ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

ジュリ ツイッターアイコン集

 

スポンサーサイト
 

キャラ図鑑800:シェンロン

 

キャラ図鑑800:シェンロン

キャラ図鑑800:シェンロン

お疲れ様です。キャラ図鑑ですッ!
今回はあのマスター・シェンロンです。
リュウとの関係は...!
格闘の道を極め、生きる伝説と化した彼。
その姿を見たものは恐ろしい不幸に見舞われるとか。

身長:185cm
体重:70kg
血液型:不明
誕生日:4月1日
出身国:不明
好きな物:今日
嫌いな物:改造基盤

波動拳を片手で撃ち、
空中でも昇龍拳を放つ、真の格闘家。
引き分けの試合を続けていると
スッと現れるという謎の存在だ!

必殺技は
波動拳・昇龍拳・竜巻旋風脚の他
地獄巴投げ(相手を一撃で倒す投げ技)
連弧院(何度でも蘇る)
堕伊般(相手を怒らせる)
などがある!
中でもクリティカルアーツの
零印棒(急にキャラが変わったりする)は
たったの3段でこれだけの威力!
ガードさせれば反撃はうけない!
反撃を受けたりする。

ではまた次回ッ!
この記事は4月2日の16時ぐらいで消えるらしいぞ!
 

管理人覚え書き その7

 
ツイッター小ネタメモ










































































































































































 

 
李01

名前:李
誕生日:3月3日
代表国:香港
身長:178.8cm(I)、167cm(V)
体重:96kg(I)、92kg(V)
血液型:O型
3サイズ:不明
格闘スタイル:八極拳・酔拳
好きなもの:いい不動産、小龍包
嫌いなもの:虫歯
特技:不明

ストーリー

青い胴着に長い髪を結った、中国の拳法家。真の格闘家と認めた者としか戦わない。万里の長城にてリュウの前に立ちふさがる。(ストI)
ストIIIから登場するユンとヤンの親戚である。

絶招歩法_李
ストIでは名称が明らかにされていないが、絶招歩法と思われる技もあるぞ。

世田谷ストリートファイト大会

登場キャラクターとしては初代『ストリートファイター』のみとなる李。そのため決して知名度が高いとはいえないが、漫画『さくらがんばる!』に登場したことはみなさんの記憶にも残っているだろう。さくらに敗北した神月かりんが自らの雪辱を晴らすために用意した舞台。それが世田谷ストリートファイト大会である。かりんはさくらにリベンジするだけでは足りないと考え、各地から猛者を集めてストリートファイトの大会を開催したのだ。その参加者のひとりが李である。

世田谷大会02
さくらを前にして手を抜く様子はない。
やはりその実力を見抜いていたのか。


世田谷大会01
さくらと対戦する李。
得意の拳法で翻弄する。


それまでチンピラ程度の相手としか戦ったことのなかったさくらが、初めて手合わせした“格闘家”である。李はさくらの攻撃をからめとるようにいなし、至近距離からスピードのある技で急所を攻めていく。しかし戦いの中でも急成長していくさくらの咲桜拳の前に倒れた。
ストIキャラの珍しい参戦は作者の中平正彦氏のファンサービスだと思われるが、なぜ香港生まれの李が世田谷にいたのかはまったくの謎である。

ユン・ヤンとの関係

前述のとおり、李はユンとヤンの親戚である。『シャドルー格闘家研究所』では「親戚」のみの表記だが、『ストリートファイター15周年最強読本』や『ストリートファイターぴあ』などでは、より詳しく“叔父”とされている。

シャド研では、ストV時点で格闘家をなかば引退しているとされ、本業は不動産屋になっている様子。物件の内装の補修は、身内であるユンとヤンをアルバイトとして雇っているようだ。このことからふたりとは少なからず親交があることがうかがえる。

酔いどれ不動産
格闘の道は、なかば引退。
歳には勝てない…か?


また、シャド研では李が空中から奇襲する技・雷撃蹴を編み出した人物であると語られている。ユンとヤンもこの技を使用することから、ふたりの師匠ではないかと考えてしまいそう。実際、ムック『ストリートファイターぴあ』にはこう書かれている。

祖父?叔父?
李の紹介文。

「彼らに格闘技を教えたのが、このリーだろう」

しかし、この本を数ページめくると…

叔父?祖父?
ユンの紹介文。

「彼らの使う拳法は祖父から叩き込まれた」

はい、自ら推測を立て、自ら否定していくスタイル。ユンとヤンは両親と生き別れたあと、菜館(料理店)を経営する祖父に育てられている。闘い方を指導したのも、ストIの李ではなく、この祖父のようだ。この菜館で一時働いていた春麗が別れの際「李大人(リー・ターレン)に挨拶にね」と言うのも、紛らわしいが、叔父の李ではなく、祖父のことを指しているのだろう。

李に挨拶
菜館を去る春麗。
「大人(ターレン)」は目上の人への敬称である。


真の格闘家

ストリートファイターII以降、リュウの目標は一貫して「真の格闘家」を目指すというものだ。漫画『RYU FINAL』では、リュウは豪鬼を「真の格闘家」と表現している。このように『ストリートファイター』という作品において、リュウや豪鬼に関連する“真の格闘家”というワードは非常に重要なものだ。しかしこの言葉はリュウや豪鬼より先に、李の信念“真の格闘家と認めた者としか闘わない”として登場している。彼もまた拳の道に真に向き合う格闘家だったのだ。

李へんなキック
真の格闘家としか闘わない。
それにしても体が硬そうなキック。


しかしそんな李だが、UDON社のアメコミで描かれた若き日の姿は、「真の格闘家」を目指すものとは程遠いものだった。いったいなにがあったのか。若き日の李の様子とは…。(アメコミは独自設定を含み、公式設定ではないことは留意されたい。)

若き日の李02

とある地下格闘場。李はそこで賭け試合に出場していた。

若き日の李03

圧勝…かと思いきや、モヒカン男にあっやりやられてしまう。

若き日の李04

しかし負け試合は八百長だった。李は格闘場の仕切り屋と結託し相場を操ることで、裏で大金を手にしていたのだ。拳法をこんな卑怯な金儲けの手段に使うなどと、ストIの李からは考えられない。
しかし裏路地での金の受け取りのあと、李に声をかけてくる者がいた…。

豪鬼だ!
若き日の豪鬼。まだ青年であるが、師・轟鉄の教えで実力は十分だ。実は李の賭け試合を間近で観戦していた(中央のフードの男!)のだ。豪鬼ほどの実力者になれば、李の戦闘能力を見抜いていたのだろう。負けは八百長であることに気づき、李の真の力を試すべく、待ち伏せていたのである。

若き日の李05

豪鬼の蹴りを難なく防ぐ。やはり李は先ほどの試合で実力を出してはいなかった。

若き日の李01

続いて拳も受け止める。李も豪鬼の力を理解し、本気で臨む。

若き日の李07

反撃に転じる李。懇親の拳が豪鬼の顔面にヒットした!果たしてふたりの勝敗のゆくえは……?






若き日の李06
うわああああああ!!!!!

やっぱりダメー!!
李は豪鬼に完全に叩きのめされてしまった。このエピソードでは李はこのあとまったく登場しない。しかし彼が「真の格闘家との真剣勝負」にこだわるようになったのは、この豪鬼との一戦があったからだと思えてしかたがない。そう、真の格闘家、豪鬼との一戦が…。
李にとっては大きな敗北であったが、真摯に拳の道に向き合うきっかけとなったのであれば、李は豪鬼に対し感謝しているのかもしれない。

ありがとアル
ありがとアル!

一文なし
フン!(あの時、おヌシに賭けたせいで無一文じゃボケェ!!)
 
 

シャド研キャラ図鑑マニアック解説

 
シャドルー格闘家研究所』。ストVのコマンドリストやキャラ使用率、ダイヤグラム等の情報を発信し、また開発資料などの貴重なお宝を公開しているカプコン公式サイトだ。その中でも大きなコンテンツになっているのが、キャラ図鑑である。紹介範囲はプレーヤーキャラはもとより、ストーリー上出てくるサブキャラクターや背景キャラまでに及び、2017年3月現在220を超える人物が紹介されている。
しかし紹介される人物はときに非常にマニアックで「誰!?」と思っている人も多いだろう。そこでシャド研キャラ図鑑の中でもマニアックな人物にしぼり、出典解説をしていこう。



【ドン・ソバージュ】
ドンソバ02
フリーのリングアナウンサー。ストVではストーリーモードでザンギエフやアレックスの試合を盛り上げる。また、追加ステージ「High Roller Casino」の中央でも対戦者に声援を送っている。ストVで初めて聞く名前だが、ストII時代にもバイソンステージの同じ場所にそっくりな人物がおり、彼に名前がついたと思われる。シャド研の紹介ページはコチラ

ドンソバ02
水着の女の子にも名前ください!



【リック】
誰_リック01
ディージェイのマネージャー。ディージェイがミュージシャンとして売れる前からの友人であり、公私共に仲がよい。ストVで初めてその姿が公開されたが、実はスーパーストIIのディージェイのバックストーリーには名前だけ登場しており、月刊ゲーメスト平成6年2月増刊号で確認できる。見事に割れた腹筋だが、当時は小太りと書かれていた。シャド研の紹介ページはコチラ

誰_リック02
なぜやせたのかの考察はコチラ



【アロイオ・ホーク】
誰_アロイオ01
サンダーフット族であり、サンダー・ホークの父。ストVで初めてその姿が公開されたが、実はスーパーストIIのホークのバックストーリーには名前だけ登場しており、月刊ゲーメスト平成6年2月増刊号で確認できる。のちにストZERO3のベガの口から、その名を聞くこともできる。ホークにそっくりないかつい顔つきだが、当時は立派に蓄えられたヒゲが特徴と書かれていた。シャド研の紹介ページはコチラ

誰_アロイオ02
70過ぎには見えないし、ヒゲ伸ばす前?



【モニターサイボーグ】
誰_モニターサイボーグ01
シャドルーの開発したサイボーグ。世界各地に配置され、格闘家のデータを収集し、衛生経由でシャドルー基地に送っている。アニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』で初登場し、ケンやホーク、ダルシムや本田の闘いをモニターしていた。身体は金属がむき出しであるため、調査中は群集に紛れ込んでも怪しまれないように服が着せられている。シャド研キャラ図鑑のものはザンギエフのような顔をしているが、当時はサガットをベースにしたような顔立ちだった。シャド研での紹介ページはコチラ

誰_モニターサイボーグ02
モニターサイボーグには何タイプかいる?



【松田家】
松田家01
ストリートファイターIIIに登場したショーンの家族。松田流柔術の開祖・金治郎を筆頭に、父・雄一郎、母・ブレンダ、兄・ファビオ、そして姉のララと続く。ご存知のとおり、ララはストVのプレイアブルキャラクターとして登場した。ストVで新たに設定されたと思われがちだが、実はストIII時にすでにショーンの家族構成は決まっており、ゲーメストムックVol.81ストIIIファンブックで確認できる。(ただし兄姉の名前だけは決定していなかった。)ストVでララが発表された時、冗談で「ショーンの姉じゃない?」とツイッターでつぶやいたところ、本当に的中してしまい驚いた。シャド研での紹介ページはコチラ

松田家02
歳の離れた兄姉に可愛がられるショーン。



【ハンナ・アッカーソン】
誰_ハンナ03
キャミィの上司ウルフマン大佐の腹心であり、作戦管理と後方サポートを一手に引き受けるデルタレッドの要。人事にも力が及ぶらしく、怒らせると北海勤務から二度と戻ってこられないという。シャド研での紹介ページはコチラ

シャド研図鑑更新時にはストV初登場かと思い「新キャラか!?」とつぶやいてしまったが、フォロワーさんとストV中山ディレクターのつぶやきで「ストIVノベルに出ていた」と判明する。(ストリートファイターIVビギニング Prologue15)
過去どんなマニアックなキャラクターが出てきてもすぐさま出典を探し出していただけに、他の方に先を越されたこの一件はひどくショックであり、その後数ヶ月に渡って落ち込むことになる。

誰_ハンナ01
トラウマとなったハンナ中尉。

実は私はシャド研図鑑更新時「新キャラか?」と思いつつも、ハンナ中尉は中平正彦先生の『キャミィ外伝』に出ていた気がして、コミックスをめくっていたのである。残念ながらその作業途中にストIVノベルが出典であるとされ「そっちかあ!」と落ち込んだわけだが、あれから10ヶ月経って、やはり記憶違いでないことが判明した!

ハンナ中尉
いたぁ!!

ハンナ中尉はいた!記憶違いではなかったのだ。10ヶ月引きずったトラウマは消え去った!ストIVノベル(2009年)よりはるか前、漫画『キャミィ外伝』(1994年)にハンナ中尉は存在したのである。おそらくノベル執筆者は『キャミィ外伝』を元にハンナ中尉を小説に登場させたはずだ。しかしストVでキャラ図鑑を更新する際は、(漫画版ハンナ中尉を知らず)ノベルのみを参考にしたのではないだろうか。ふたりのハンナ中尉を見比べていただきたい。

誰_ハンナ03誰_ハンナ02
図鑑版(左)と漫画版(右)。

同一人物といえないほど顔が変わっている。これは小説版の元になった漫画版ハンナを知らずにイラストが起こされたとしか思えない。図鑑更新時、出典に漫画版が言及されなかったのも、そう考えるとうなずける。

…え?すっぴん(左)とお化粧(右)?
女性って怖ええええ!!

 
 

ラシードのSNS仲間

 
ストVの物語はキャラごとの導入となるキャラクターストーリーと、全キャラ共通のゼネラルストーリーとで成り立っている。キャラクターストーリーは、BENGUS氏の一枚絵にボイスと字幕で物語が進み、途中で対戦が挿入される。通常セリフには字幕が付くのだが、BENGUS氏のイラストをしっかり見たいときは、□ボタンを押すことで字幕を消すことができる。

えびシュウマイ01
えびシュウマイ食べながら友人探し。
現在出ている字幕は消すことができる。


さてここからが本題だ。ことのきっかけはラシードのストーリーを見ていたとき。ラシードのストーリーにはラシードがメッセージを受け取った携帯端末のSNS画面が表示される。この画面も一枚絵の一部だと思っていたが、□ボタンで字幕オフにすると、SNS画面だけが消えることに気づいたのである。

えびシュウマイ03
SNS画面が映ったイラスト。
これは一枚絵かと思ったら……

えびシュウマイ02
字幕オフでSNS画面まで消えてしまう。


てっきりSNS画面まで含めて一枚絵だと思っていたが、SNS画面はラシードらのイラストとは別画像として重ねられていたのである。なぜわざわざこうしているのだろうか。そんな疑問を抱きつつ、もう一度ラシードのストーリーを見直してみると…あれ?

ラシードが見ているSNSの内容がさっきと違う!!

ランダムメール
話のメインとなる中央は変化しない。
その前後のメッセージがプレイするたび変化している!


そうなのだ。ラシードのストーリーでは彼に届くSNSのメッセージ内容が数パターンあり、それらがランダムに一枚絵に重ねられていたのだ。一枚絵とは別に独立していたSNS画像に疑問を持ったが、こういう仕掛けがあったからなのだ。

それではラシードのSNS仲間の楽しいコメントを見てみよう。

■Hakan_Oil
“ハカン印の天然オイル! コイツは頭も洗えるんや! オススメやで!”
ハカンメール

かわいい七人娘のアイコン。メッセージ主はハカンであろう。オイル会社の社長らしく、自社製品をアピールしている。オイルシャンプーは髪にやさしく、洗浄力も高いらしいぞ。

■FEILONG_DRAGON
“明日は新作映画の公開日! 観ろ!”
フェイロンメール

龍のアイコン。メッセージ主はフェイロンであろう。新作映画が完成し、公開を明日に控えているようだ。フェイロンの過去の勝利セリフも短いものが多いが、SNSも同様だ。観ろ!

■Abel
“元シャドルー幹部のサガットを目撃。こんな山奥で何をしているんだ?”
アベルメール

白い犬のアイコン。メッセージ主はアベルであろう。シャドルーに潜伏調査をしているアベル。現在は抜けている元幹部のサガットを見つけたらしい。山奥に篭るサガットの様子はコチラ(オリジナルアニメーション4)

■FreedomTraveler_Ilya
“世界七大ヨーガマスター? 腕とか足が伸びるとかありえねぇって。 てかそれがヨガなわけ?”
イリヤメール

ネクロとエフィーのアイコン。「自由な旅人」というアカウント名からも、当然メッセージ主はネクロであろう。ストVの物語はストIIIより前だが、すでにこのときネクロはギルの組織から逃亡を続けていたのだろう。手足が伸びるヨガにびっくり(?)。

■Galaxy_My_Honey
“おいおい今とんでもねぇの見ちまったぜ! オニみてぇなツラした奴が空から降って来たんだ! それでなにすんのかと思ったら野菜を売り始めて”
ルーファスメール

ハートマークにキャンディの文字のアイコン。メッセージ主はルーファスであろう。あいかわらずおしゃべりで、話が規定文字数に収まっていない様子。空から現れ、野菜を売るオニとは…???

■H.W.A._EPIC
“あんた達! 明日は激アツのカードだよ! 気合入れて来な!”
ポイズンメール

ドクロのアイコン。メッセージ主はポイズンであろう。プロレスのプロモーターである彼女は激アツなカードを組んではリングを盛り上げるのだ。H.W.Aは「ヒュージ・レスリング・アーミー」の略。

■Mr.UKButler
“今週末の会議について、後ほどご連絡させていただきます。 執事同盟の会報についてもご相談させて下さい。”
執事メール

紅茶のアイコン。メッセージ主はアカウントのUK(the United Kingdom)から、イギリスのダッドリーの執事であるオルトー・K・ゴッチであろう。執事同盟には神月家の執事である柴崎や、ラシードお付きのアザムも参加しており、このメッセージもアザムに宛てたもののようだ。横のつながりが強い。

■IamSaikyo
“ヒャッホゥ! オレ復活! 電話代を払ってやったぜ!”
弾メール

漢字ひと文字“弾”アイコン。メッセージ主はサイキョー流のダンに間違いない。電話代を払えたとのことで喜んでいるが、これは前作ストIVで「料金を払えず電話を止められていて、世界格闘選手権(ストII)の連絡をもらい損ねた」という話からつながっている。

■NinjaGUY
“ぶろぐ「武神じゃあなる」を更新した。 今回は「分身の術」の修行に関する記事でござる。”
ガイメール

漢字で“武神”アイコン。メッセージ主は武神流忍者・ガイで間違いない。スニーカー履きという古来の忍者スタイルに縛られないガイであるが、まさかブロガーになっていたとは驚きである。


このようにSNSには愉快な仲間が集まっている。ラシードのストーリーをプレイするときは、表示されるメッセージも気にしてみよう。

えっ?「ストVの舞台である1996年にSNSが広まっているはずない」って?

ストリートファイター世界の科学は史実よりちょっと進んでるから!ラシードの友人の研究者が独自のネットワーク開発したのかもしれないから!(震え声)
 
 

ザンギエフ ツイッターアイコン集

 












 

シャド研キャラ図鑑マニアック解説2

 
シャドルー格闘家研究所』。ストVのコマンドリストやキャラ使用率、ダイヤグラム等の情報を発信し、また開発資料などの貴重なお宝を公開しているカプコン公式サイトだ。その中でも大きなコンテンツになっているのが、キャラ図鑑である。紹介範囲はプレーヤーキャラはもとより、ストーリー上出てくるサブキャラクターや背景キャラまでに及び、2017年3月現在220を超える人物が紹介されている。
しかし紹介される人物はときに非常にマニアックで「誰!?」と思っている人も多いだろう。そこで今回もシャド研キャラ図鑑の中でもマニアックな人物にしぼり、出典解説をしていこう。

今回はストIIIに関連する人物である。



【黒澤 早雷】
サライ01
忍びの里に住むいぶきの友人。ある程度の忍術体術を使えるが、いぶきには及ばないようだ。木登りが得意。ストIIIからいぶきのエンディングに登場していたのでさほどマニアックなキャラではないが、実はいぶきの代わりにストIIIに出る予定であったことや、得意ゲームが1991年にカプコンが発売した『ワンダー3』収録の『ドンプル』という点がマニアック。ちなみにシャド研のお宝資料館でも書かれているが、額の鉢金(防具)が海外では理解されなかったのか、コミックではサングラスとして描かれている。シャド研の紹介ページはコチラ

サライ02
いぶきの準備稿。
当初、早雷が参戦する予定だったようだ。


ドンプル
うさぎのドン君、りすのプル君を操作して、ブロックを敵にぶつけろ!

鉢金
左がゲーム版、右がアメコミ版。
アメコミは他のカットでも明らかに透けており、ゴーグルかサングラスのよう。




【リーフェン】
リーフェン001
パンダとチョコレートが好きな女の子。意外なことにストVゼネラルストーリーにおいて、シャドルー黒い月計画のカギとなる人物だった。名前が判明したのはストVが初。とはいえ、ストIII3rdのオープニングや春麗のエンディングに登場していたのでさほどマニアックなキャラではないが、春麗のストーリーで髪をお団子にすることより19年越しの伏線回収をしたという点では非常にマニアックなキャラクターといえよう。詳しくは「リボンとおだんご」参照。シャド研の紹介ページはコチラ

金出せよ
INSERT COIN(訳:金出せよ)



【ジュリアン/デビッド/ウェイン】
CIA三人組01
アメリカの情報機関CIAの捜査官たち。超常現象、怪奇現象の調査にあたっている。オカルトに造詣の深いジュリアンとそれを信じないデビッドでよく口論になるらしい。上司のウェイン・ナカムラはそんなふたりを優しく見守っている。ストIII3rdのQのエンディングに登場していたのでさほどマニアックなキャラではないが、ジュリアンとデビッドのフルネームが判明したのはストVが初。上司のウェイン・ナカムラはストIII当時は「長官」とされ名前がなく、そもそも居たのかよ!というほど影が薄かった。シャド研での紹介ページはコチラコチラコチラ

CIA仲良し3人
ナカムラさん、ちゃんといた!



【角谷 拳一/ソムサック】
角谷01ソムサック01

竜胆館の新師範まことに挑戦するも、返り討ちにされた格闘家たち。角谷は空手家、ソムサックはムエタイ選手。ストIII3rdのまことのエンディングに登場していたのでさほどマニアックなキャラではないが、名前が判明したのはストVが初。角谷はどう見ても角●信朗氏にそっくりだが、角谷がお酒に弱いのに対し、角●氏はビールは“アイソトニック飲料”と呼び愛飲し、韓国でも店のマッコリがなくなるまで飲んだこともあるというが、酒での失敗はないという。シャド研の紹介ページはコチラコチラ

チェスト
ストIIIでまことに倒される角谷。

どっしゃー
そしてソムサック。
出番は一瞬だから見逃すな!




【パルック・ホーゲン】
パルック・ホーゲン01
元ボディビルダーのWWCA名物レスラー。見かけによらず、バンド経験があり歌やギターがうまい。ストVで初めて登場したと思われがちだが、実はストIIIでザンギエフと対戦しており、当時ゲーセンで配布されていた小冊子『ストIIIシークレットファイル』で確認できる。ザンギエフとの試合において、ダブルラリアットで場外に飛ばされたあと錯乱し大暴れ。しかし観客席にいたショーンのかかと落としで鎮められた。シャド研の紹介ページはコチラ

パルック・ホーゲン02
髪型が微妙に違う。
登場はこの記事のみのレアキャラだ!




【ジェラルド・ゴルビー】
ジェラルド001
バリートゥード・エターナルファイティングの準決勝でアレックスと対戦し、ショルダータックルでKOされた南アフリカの格闘家。キャラ図鑑には「あの彼です」と、さもみんな知ってるように紹介されているが、ご存知の方は少ないだろう。ストVで初めてその姿が公開されたが、実は前述のとおりストIIIでアレックスと対戦しており、パルック・ホーゲン同様、当時ゲーセンで配布されていた小冊子『ストIIIシークレットファイル』で確認できる。ただしホーゲンがイラスト付きであったのに対し、ジェラルド・ゴルビーは記事内に名前が語られただけの、本当にマニアックなキャラクターである。シャド研の紹介ページはコチラ

ジェラルド01
過去の出演はわずかこの文字だけ。

いかがだっただろうか。
全員知っていたら、キミはスト通だ!(IIIだけど)
 
 

メトロシティ青春白書

 
アメリカはメトロシティ。その街は暴力集団マッドギアが牛耳る超犯罪都市。強者が弱者を虐げ、悲鳴の絶えない街。しかしそんな荒廃したメトロシティにも胸がキュンとするような若者たちの青春があった。今回はメトロシティを舞台にした、ある青年の恋物語に迫ってみよう。

ガイ(受験失敗)
彼こそこの物語の主人公。

その男の名はガイ。古くから日本に伝わる武神流忍術の伝承者である。彼は新たな修行の場にアメリカを選んだ。メトロシティに流れ着いた彼は、市長ハガーのもとに居候することとなる。そこで出会った女性がハガーの娘ジェシカである。

ジェシカ嬢
ジェシカは街でも評判の美女。
金色の髪は美しくスタイルも抜群だ。


なんとガイはジェシカに淡い恋心を抱いてしまったようだ。「え…!?そんな素振り見えなかったよ!」とお思いであろう。それでは『ファイナルファイト』のエンディングを思い出してほしい。ベルガーを倒したコーディーとガイは、ジェシカをハガーに託し、そっとその場を離れる。しかしそれに気づいたジェシカは彼らを追ってくる。

「コーディー!なぜ逃げるの?」

コーディーは自らもジェシカを愛していながら、彼女の気持ちを受け入れることに迷いがあったのだ。


「(こんな俺でも彼女を幸せにできるのだろうか…)」



コーディーが自問したその時……!!
 
おもひで
ドカ!バキ!グシャ!ベシッ!!
ガイの武神獄鎖拳がコーディーにクリーンヒットォ!


このガイの行動に「やりすぎでは?」と疑問の声もあるだろう。しかし、ガイもジェシカに好意を寄せていたと解釈すれば、全てつじつまが合う!つまり、ガイは相思相愛であるにもかかわらず逃げようとする友に渇を入れ、ジェシカの幸せを彼に託したのだ。このシーンにセリフを入れるならこんな感じであろう。

「なぜジェシカ殿をおいて去る!?
 ジェシカ殿を幸せにできるのは拙者ではなくコーディ殿でござるぞ!
 ジェシカ殿を…ジェシカ殿を……頼むでござるっ!!」

―ドカ!バキ!グシャ!ベシッーッ!!(←武神獄鎖拳)


居候先の娘であるジェシカは、単身アメリカに渡ったガイにとって一番近い存在の女性だったはず。

ああ幼馴染だ
ガイ「ジェシカ?!」
コーディー「ああ おさななじみだ」

 
オープニングで「ジェシカ?(誰?)」とトボケているが、居候先の娘を知らないのはかえって不自然、知らないはずがない。しかし憧れはするものの、その想いは言葉にできず、ジェシカはそれを知るに至らなかった。そのうえジェシカは友人コーディーの幼馴染みであり、ふたりがまだ恋仲ではないとはいえ、愛し合っていたことはガイの目にも明らかだった。そこでガイは静かに身を引いたのだ。ガイの淡い恋はこうして幕を下ろした……。
 
せっぷん
「誰にもできん生き方をさせてやる!」
ガイが去ったあと、ふたりは愛のくちづけを交わす。


そんな失意のガイにさらに追い討ちをかける事件が起きる。スーパーファミコン版『ファイナルファイト』の発売である。なんとそこにはガイの姿はなかったのだ!マッドギアを上回る脅威の存在“容量の限界”が起こした悲劇である。スーファミでFFを作るには、プレーヤーキャラ3人のうち、ひとりを削らざるを得なかったのだ。さらわれたジェシカの父親マイク・ハガーと、彼女の幼馴染みコーディーは削れまい。削除対象にガイの名が挙がったのは当然だったのかもしれない。彼の秘めたる想いなど、知る由もなかったのだ……。

コーディー(ジーパン)
ガイの姿が消えてしまったSFC版。
ガイはジェシカを救う手助けすら許されなかった。


こうしてガイの想いは完全に潰えたかのように見えた。…しかし物語はこれで終わらない、チャンスは不意に巡って来る!SFC 版『ファイナルファイト』のver.2!その名も『ファイナルファイトGUY』の発売である!
なんと恋敵コーディーは日本で修行中という設定、さらわれたジェシカを救い出すのは彼女の父ハガーとガイのふたりだけなのだ。 これはチャンス!!

エンディングでジェシカが追ってきても、コーディが不在ならそこにはガイしかいない。命をかけて自分を助け出してくれたガイに、ジェシカの気持ちが動くことも十分考えられる。これはガイにとってコーディーを出し抜くまたとない機会だ!!

拙者が助けるでござる
待っていろベルガー!
ジェシカ殿を助け出すのは拙者でござるッ!


ガイはマッドギアを蹴散らしひた走る。ダムドを、ソドムを、エディ・Eを!!ポイズンを、アンドレを、アビゲイルを!!…あれっ!?どっかの軍人忘れてるけど、まあいいか。そしてついにベルガーのもとにたどり着く。

「覚悟するでござるベルガー!(ジェシカ殿は拙者のものでござる!)」 

ベルガー撃破でござる
ラスボス・ベルガーを倒したガイ。

ベルガーはビルからまっさかさま。ついに我が手で救い出したジェシカ嬢…!

「ハッピーエンドはもうすぐでござる!」

以下、SFC 『ファイナルファイトGUY 』版エンディングである。

 
父娘再会
ジェシカは父ハガーと涙の再会を果たす。

「ここは親子水入らずでござる」

待って!
立ち去ろうとするガイを追ってくるジェシカ。

「(来た…!心臓バクバクでござるよ。)」

ガイせっぷん出来ず01
「待って!!ガイ!…ありがとう……」
まんざらではない様子のジェシカ嬢。


 「(こ、ここで振り返って…せせせせ接吻でござるっ…!)」

ガイせっぷん出来ず02
しかしガイはみすみす好機を手放す。


「コーディー殿と幸せにな…ではさらばジェシカ殿」

結局、そのまま振り返ることなく立ち去るガイ……。

「(できぬ…できぬ…!拙者のバカバカ!)」

ガイのもとに駆け寄るジェシカ。いい流れで来たエンディングだが、結局ガイは振り返ることなくその場を去ってしまう。やはりガイは親友コーディーのために身を引くのだった…。泣くなガイ、カッコよかったぞ!!

ジェシカへの想いにけじめをつけたガイ。こうしてコーディーはジェシカと結ばれるのだが、数年後、コーディーの傷害事件が元で破局。いっぽうガイは師・源柳斉の娘である麗奈と婚約し幸せをつかむ。人生とはわからないものでござるよ。

チクショウ
 
 

シャド研キャラ図鑑マニアック解説3

 
シャドルー格闘家研究所』。ストVのコマンドリストやキャラ使用率、ダイヤグラム等の情報を発信し、また開発資料などの貴重なお宝を公開しているカプコン公式サイトだ。その中でも大きなコンテンツになっているのが、キャラ図鑑である。紹介範囲はプレーヤーキャラはもとより、ストーリー上出てくるサブキャラクターや背景キャラまでに及び、2017年3月現在220を超える人物が紹介されている。
しかし紹介される人物はときに非常にマニアックで「誰!?」と思っている人も多いだろう。3回目になる今回も、シャド研キャラ図鑑の中からマニアックな人物にしぼり、出典解説をしていこう。

今回は特殊な経緯でストリートファイター世界へ参入した人物たちである。



【メアリー/レイコ】
まかせチャイナレイコ&メアリー03
ストVより数年前、春麗が担当した誘拐事件の関係者。メアリーが旅行先の香港で誘拐され、偶然現場に居合わせたレイコが捜査に協力し解決に導いた。過去のストリートファイターシリーズでは見かけないと思われがちだが、実は2008年のパチスロ『春麗にまかせチャイナ』に登場していた。シャド研の紹介ページはコチラコチラ

パチスロ『春麗にまかせチャイナ』の世界はゲームのストリートファイター世界とは異なるが、今回設定を再構成してストリートファイター世界への参入を果たした。
※パチスロでは誘拐事件の被害者がメアリーではなく、別の幼い少女だった。

プロフィールのうち身長と体重は当時からのもの。今回公開された他の項目も、当時開発を担当したエンターライズ(現カプコングループ)による。

まかせチャイナレイコ&メアリー02
レイコからアイスの差し入れ。
これ見ただけで頭痛が!


まかせチャイナレイコ&メアリー01
さくらの右にはメアリー。
そして左には誘拐された少女。





【シモーヌ】
シモーヌ01
強烈なサムライソードを巧みに操り、デルタレッドに力を貸す傭兵。体の一部がサイボーグ化しており、そのため172cmの身長に対し78kgと体重が重い。必殺技は居合切りの滑刀波。過去のストリートファイターシリーズでは見かけないが、実は2000年のアクションシューティングゲーム『ガンスパイク』に登場していた。シャド研の紹介ページはコチラ

『ガンスパイク』の世界はゲームのストリートファイター世界とは異なるが、今回設定を再構成してストリートファイター世界への参入を果たした。
※『ガンスパイク』では身長170cm体重58kg。とくに「半機械の身体のため体重が重い」とはされていない。

そもそも『ガンスパイク』は複数のカプコンゲームからキャラクターを集めたお祭りゲームであるが、シモーヌは本作のオリジナルキャラクター。『魔界村』のアーサーと行動を共にする傭兵という設定だ。

シモーヌ02
当時からデルタレッドのキャミィとは共闘関係。
それがストリートファイターでも引き継がれている。




【シバ】
シバ01
元スケートボード世界チャンピオン。テロ事件に巻き込まれてから悪を憎み、デルタレッドの協力者として暴徒の鎮圧等にあたる。過去のストリートファイターシリーズでは見かけないが、実はシモーヌ同様、2000年のアクションシューティングゲーム『ガンスパイク』に登場していた。シャド研の紹介ページはコチラ

『ガンスパイク』の世界はゲームのストリートファイター世界とは異なるが、今回設定を再構成してストリートファイター世界への参入を果たした。
※『ガンスパイク』でもスケボー選手だが、世界チャンピオン目前でテロ事件に巻き込まれるという設定だった。

そもそも『ガンスパイク』は複数のカプコンゲームからキャラクターを集めたお祭りゲームで、シバもそのルーツを辿るとアクションゲーム『ルースターズ ~チャリオットを探して~』にたどり着く。この作品でのシバは、妖魔ガイアから人々を救うために奮闘する冒険家という設定だ。シモーヌよりも、かなりマニアックなルートでストリートファイターのキャラクターになったと言えよう。

シバ02
左はルースターズのシバ、右はガンスパイク。
冒険家からスケボー選手、そしてデルタレッドの協力者へ。




【キャプテン・サワダ】
サワダ01
シャドルー壊滅作戦に参加を表明し、任務のため世界各地をまわっているジャパニーズ・ファイター。ストVで初めてその詳細なプロフィールが判明したが、もとは1994年の実写映画『ストリートファイター』に登場した「打倒バイソン将軍」を掲げる連合軍部隊の大尉である。その後アーケードゲーム化された『ストリートファイター・ザ・ムービー』でプレーヤーキャラクターとしても登場した。また家庭用ゲーム『ストリートファイター リアルバトルオンフィルム』においても、アーケード版と大きく性能を変えて参戦した。有名なハラキリこと「獄殺自爆陣」もここから。シャド研の紹介ページはコチラ

実写映画の世界はゲームのストリートファイター世界とは異なるが、今回“シャドルー壊滅作戦に参加を表明している軍人”と設定を改め、ストリートファイター世界への参入を果たした。

サワダ02
みんな大好きキャプテン・サワダ!

シャド研のキャラ図鑑ではストV発売から1年後の222番目に登場したサワダだが、実はストV発売日には特典書籍の人物相関図にその名が確認でき、コアなファンをざわつかせた。ストリートファイター世界では、ガイルと同じアメリカ空軍の所属だ!

人物相関図サワダ

映画の架空のキャラクターであるキャプテン・サワダだが、名前は演じた役者・澤田謙也氏そのまま。実在の人物がほぼそのままストリートファイター世界のキャラクターになるというのは、極めて異例である。

さらにキャプテン・サワダの誕生日や血液型、特技の乗馬まで、澤田謙也氏と同じものになっている。公式ウェブサイトを見てみよう!

澤田プロフィール
澤田氏の公式ウェブサイト
週刊トロ・ステーションの出演も知ってる?



そんなキャプテン・サワダだが、ここまで実在の人物に近いキャラクターだ、権利関係は当然クリアしてるんだよね?




…え?
み、みんな今のうちにキャプテンを目に焼き付けておけ!!

 
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter