ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

豪鬼

 
豪鬼

名前:豪鬼
誕生日:不明(スパIIX時48歳くらいとされる)
代表国:日本
身長:178cm
体重:80kg(ストII、ZERO、IVシリーズ) 90kg(ストV)
血液型:不明
3サイズ:B118/W84/H86
格闘スタイル:殺意の波動
好きなもの:不明
嫌いなもの:不明
特技:不明

ストーリー


リュウとケンの師・剛拳の実弟であり、剛拳とともに殺人拳を伝承する轟鉄に師事していた男。轟鉄の殺人拳の源となるものは“殺意の波動”という力。剛拳がそれを格闘技として昇華したのに対し、豪鬼は強さのみを求め、師を殺害することで殺意の波動を完全に身につけた。自らを「拳を極めし者」と名乗る。

豪鬼_背中

リュウとケンと同門であり、まだリュウが幼い頃は一緒に轟鉄のもとで修行をしていた。しかし轟鉄を瞬獄殺で殺めたのち、その場から姿を消す。のちに実兄・剛拳をも倒し、リュウからは「剛拳師匠の敵(かたき)」と恨まれている。同じく暗殺拳を極めている暗殺家の元とは「死合うにふさわしい」とお互いを認めている。(ストZEROシリーズ)

死合うにふさわしい相手を求め彷徨い、シャドルーが開催した世界格闘選手権の決勝の舞台に突如乱入する。(スパIIXI)

とある洞穴内で感じた殺意の波動。リュウが殺意の波動に目覚めようとしているのか。豪鬼はリュウの内に眠る力を解放するため、リュウを探しに旅立つ。(ストIVシリーズ)

長きに渡った暗殺家・元との闘いに決着をつけた豪鬼。その豪鬼のもとに、強き魂を食らわんとするネカリが襲いかかる。一度はネカリの腹に飲み込まれたものの中からそれをうち破り、豪鬼はリュウのもとに向かう。(ストV)

いただきます
まるのみっ!
「ごちそうさ…

ごちそうさま
…ま゙ッッ!!!」


オーストラリアのエアーズロックや難破船の沈む深海など、世界各地で人間離れした修行をする姿が目撃される。殺意の波動を拒絶し「殺意の波動を超えてみせる」というリュウと真の決着をつけるべく姿を現す。(ストIIIシリーズ)

豪鬼の生い立ち

特に海外で人気の高い豪鬼であるが、その魅力は仏像のような造詣のエキゾチックさと、素性の知れないミステリアスさであると推察されている。初登場時は本当に何者であるか知れず「リュウのオヤジでは?」などと話題になった。のちにリュウとケンの師匠の弟であると明かされたが、詳しい生い立ちは不明のままであった。
しかし2013年、UDON社によるアメコミで、豪鬼のそのミステリアスな部分が明け透けになってしまった。あくまでもアメコミ設定なので公式とは言えないが、とても興味深い内容であるので見てみることにしよう。

豪鬼家族
日本のとある山の中。
兄と父・牛鬼、母とともに慎ましやかに暮らしていた。

山賊
そこへ山賊が現れる。
家族の幸せは一夜で潰える。

放火
父は家族を逃がし盾となるも、殺されてしまう。
豪鬼の生家は火を放たれた。

轟鉄に拾われる
逃走の末、山へ迷い込み怪我した豪鬼。
彼を救ったのは、暗殺拳の伝承者・轟鉄。

青年豪鬼
轟鉄のもとで修行を積んだ豪鬼。
青年になった豪鬼は大きな力を身につけた。

山賊仕返し
長い時を経て、山賊を見つけ出す。
山賊を惨殺し、あの日の恨みを晴らす。

師弟対決
道場に戻った豪鬼は、師に牙を剥く。
殺意の波動を極めんがため、だ。

師殺し
激闘を制したのは豪鬼だった。
その後、豪鬼はいずこかへ消えた。


“鬼”のような圧倒的な強さを追求する豪鬼の根源は、幼いときの凄惨な事件が根幹となっているのかもしれない。上では紹介していないが、青年となった豪鬼はいったん轟鉄のもとを離れ世界の闇格闘界に身を置き、その間に入れ違いで剛拳が轟鉄に入門している。ストIVで描写される師弟の関係(ふたりが轟鉄に師事するタイミング等)とは多少差異があるため、完全に公式というわけではない。

それにしても豪鬼の生家、金目のものがあったのだろうか。

受け継がれる必殺技

豪鬼の必殺技でおもしろいのは、前作での演出で使用したものが、続編で実際に使用可能になる場合があることだ。有名なものでは『スーパーストリートファイターIIX』でベガを倒した技が挙げられるだろう。挑戦者と向かい合うベガにスーッと近寄る影。画面が暗転し瞬く間に撃ち込まれる無数の打撃。そう、瞬獄殺である。初登場時点ではあくまでも登場演出だったのだが、これが『ストリートファイターZERO』で使用できるようになったのだ。

【瞬獄殺】
瞬獄殺01
『スパIIX』ベガが一瞬で倒された衝撃。

瞬獄殺02
それが『ストZERO』で自由に使用できるようになった!


以下、このような必殺技追加が慣例となる。

【金剛國裂斬】
金剛國裂斬01
『ストIII2nd』のエンディングにて。
撃ち込まれた拳はエアーズロックを真っ二つにした。

金剛國裂斬02
『ストIII3rd』で実装された。
地下鉄の床はびくともしない。


【天衝海轢刃】
天衝海轢刃01
『ストIII3rd』のエンディングにて。
深海の沈没船を蹴り上げ粉々にした。

天衝海轢刃02
『スパIV』で実装された。
関節どうなってるのか、下半身だけ回る。


【赤鴉空裂破】
赤鴉空裂破01
『スパIV』のエンディングにて。
周囲の大木をなぎ倒した。

赤鴉空裂破02
『ストV』で実装された。
すすきが揺れる。


なんか実装されるたび弱くなってないかって?
…シーーッ!!!

黒い胴着の秘密

豪鬼といえば、大きな数珠、赤い髪、そして黒い胴着である。殺意の波動を「人ならざる力」と否定するリュウが白い胴着なのと対をなすがのごとく、殺意の波動をまとう豪鬼の胴着は真っ黒なのである。波動の力と殺意の波動は表裏一体、リュウと豪鬼の関係、殺意の波動が持つ“闇”をよく表わしたものといえよう。しかしこの豪鬼の胴着、みな黒と思い込んでいたのだが、近年になって衝撃の事実があきらかになった。村田雄介氏がイラストを手がけたことで大きな話題となった小説、PHP『ストリートファイター ザ・ノベル -俺より強いやつは何処にいる-』を見ていただきたい。

PHP小説
村田氏の表紙もすばらしい。

リュウと豪鬼の激突が書かれた13ページを開いていただこう。

“豪鬼のそれ(胴着)は深い黒色。(略)染められたものでないのは一目瞭然(略)。赤黒い斑(まだら)といった方が正しい。もともと白かった胴着が闇に染まったのだろう。”

白豪鬼
もともと胴着は白かった。

うそっ!もともと白かったって!?この黒は汚れだったのか!!それどころかこの胴着、臭いもする(血生臭い)とも書かれている。きっと洗濯していないのだろう。

仁王像
仁王像のようなコスも持っているが…

なんか臭うぞう!!
 
スポンサーサイト
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter