ストリートファイターブログ『レッドサイクロン』

対戦の合間にお読み物はいかがですか?

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ディージェイ

 
ディージェイ01

名前:ディージェイ
誕生日:1965年10月31日
代表国:ジャマイカ
身長:184cm
体重:92kg
血液型:AB型
3サイズ:B130/W89/H94
格闘スタイル:キックボクシング
好きなもの:叫ぶ、踊る、唄う
嫌いなもの:静寂
特技:ダンス、作曲、バンブーダンス

ストーリー

“南国の彗星”とうたわれるキックボクサー。白い歯を輝かせ、笑顔を絶やさない。楽しくハマれる闘いを求め、軽いノリで世界へ飛び出す。得意の歌とダンスはジャマイカミュージックのプロデューサー・ボブの目に留まり、ラテンの音楽スターを目指す。(ストZERO3)

デビューからたった一年で、出す曲出す曲ミリオンセラーという超売れっ子ミュージシャンになったディージェイ。しかしディージェイ本人は自分の音楽に納得できずにいた。そんな中、キックボクシングの「攻撃のリズム」に新たなヒントを見出し、自身の音楽を完成させるためにストリートファイトに挑む。(スパII)

音楽バー・レモニーは、ディージェイ行き着けの店。店にはキックボクサーとしてディージェイに挑戦しにくる者や、問題を起こす者が度々訪れたが、ディージェイは彼らを軽く叩きのめしていた。チンピラ相手に物足りなさを感じていたディージェイだが、世界格闘大会の知らせにHOTな闘いを求めて旅立つ。(スパIV)

レモニーの用心棒
褐色の肌に宿るふたつの才能。
音楽家としても格闘家としても一流だ。


“MAXMUM”

ディージェイのスタイルでひときわ目を引くのがズボンに大きく描かれた“MAXMUM”の文字。みなさんはなぜこの文字が描かれているのかご存知だろうか。実はディージェイがデザインされた当初、彼は“ROCKMAN(ロックマン)”というズボンをはいていた。しかし製品版では“MAXIMUM”に描き換わっている。いったいなぜか?今でこそキャラクターは3Dで描かれるが『スーパーストリートファイターII』ではドット絵で表現されていた。ふたりのキャラクターが向き合う対戦格闘ゲームにおいて、左右どちら向きでも文字が反転しないよう、考えられた単語だったのだ。

反転防止
右を向いても左を向いても「MAXIMUM」。
両対応するよう考えられている。


しかしそれはあくまでも技術面の話。ストーリー的にもちゃんとした理由があるのだ。何を隠そう『MAXIMUM(マキシマム)』というのは、ディージェイの大ヒットナンバーなのである。彼は自身の代表曲をズボンにあしらっているのだ。芸人が自らのギャグをTシャツにして着ていることがあるが、それと一緒なのである。

すんのかいせんのかい
要するにこういうことである。

友人リック

サルサ・バンドが軽快な音楽を奏でる店“レモニー”。音楽と酒の好きな者たちの集いの場だ。ディージェイはそこでリックという男と知り合う。意気投合したふたりはそれ以来親友となり、ディージェイが音楽家としてデビューしてからは、リックがマネージャーを務めている。しかし自由奔放なディージェイのスケジュール管理には手を焼いているようだ。
長年ディージェイのバックストーリー内だけの人物だったが、登場から23年経ってシャドルー格闘家研究所でその姿が紹介された。

【リック】
リック
好きな物:音楽 派手な鳥
嫌いな物:お酒(弱い)
詳しくはシャド研で!


頭の上のオウムの雛が特徴的。実は彼はスパII時、オウムをペットとして飼っていたという設定があったのだ。名前はベラマッチャ。ディージェイとも仲がよいらしい。ディージェイのステージでもあったレモニーの左側にオウムがいたことを覚えているだろうか。おそらくあれがベラマッチャだろう。いつの間にか雛が生まれていたとは…。

ベラマッチョ02
オウムがいるのに気がついてた?
勝敗が決まると飛び立つぞ。

ベラマッチョ01
リックの飼いオウム、ベラマッチャ。
ここ覚えておこう、試験に出るぞ。


しかしリックの姿には違和感を覚える。陽気な笑顔、179cmの高身長に引き締まった身体、割れた腹筋…。カッコいいのだが、なにかが違う。かつてディージェイのストーリーに出てきた彼は、ディージェイに振り回されて冷や汗をかく、小太りにアロハシャツの男だったのだ。自信に満ち溢れた表情と鍛え抜かれた身体は一体どういうことなのか。

これはどうやらディージェイの音楽活動に関係するらしい。シャド研の説明によると、リックはジャンベ(足にはさんで叩く太鼓)の奏者であり、ディージェイのワールドツアーにも同行し世界を飛び回っているそうだ。ディージェイと一緒にステージにも上がるのだろう。マネージャー業の傍ら、ジャンベの練習も死に物ぐるいで行い、その過酷さは「血尿が出るほど」と語られている。かつての小太りの男はもういない。見事なボディはディージェイの相棒としての努力の賜物だったのである。(か、過去の設定を忘れていたわけではないぞ!!

ディージェイの意外なファン

ストリートファイターの世界は登場人物が複雑にからみあい、深い人間模様を描き出している。作品ごとに人物相関図が公開され、キャラクター間の関係が語られる。そんな中、ディージェイは音楽活動の充実のために闘うのみで、他キャラとのからみは驚くほど少ない。人物相関図でも端のほうにちょこんと載るだけだ。ここでもう一度『スパIV』の人物相関図を見ていただきたい。「カプコン公認」として、ファミ通.COM内で公開されている。

相関図キャミィ
「友人がファン」?

ディージェイとキャミィを結ぶ線にご注目。キャミィからディージェイへ「友人がファン」というのが見て取れる。これまでディージェイとキャミィなんてなんのからみもなかったのに、突然なにごとだろうか。キャミィの勝利セリフでも「友達にお前のファンがいるんだ。あとでサインをくれないか?」とサインをねだる一幕まである。別におかしいことじゃないよね、ディージェイは世界的なミュージシャンだし…と、お思いかもしれないが、これにはある元ネタがあったのだ。

それは小学館『スーパーストリートファイターII キャミィ外伝』(作:中平正彦)である。ウルフマン大佐の部隊へ正式入隊するいきさつや、リゾート地で開かれる格闘大会に潜入し裏に潜む犯罪組織を調査するキャミィの活躍が描かれる。本作のエピソード内で、キャミィはウルフマン大佐への誕生日プレゼントとしてコーヒーカップを贈ろうとする。しかし人気のカップのためなかなか手に入らず、友人ルークのつてを頼るのだ。この友人がカップと引き換えに要求してきたのが、ディージェイのライブテープだった。スパIVにこっそり出てきた“ディージェイ好きのキャミィの友人”というのはこのルークが元ネタと見て間違いない!
またマニアックなところから持ってきたなあカプコン!!


ルーク01
ディージェイの大ファンだというルーク。
ライブのテープを手に入れホクホクだ。

カセットテープ
このカセットテープを作成するため、ライブを盗聴・録音したキャミィ。
「NO MORE ライブ泥棒」!!


コミックに出てきたディージェイのカセットテープを覚えていた人、気づく人だけ楽しんでね、的なお遊びだろう。カプコンめ、粋なことをしやがる。

えっ?「“かせっとてーぷ”ってなんですか?」って??
お父さんお母さんに聞いてきなさいッ!!!

 
スポンサーサイト
 

「ミカさん、だろ」

 
『ストリートファイターZERO』シリーズ。『ストII』の次はてっきり『ストIII』だと思っていたら、時代がさかのぼり、まさかの『ZERO』である。続編でリュウや春麗の成長した姿が見られると思っていたファンは、この展開に驚かされた。

リュウもケンも若々しい。春麗は新米刑事、キャミィもシャドルー在籍、フェイロンも駆け出し俳優という設定だ。ストIVやストVの彼らの成長ぶりと比べてみるのも面白い。春麗は世界を飛び回る敏腕刑事に、キャミィはイギリス特殊部隊デルタレッド在籍、フェイロンは一流のアクションスターになっている。

成長01
少女から大人の女性になった春麗。

そんな中、レインボー・ミカはストZEROでもストVでも、変わらない笑顔を振りまいている。もちろん他のキャラ同様、年月の経過はあるはずだが、なんとも若々しい。ストVのミカはいったい何歳なのか?今回のコラムでは彼女の年齢に迫ってみたい。

レインボー・ミカ003
年齢?迫らなくていいッスよ!!

彼女の年齢について調べてみたいが、ストZEROシリーズもストVも、登場人物の年齢に言及していない。ウェブサイトやガイドブックの類を調べても、プロフィール欄に年齢や生年月日が書いていないのだ。いきなり行き詰ったかに思えるが、まだ手がかりは残っている。まずはストZERO3のミカの紹介文やバックストーリーを見てみよう。(電波通信社『ALL ABOUT ストリートファイターZERO3』等)

コーチのハルマゲドン陽子が「ミカに渡した手紙」という体(てい)で、ミカと陽子の出会いが綴られている。それによると「ミカは中学卒業後プロレス界に入った」「ミカと陽子の出会いは陽子が腰を痛めてから3年後」ということが書かれている。最初のヒントがこれだ。次にシャドルー格闘家研究所のキャラ図鑑の鬼コーチ陽子の紹介を見てみよう。

レインボー・ミカ010
鬼コーチ陽子。
腰を痛めているためか、スクーターで登場する。


現役時代の陽子のイラストが紹介され「ブラックウィドー戦で首と腰を痛め6年前に引退」と、引退時期に言及している。ただし、この「6年前」というのをいつの時点から6年なのかをはっきりさせないといけない。同サイトのキャラ図鑑はストV時点の紹介だけにあらず、ストZERO時点であったり、ファイナルファイト2時点であったりまちまちなのだ。陽子の紹介はいつ時点の話なのだろうか。これは「鰯ヶ浜海水浴場がオープンしたのが50年前」という部分から推測可能だ。ストZERO3のミカステージがまさにその鰯ヶ浜で、背景に「開設50周年」と書かれている。つまりシャド研キャラ図鑑の陽子はストZERO3時点で書かれているのだ。これでヒントがそろってきた。

レインボー・ミカ004
ZERO3時、開設50周年興行が開催されている

「ミカは中学卒業後プロレス界に入り陽子と出会った」
「ミカと陽子の出会いは陽子が腰を痛めてから3年後」
「陽子が腰を痛めたのは鰯ヶ浜開設50周年の6年前」
「ZERO3の時点で鰯ヶ浜開設50周年」
「ストZERO3(1988年)からストVは(1996年)は8年」

ストリートファイター年表参照

以上のヒントに、ミカがプロレス界に入った年齢(中学卒業の15歳)を入れてみると、次のようになる。

ミカ経歴

26歳!
ストVにおけるレインボー・ミカは26歳だったのだ。

ミカのプロフィールには「嫌いなもの:年下の礼儀知らず」とある。シャドルー格闘家研究所の、Side readers : 02「クイーンズ リゾート(ガールズ サイド)」では、高校生のいぶきに呼び捨てされ「ミカさん、だろ」とたしなめるシーンがある。ミカより年下のプレーヤーも、これからは「ミカさん」と呼ぼう。

ミカ対いぶき
いぶきの生意気な態度が鼻につくミカ。

ZERO3時、高校生のかりんはミカよりふたつほど下。ミカのスポンサーであり、対シャドルー戦での雇い主にもかかわらず、ちゃんと「ミカさん」と呼ぶ。神月は礼節を忘れない。

ファビュラス
雇用関係で上であっても「ミカさん」と呼ぶ。
うーんファビュラス!!

 
 

いつか見たあのひと

 
春日野さくら。
いつか見たあのひと―リュウを追ってストリートファイトの世界に飛び込んだ女子高生。見よう見まねでリュウの必殺技、波動拳を会得。昇龍拳や竜巻旋風脚も独自のアレンジでものにした。さくらにとってリュウは人生を変えた人物と言って過言ではないが、その出会いはどのようなものだったのだろうか。ふたりの出会いをキミは知っているだろうか。

さくらの初登場作品は『ストリートファイターZERO2』である。ガイドブック等を見てみると、“いつか見た「あのひと」を目指し街ゆく、ストリートファイトに魅せられた燃える瞳の女子高生”と紹介され、すでにリュウとの出会い後である。ゲーム内でもリュウを探してゆく道中が描かれるのみ。バックストーリーでも「通学途中に見かけた」と語られるだけで詳細はわかならい。

そう、さくらにとって重大な出来事であったはずの「ストリートファイトをするリュウを見かける」シーンは、意外にも公式では一切触れられていないのだ。なんとなく知っているように思い込んでいたふたりの出会い、それを我々は知らなかったのである。

リュウとの再会
再会の場面はエンディングで明らか。
しかし肝心の出会いはどうだったのだろう。


たしかに公式には語られていない、さくらとリュウの出会い。しかし、CDドラマ、アニメ、コミックといったその他のメディアでは、その貴重なシーンが描かれているのだ。いったいそれはどのようなものだったのか。ひとつひとつ見てみよう。

【CD『もっとも危ない女子高生』での出会い】
『カプコンドラマCDシリーズ ストリートファイターZERO2外伝 ~さくら・もっとも危ない女子高生~』は、とある麻薬組織に学校を乗っ取られそうになったさくらたちの事件を描く、ストZERO2の前日譚のような物語。この中で、さくらとリュウの出会いが、さくらの回想で語られている。
それによると、さくらがテレビで紹介されていた中華バイキングの店を探しに横浜中華街に行ったときのこと。さくらは街中でチンピラ達とぶつかってしまう。チンピラ達は謝るさくらにインネンをつけ、強引に遊びに付き合わせようとする。抵抗するさくらにチンピラの平手打ちが飛ぶ。助けを求めるさくら。そこに現れたのがリュウである。パンチやナイフをさらりとかわし、あっという間にチンピラ達をのしてしまった。

ドラマCDさくら
さくらが友人のケイに出会いを語る。

さくらが見たリュウのストリートファイトとは、自分を助けるためチンピラと闘ってくれた姿だったのだ。これはリュウ(とストリートファイト)に憧れを抱くのも納得だ。しかし肝心の「通学途中」という公式設定とは食い違う。中華料理店に行く途中なので「通学途中」ではなく「中華食う途中」である。

【ストZERO -THE ANIMATION-での出会い】
ストリートファイター10周年を記念して作成されたアニメーション。内に眠る殺意の波動に苦しむリュウと、突然現れたリュウの弟を名乗るシュンの物語。ストリートファイターZEROの外伝的な作品。この作品の冒頭に、さくらとリュウの出会いのシーンがある。
学校帰り、公園でさくらと友人のケイがアイスクリームを食べていると、どこからか銃声が聞こえてきた。それは国際警察の春麗が追っていた犯人が追い詰められて苦し紛れに発砲したものだった。通行人の子供を人質にとる犯人。そこに現れたのがリュウである。銃弾をかいくぐり子供を助け、犯人をノックアウトした。

犯人撃破01
銃を持った犯人が街中を逃走。
子供を人質に取った!

犯人撃破02
通りすがりの青年リュウ。
目にも止まらぬ動きで犯人をKO!

犯人撃破03
リュウの闘いに見とれるさくら。
リュウを真似てハチマキをするようになる。


さくらが見たリュウのストリートファイトとは、子供を助けるたけるために凶悪犯と闘った姿だったのだ。これはリュウ(とストリートファイト)に憧れを抱くのも納得だ。ちなみにストリートファイトに興味を持つ前は、ホットドッグの早食いで世界を目指していた。「アメリカ大会で優勝してギネスブックに載る!」というのが彼女の夢だった。リュウと出会いストリートファイトにハマったのは、よかったのか、悪かったのか…。

ホットドッグ早食い
のちのアメコミではホットドッグ早食い大会が描かれる。
まさか、このアニメを受けての展開!?


【ゲーメストコミックス『ストZERO』での出会い】
新声社ゲーメストコミックス『ストリートファイターZERO』(中平正彦)の2巻。殺意の波動に翻弄されるリュウが、ケンや春麗との関わり、ローズの導きの中でそれを克服していくストーリー。この作品のラスト、ベガとの闘いで、さくらとリュウの出会いのシーンがある。世界征服を企むシャドルーは恐怖で人々を制圧するため、手始めに東京の破壊活動を開始する。それを止めようとリュウが立ち上がるのだ。リュウは殺意の波動に支配されそうになるが、見事にこれを抑え、ベガを討つ。

中平ストZERO02
いつか見たあの人―
―アゴの割れたひとに踏まれていた。

中平ストZERO03
さくらの目に焼きつくリュウの闘い。
これで波動拳を完コピする!


さくらが見たリュウのストリートファイトとは、ベガの世界征服を阻止するため闘った姿だったのだ。中平氏の漫画作品は、殺意の波動関連やダンとブランカ(ジミー)の関係など、公式設定への逆輸入も多い。ゲーム内で語られなかったさくらとリュウの出会い、この中平設定が採用されることになるかもしれない。

でもちょっと待って。

中平ストZERO05
サイコクラッシャーはビルを貫き…

中平ストZERO04
波動拳は街並みを破壊する。

中平ストZERO01
東京壊滅…!!


コレ、“ちょっと見かけたストリートファイト”ってレベルじゃねえ!
 
 

UDONアメコミのススメ

 
2000年に結成された、UDONエンターテイメント。マーベル・コミック、DCコミックス等アメリカの大手出版社とも提携し、イラストやコミックスを手がけているアーティスト集団だ。日本のアートスタイルを好む作家が集まっているだけあり、アメコミでありながら、その作風は日本の漫画やアニメのテイストが強い。ストリートファイターのコミックも手がけ、これまでにも数多くの作品を送り出している。しかし種類も多く、カバーやサイズ違いで中身が同じものがあるため、非常にわかりづらい。そこでUDONのストリートファイターコミックを種類別に紹介し、購入のためにamazonへのリンクをまとめたい。


ストリートファイターALPHA / II シリーズ

ストリートファイターZEROからストリートファイターIIへと続く物語。春麗の父を殺害したり、ナッシュを洗脳たり、シャドルーの暗躍が描かれる。キャミィ以外のデルタレッドの面々やユーリ・ユーニ以外のベガ親衛隊のメンバーなど、ゲーム本編や日本で知名度の低いマニアックなキャラクターを惜しげもなく投入しているのが目を引く。ストーリーの終盤はストIIの物語にならい、シャドルー主催の世界格闘選手権が開かれる。

■ダイジェスト版
Vol.1 / Vol.2 / Vol.3 / Vol.4 / Vol.5 / Vol.6

ストアメコミ01 ストアメコミ02 ストアメコミ03

ストアメコミ04 ストアメコミ05 ストアメコミ06
 
サイズは、およそヨコ14.5cm×タテ20.8cm。物語本編はVol.1、2、3、5、6に収録され、Vol.4は短編のサイドストーリー集となっている。

■ハードカバー版
Vol.1 / Vol.2 / Vol.3

クラシックス01 クラシックス02 クラシックス03

サイズは、およそヨコ21.5cm×タテ29.2cm。Vol.1には、ダイジェスト版Vol.1、及びVol.2の前半、Vol.4の半分を収録。Vol.2には、ダイジェスト版Vol.2の後半、Vol.3、及びVol.4の半分を収録。Vol.3には、ダイジェスト版のVol.5、Vol.6を収録している。

■アルティメットエディション版
Vol.1 / Vol.2

究極01 究極02

サイズはハードカバー版とほぼ同じだが、Vol.1には、ハードカバー版Vol.1、及びVol.2の前半を、Vol.2には、ハードカバー版Vol.2の後半、及びVol.3を収録しているため、厚さは1.5倍になっている。

ストリートファイターIV シリーズ

シャドルー下部組織、兵器部門を担うS.I.N.の台頭を描いたストーリー。強化スーツ開発責任者のクリムゾン・ヴァイパーや、CEOのセスを中心に、ストIVの新キャラクターである、ルーファスやエル・フォルテ、アベルなどが登場する。ベガの代替ボディが量産される様子やアベルがナッシュに救出されるシーンなど、ゲーム内では語られない部分も見どころ。

■ダイジェスト版
Vol.1

ストIVアメコミs


■ハードカバー版
Vol.1

ストIVアメコミb

「Vol.1」との表記があるため勘違いしやすいが、このシリーズは1冊のみである。巻末には「CONTINUE(つづく)」でなく「END(完)」と書かれているため、「Vol.2」の発売はないようだ。

ストリートファイターIII シリーズ

UDONのウェブサイトではストIIIシリーズと書かれているが、本書のタイトルは『スーパーストリートファイター』である。ストIIIシリーズと言われるだけあり、ギル、ユリアン、トゥエルヴ、ダッドリー、いぶきなどストIIIのキャラクターが多く登場する。アレックスやジュリの生い立ちも興味深い。

■ハードカバー版
Vol.1 / Vol.2

ストIIIアメコミ1 ストIIIアメコミ2

内容はストIII色が濃いが、発売はストIVシリーズの後である。このシリーズからハードカバー版のみの出版になった。

ストリートファイターオリジンズ / レジェンズ シリーズ

ひとりのキャラクターに焦点を当て、そのキャラの生い立ちや過去の活躍、または普段の生活などを描くサブシリーズ。レジェンズシリーズとして、さくら、春麗、いぶき、キャミィが、オリジンズとして、アクマ(豪鬼)が取り上げられている。

■ダイジェスト版
レジェンズ Vol.1(さくら) / Vol.2(春麗) / Vol.3(いぶき)

レジェンズ01 レジェンズ02 レジェンズ03

レジェンズVol.3まではダイジェスト版が出ているが、その後はハードカバーのみの出版である。

■ハードカバー版
レジェンズ Vol.1(さくら) / Vol.2(春麗) / Vol.3(いぶき) / Vol.4(キャミィ)

レジェンド1 レジェンド2 レジェンド3 アメコミキャミィb

オリジンズ 天(アクマ/豪鬼)

オリジンズ天

アクマの巻は通し番号ではなく「天」となっている。

■アルティメットエディション版
Street Fighter Legends: The Ultimate Edition

レジェンズ究極

レジェンズシリーズの、Vol.1(さくら)、Vol.2(春麗)、Vol.3(いぶき)を収録。

ストリートファイターアンリミテッド シリーズ


ジュリvs.ディカープリ、さくら&ダンなど、複数のキャラクターによる短編集で、一本の物語ではない。ストVのキャラクターも登場するが、デザインはストIV風であったりストV風であったり、統一されてはいない。2017年2月現在刊行中。

■ハードカバー版
Vol.1 / Vol.2 / Vol.3

アンリミテッド1 アンリミテッド2 アンリミテッド3

 

トゥエルヴの数え方

 
白い殺戮マシーン、トゥエルヴ。
ギルの組織において、ユリアンがドクター呉に作られせた生体兵器である。『ストリートファイターIII3rd』で初登場したそれは、前述のように“トゥエルヴ”と呼ばれている。皆さんはその名の由来で「人型殺戮兵器の完成形。その12番目の個体であるため」という話を聞いたことがないだろうか。これはフリー百科事典ウィキペディアほか、多数のウェブサイトで同様の紹介がされている。(2017年2月25日現在)


自我?
12番目だから「トゥエルヴ」。
そう聞くと、なるほど!とうなずいてしまう。


しかしほんとうにそうだろうか?たしかに納得してしまう理由ではあるが、あらためてその裏を取ろうとすると、非常に困難なことが判明する。ストIII3rdが稼動したときのゲーメストムック、家庭用が発売されたときのガイドブック、ストリートファイター15周年の記念本、ストV発売記念に刊行された『ストリートファイターぴあ』等、関連書籍をいくら漁っても、同様の記述が一切見つからないのである。あれ…これって……私たちの思い込み!?

今回は「トゥエルヴ」の呼び名が本当に「12番目の個体」ゆえなのか、検証したい。



書籍がダメならゲーム本編はどうだろう。「お前12番目の個体だからトゥエルヴって呼ぶからな!」なんてセリフがあるかもしれない。そこでトゥエルヴのストーリーを追ってみると、意外な事実が判明する。

ドクター呉
すでに12号及び14号は回収しました。

「12号(じゅうにごう)」だって!?「トゥエルヴ」とは呼んでない!!
12番目に作られたから「トゥエルヴ」て呼ぶんじゃないの?「12号」なの?意外なことにドクターや研究員は彼らを号数で呼んでいたのである。これはいったいどういうことなのか。

おいおい細かいな、そんなの日本語訳の細かな差で、海外版ではちゃんと「Twelve」と呼ぶんじゃないの?そういう可能性もあるので、海外版もチェックしてみる。

海外版12
同様のシーン。
その呼び名は…。


ああっ!「Twelve」ではない。「#12」、つまり「12号」と呼んでいる。やはり日本語訳の関係で号数を使ったのではない。意図的に「トゥエルヴ」と区別して「12号」等の呼び名が使われているのだ。これにはなにか理由があるはずだ。

これまでストIII3rdの「トゥエルヴ」は同型の「12番目」だからと思っていた。その法則でいくと、ネクロのストーリーで大勢登場する同型は「イレヴン」や「サーティン」であるだろう。しかしエンディングの○○号という呼ばれ方を見ると考えを改めないといけないようだ。

トゥエルヴと仲間たち01
今までこうだと思っていたが…

トゥエルヴと仲間たち02
実際はこういう名前なのかもしれない。

たくさんの人造兵器が登場するといえば『カプコンファイティングJam』のユリアンのエンディングも思い出される。このシーンはカプコン発行の『オフィシャルコンプリートガイド』でも紹介されているが、その文章が興味深い。

“ユリアンは大量のトゥエルヴを引き連れ世界征服に乗り出す”とある。

トゥエルヴたくさん
無数のトゥエルヴがユリアンに変身。
世界を征服すべく動き出す。


え!「大量のトゥエルヴ」だって!?

すべてが「トゥエルブ」だというのか。今まで1個体の名前だと思っていた「トゥエルヴ」だが、同型すべてに当てはまる名前だったようだ。そしてついにストVウェブサイト内『シャドルー格闘家研究所』でトゥエルヴが紹介されたのだが、そこにも「トゥエルヴは500体以上の存在が確認されている」と説明された!

シャド研トゥエルヴ紹介
シャド研の紹介ページ。
500体もいた!


つまり、
トゥエルヴとは生体兵器の型の名前であり、同型は複数存在する。
それを号数で管理している。

ということだ。

シャド研にはトゥエルヴの前の型にあたるイレヴンも紹介されている。こちらはのちにストVで配信されたユリアンのストーリーにも複数登場しているので見てみよう。

イレヴン完成
変身能力はトゥエルヴ同様。
ユリアンは実戦でイレヴンの力を確かめる。


彼らドクター呉の生体兵器は、イレブン型の1号、2号…、トゥエルヴ型の1号、2号…と数えることになる。
「生体兵器12番目の個体だからトゥエルヴ」というのは、ユーザーの誤った見解だったのだ。キミも間違ってる友達には教えてあげよう!


自我?
00001.10100.01111.
00100.10101.01011.00101

 
 

ナッシュ、緑の皮膚の秘密

 
孤高の戦士、ナッシュ。
軍の腐敗を許せず、正義を貫いた男。彼はひとり悪に立ち向かい、裏切りの銃弾に倒れた。しかし彼は死んではいなかった。謎の女性へレンの助けを得、命を取り戻したのである。よみがえったナッシュは冷酷な復讐者として動きだす。

ナッシュ撃たれる
仲間に裏切られ、凶弾に倒れる。
もはや信じられるものなどない。


以上が『ストリートファイターV』における彼のバックストーリーだ。変わり果てた復讐者はベガのもとへ向かう。変わったといえば、単に冷徹になったばかりではない。彼の変化は内面だけでなく、外見からも明らかだ。右腕、右胸、そして顔の右半分がツギハギになっており、なんとも痛々しい。

緑色の皮膚
縫合部分の広さから大手術であったことが伺える。

さて、ここで気になるのがそのツギハギ部分の“色”だ。それは見るからに肌色ではなく…、緑色なのである。蘇生の際の手術跡だと思われるが、とてもヒトの肌を移植したとは思えない。これはいったいどういうことなのか。今回のコラムでは、ナッシュ蘇生の方法と、緑色の皮膚の謎に迫りたい。


初めてストVでナッシュを見たとき、その傷跡に驚いたファンも多いだろう。痛々しいツギハギは、まるで手塚治虫の『ブラック・ジャック』である。ブラック・ジャックのツギハギもまた、事故で生死をさまよい、大手術を経て生還した傷痕である。彼のツギハギは混血児の友人タカシのものであり、アニメや実写ドラマでは濃い茶色で表されるが、原作漫画では“青”である。こんな色の人間がいるはずはないのだが、これは同作が医療漫画というよりホラーやオカルト色の強い作品であるがための、不気味さの演出ではないかと言われている。

BJ
ツギハギ部分が青いブラック・ジャック。
黒いコートと合わせて不気味である。


ナッシュのありえない肌の色も、死の世界から舞い戻ったこという不気味さの演出かもしれない。しかし私が知りたいのは、そんな大人の事情ではない。納得のいく理由がほしいのだ。ナッシュの肌が緑色になった、納得いく理由が―。

気を取り直して、ナッシュ復活の詳細を調べてみよう。ゼネラルストーリーの冒頭、ナッシュが長い眠りから目を覚ますと、ヘレンが彼の目覚めを喜んでくれる。彼女が言うには「全身の骨が折れてとてもひどい状態だった」らしい。よくぞそんな状態から息を吹き返したものだ。ゼネラルストーリーではその詳細は語られないが、追加キャラのユリアンが配信されると、その謎が解けるのだ。ヘレンはナッシュの肉体の回復のため、ユリアンに「イレヴンの素体の提供」を嘆願するのである。

イレヴンちょうだい
頭を下げ、イレヴンの素体を求めるヘレン。
ナッシュをよみがえらせる秘策である。


―イレヴン!?
イレヴンとは、ユリアンとドクター呉によって生み出された人工生体兵器である。コピー能力を有し、特定の人物に変身することができる。過去のストシリーズに登場したことはないが、ストVウェブサイト内『シャドルー格闘家研究所』のキャラ図鑑で紹介されている。ユリアンはこの能力を世界征服のための戦力と考えているが、ヘレンはナッシュの身体の欠損部分を補うことに利用したのである。

イレヴンて誰?
トゥエルヴの前の型である生体兵器。
コラム「トゥエルヴの数え方」も参照。


なるほど、ナッシュの蘇生にはギルの組織の超常的な力が介入していたのだ。復活も納得である。しかしその部分が緑色である謎が解けたわけではない。なにせイレヴンは真っ白なのである。イレヴンと緑色を結びつけるものがない。これ以上の考察は不可能か…。そう思ってシャド研キャラ図鑑のイレヴンの解説を読み返してみると…。

とある秘密結社が作っていると噂される生命体。
動物でなく植物を改良して生み出された。


植物だって!?
なんとイレヴンは植物から生み出されていた。ということはイレヴンの製造技術を使い、肉体を修復したナッシュもまた、植物が組み込まれたことになる。
皆さんは取り込んだものの色素が体の色に影響を与える事例をご存知だろうか。生まれたては灰色のフラミンゴは、エサとなるプランクトンから赤い色素を取り込み、あの鮮やかな色になる。通常赤い甲殻のザリガニは、サバやアジの身ばかりをエサとして取り込むと、青白い姿となる。

ナッシュツギハギ
…と、いうことは!

植物といえばGreen(グリーン)、グリーンといえば“緑”である。植物が緑たるゆえんは、緑の色素クロロフィル(葉緑素)であるが、植物ベースで欠損部分を補ったナッシュの身体がその影響を受けてもおかしくはない。そう、ナッシュのツギハギが緑色なのは、植物ベースの肉体修復技術によるものだったのだ!

イレヴンがキャラ図鑑で紹介されたのは、ユリアン配信の2ヶ月も前。そのときも「植物から製造された」という意外な設定が引っかかっていたのだが、まさかこんな部分でつながることになろうとは!
緑の皮膚の人間などいないとは思っていたが、ちゃんと考察すれば回答が見えてくるよう、カプコンはヒントを用意してくれていたのだ。
カプコン伏線恐るべし!!













みどり
 
プロフィール

りょう

Author:りょう
ストリートファイターの投げキャラ好きでパッド派。
ザンギエフやサンダー・ホークで十字キーをぐるぐる回します。



アクセスカウンター

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。