながら一度世に出た巨乳いぶきの数値は修正されなかったが、のちに『ウルトラストIV』で追加されたエレナの3サイズは、このムックのデータと同じものとなった。一時はアンオフィシャルとされた貞本Pの設定はストIVスタッフの目に留まり、ふたたび活きたのである。

エレナの3サイズ
左は当時のムック。右はウルIV。
偶然の一致ではあるまい、意見書も無駄ではなかった。


『ウルIV』といえば、世間の騒動がすっかり収まったころ、週刊ファミ通がこの話題を掘り起こしている。ウルIV記事内で「『スパIV』デビューの時のいぶき“豊胸”の疑惑があった!?」というコラムが掲載されたのだ。(※)
綾野APが「いぶきのバスト設定は正しい」とあくまでもミスを認めない発言をしているので紹介したい。
※原文では“豊満”となっているが“豊胸”の誤字と思われる。

ファミ通での釈明

綾野氏の言い分はこうだ。まずストIIIのドット絵を(胸部、胴部の比率)そのまま3Dポリゴンに起こす。そしてそのポリゴンモデルの身体サイズを採寸する、というもの。

ドット絵比較
ストIIIのドット絵を忠実に3D化したという。

なるほど。いい意味でカッコよくウソが描けるドット絵と違い、3Dポリゴンはプロポーションにウソがない。キャラクターに設定されている身体サイズに沿ったモデリングが出来るというわけだ。いぶきらはその逆でモデリング後採寸しており、それがバスト95の根拠だという。うむ、なるほど、それなら納得…できるかーーい!!

こちらをご覧いただこう。エレナとさくらの比較画像におのおの身長を書き加えたものである。

身長差
合ってる?ねえ合ってる?

ふたりの身長設定と実際のモデリングの差を見てみても、到底合っているとは思えない。3Dモデルだから設定どおりの身体サイズというのはウソである。いぶきの胸のサイズの算出も怪しいといわざるを得ない。

しかしそんな綾野氏の言葉はもういいのだ。事は前後するが、実は私はいぶきの胸問題の真相をすでに掴んでいる。巨乳化に納得のいかなかった私は、小野Pからダイレクトに真実を聞き出すことに成功していたのだ。2010年4月4日、ベルサール秋葉原で行われたカプコン公式大会『闘志追撃 拳をかけろ! ストリートファイターIV全国大会』でのことである。大会中、いぶきの胸問題を小野義徳プロデューサーに直撃した。※直接会場に行くことがかなわなかったため、有志による代行である。

Q:いぶきの胸がストIVの95センチからストIIIの82センチへと小さくなったのはなぜですか?
小野P:ああそれは運動のしすぎです。


運動のしすぎ

そうだったのだ。過酷な修行と多忙な任務で世界を飛び回る忍者たち。そのエネルギー消費量はハンパないであろう。豊かな肉付きなどありえない。一時は大きく成長したいぶきの胸も、忍者であるがためにしぼんでしまったのだ。これが真相だったのである。

いぶき修行02
毎日つらく厳しい修行の日々…

かすみちゃん
ぷりんっ。

いぶき修行01
いぶきの身体は忍びの里で洗練されていく…。

タキちゃん
ぽろんっ。

いぶき修行03
当然、くのいちが巨乳であるはずがないのだ。

舞ちゃん
たゆんっ。

ねえ、ちょっと!!
外野は引っ込んでてもらえますか!?

 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter